間違った食べ方をしていませんか?正しい食生活のススメ

2月 1, 2020
大切な家族の間違った食生活を正すのは簡単なことではないかもしれませんが、私たちが食べるものが私たちの身体を作ることを忘れず、正しい食生活を送ることを最優先してください。

健康に気を配る素晴らしい生活習慣を維持している人でさえ、食生活が乱れてしまうことや、気づかないうちに間違った食習慣を送っていることがあります。

今回は、間違った食生活を改善する方法について、いくつかのヒントを提供します。

自分が口にするものには、最新の注意を払うことが大切です。

よくある間違った食習慣

1. 十分な食事プランを立てない

間違った食べ方をしていませんか?正しい食生活のススメ ハンバーガーを食べる人

1週間の食事計画をしっかりと立てていない場合、つい手軽なファーストフードを選びがちです。

ある調査によると、最大80%の人が食事計画を立てていないことが明らかになりました。

食生活のバランスが乱れると、体重の増加につながります。

そのため、栄養の基礎を学び、自分が食べるものをしっかりと意識することが重要です。

発見:地中海式食事法を始めるときに大切な基礎知識10

2. 「軽い」食品が必ずしも健康なわけではない

「ライト」や「軽い」と表示されている市販品を、頻繁に消費しないように注意しましょう。

これらの食品の多くが、塩や砂糖などが過剰に添加されている加工食品です。

少しお腹が空いて何かを食べたいと感じた時は、野菜、果物、ナッツ、または魚などを「軽い」食事として食べてください。

また、すべての脂肪が有害だと考える人がいますが、これは間違っています。

私たちの体が正常に機能するためには、健康に良い脂肪が必要です。

「ライト」や「軽い」という宣伝の食品以外にも「ノンファット」「無脂肪」「脂肪0%」と宣伝する製品の摂取も、できる限り避けてください。

もちろんトランス脂肪酸など、私たちの健康に有害な脂肪が使われている食品もありますが、モノ不飽和脂肪やオメガ3脂肪酸などは、私たちの体に非常に有用であり、毎日必要な量を摂取する必要があります。

3. 一度の食事量が多く回数が少ない

専門家の中には、1日の食事を5回に分ける食事法を推奨している人もいます。

これは、朝食、昼食、夕食の3つの食事に、2回の健康的なおやつから構成される方法で、3〜4時間以上の空腹状態を作らないようにすることを目的としています。

私たちの体は、空腹時間が続くと使用するエネルギーを節約し始めるだけでなく、脂肪を蓄積することで、エネルギーを摂取していない時間に耐えようとします。

このような状態を避けるためにも、適度な間隔で、体が必要とする栄養素をバランスよく摂取することが不可欠だと言われています。

4. 朝食を食べない

間違った食べ方をしていませんか?正しい食生活のススメ 食事方法

寝ている間は何も食べずに過ごした私たちの体には、健康的でバランスの良い朝食を補給することが大切です。朝食を食べないと、体が脂肪を蓄積しようとする傾向があります。

1日の最初の食事である朝食を抜く人は、意外と少なくありません。

朝食を抜くことで体重が減りやすくなると考える人もいますが、これは間違った考えです。

朝食は、その日を元気に過ごすためのエネルギーを提供するために、必要不可欠です。

また、朝食以外の食事も朝食と同様に大切です。

食事をしない習慣がある人や、「食べない」ダイエットを行なっている人は、健康的でバランスの良い食事を行なって、体が必要とする栄養素を補給することを忘れないようにしましょう。

5. 塩分の過剰摂取

過剰な塩分の摂取は、体液貯留や血圧の問題につながる可能性があります。

過剰に塩分を摂取する生活を続けると体内のナトリウム値が上昇し、腎臓と心臓の健康に悪影響を与える可能性があります。

私たちの体には、ある一定量の塩分が必要ですが、体が塩を必要以上に求める場合は、必ず医師に相談してください。

また、適量の塩分以上に塩味が欲しいと感じる時は、塩ではなく、ハーブ、香辛料、柑橘類、唐辛子、ニンニク、酢などで風味を加えてください

6. すべてのサラダが万能なわけではない

サラダのすべてが、完全な料理なわけではありません。

サラダが健康に良いのは事実ですが、すべてのサラダに私たちの体が必要とする栄養素が十分に含まれているわけではありません。

健康的なサラダには、野菜、豆類、果物、ナッツ、そして肉や魚などのタンパク質を加える必要があります。

レタスなどにも栄養価はありますが、1日に必要とする栄養の多くを補うほどではありません。

続きを読む:健康を危険にさらさないダイエット方法

7. 特定の食品を食べすぎる

間違った食べ方をしていませんか?正しい食生活のススメ タンパク質の過剰摂取

健康的な食生活を維持するためには、食品のバランスが大切です。肉や炭水化物ばかりではなく野菜を使って彩りをよくしてください。

「とりあえずお肉は食べなさい。」と子供に言ったことがある母親は少なくないでしょう。

食が細い子供や、イヤイヤ期で何も食べない子供、または思春期の子供がいる場合は、何でもいいから食べて欲しいと考えることがあります。

しかし動物性タンパク質は、それぞれの食事において4分の1以上を占めてはいけません。

健康的な食生活を維持するためには、バランスと彩りの良い野菜を豊富に含む食事が欠かせません。

何かわからない点がある場合は、栄養士に相談して正しい食生活を心がけてください。

  • Li, W., Shi, Z., Yu, M., Ren, W., Smith, C., Epstein, J. H., … Wang, L. F. (2005). Bats are natural reservoirs of SARS-like coronaviruses. Science. https://doi.org/10.1126/science.1118391
  • Drosten, C., Günther, S., Preiser, W., van der Werf, S., Brodt, H.-R., Becker, S., … Doerr, H. W. (2003). Identification of a Novel Coronavirus in Patients with Severe Acute Respiratory Syndrome. New England Journal of Medicine. https://doi.org/10.1056/nejmoa030747
  • Marra, M. A., Jones, S. J. M., Astell, C. R., Holt, R. A., Brooks-Wilson, A., Butterfield, Y. S. N., … Roper, R. L. (2003). The genome sequence of the SARS-associated coronavirus. Science. https://doi.org/10.1126/science.108595