健康な食生活の敵:食べてはいけない8つの有害な食品

11月 8, 2019
健康的な食生活においては、様々な食品を摂取する必要がありますが、適量と節度を守ることがその鍵を握ります。

私たちが「食べてはいけない」食品があるのをご存知ですか?

私たちを魅了するバラエティーに富んだ食品が数多く市販されています。

食欲をそそるこれらの食品は、食事と食事の間の空腹を満たす手軽な方法にも見えるでしょう。

しかし美味しく見えるその見た目の裏には、継続して摂取すると健康上の問題を引き起こす可能性がある、飽和脂肪酸や添加物などの化学物質が大量に含まれていることを忘れてはいけません。

これらの健康被害の症状は、少しずつ現れるため、多くの人が「無害」だと感じるところに落とし穴があります。

「食べてはいけない」有害な食品は、体重の過剰な増加、肥満、そし生活の質を大幅に低下させるその他のさまざまな慢性疾患のリスクを高めると言われています。

ここからは、食べるべきではない有害な食品を8つご紹介します。

食べてはいけない8つの食品

1. フライドポテトとポテトチップス

健康な食生活の敵:食べてはいけない8つの有害な食品 フライドポテト

ジャガイモは、栄養価の高い健康的な食品ですが、フライドポテトの問題点は、ジャガイモの持つ特性を低下させる有害な脂質である油で調理されているという点です。

多くの食事に添えられるフライドポテトは、私たちの代謝やコレステロールに悪影響を及ぼします。

袋に入った市販のポテトチップスは、化学物質や防腐剤が含まれているため、さらに健康へのダメージは大きくなるでしょう。

2. 甘い飲み物

テレビのコマーシャルなどでは、喉の渇きを癒す「爽快な方法」として甘い飲み物を宣伝しています。

実は、過度に甘い飲み物を飲むと、体内が脱水症状を起こす可能性があることはあまり知られていません。

砂糖や他の甘味料を多く含むソフトドリンクや炭酸飲料、そして甘いヨーグルト飲料などの飲み物は、血糖値を上昇させ、代謝障害を引き起こす可能性もあります

また「ライト」と呼ばれる飲み物は、一見すると通常よりもカロリーの低い健康的な飲み物のように感じますが、砂糖の添加量を減らすためには、多くの化学物質が添加されているため、健康には有害な飲み物です。

こちらもご参考に:肝臓をきれいにするフルーツと野菜のスムージー4種

3. 精製された小麦粉で作られた「白い」パン

「白い」パンや市販の菓子パンなどは、精製された小麦粉と飽和脂肪酸が大量に含まれていることが多いため、体重だけでなく健康にも悪い影響を与える可能性があります。

小麦粉は精製されると、消化に関与する大切な栄養素である食物繊維が大量に失われます。

また、血糖値の上昇を引き起こすだけでなく、日中により頻繁に空腹を感じるようにもなります。

4. お菓子

健康な食生活の敵:食べてはいけない8つの有害な食品 お菓子

チョコレートやキャンディー、そして甘いお菓子や塩辛いお菓子は、体に深刻な影響を及ぼす精製された砂糖や油が多く添加されています。

さらにお菓子はカロリーが高いため、体重の増加などの原因にもなります。

お菓子を食べるだけでは満腹感を得られないため、過剰に摂取すると糖尿病や代謝障害の直接的な原因にもなります。

5. アイスクリーム

すべてのアイスクリームが有害というわけではありませんが、アイスクリームの中には、精製された砂糖や飽和脂肪酸が大量に添加されているものが多くあります。

これらの不健康なアイスクリームを続けて食べていると、体重の増加と高血糖などを引き起こす可能性があります。

アイスクリームに含まれている大量の砂糖は、血糖値の問題だけでなく、「もっと食べたい」という欲求が高まり、食欲をコントロールできない原因にもなるため、注意が必要です。

6. 栄養ドリンク

(少なくとも定期的に)摂取すべきではない食品の中には、栄養ドリンクも含まれます。

最近では「エナジードリンク」と呼ばれ、肉体疲労や精神的な疲労を「リチャージ」することで人気を得ています。

この製品の欠点は、添加されている刺激物と、時間の経過とともに神経系や代謝障害を引き起こす可能性のある大量の砂糖が含まれていることです。

7. 加工肉

健康な食生活の敵:食べてはいけない8つの有害な食品 加工肉

すべての種類の加工肉は、「減塩」または「低脂肪」と表示されている場合でも、健康に深刻な副作用を引き起こす可能性があります。

加工肉は、主に脂肪が多く栄養素が少ない肉の残留物から作られますが、新鮮さを保つために、発がん物質と呼ばれる亜硝酸塩や硝酸塩などの物質を添加していることがほとんどだからです。

こちらもご参考に:加工食品を食べるべきではない8つの理由

8. マーガリン

一般的なマーガリンは、植物油を原料にしているため、健康的な食品だと勘違いしている人が多くいます。

しかし、マーガリンには心血管と循環器の健康を害することで知られるトランス脂肪酸が含まれています

定期的に摂取すると、体重増加と体内への悪玉コレステロールの蓄積に影響を与えます。

また、マーガリンを加熱すると、細胞や組織に損傷を与える可能性のある有毒な分子であるフリーラジカルが放出されます。。

結論:食べてはいけない食品を置き換える

今回ご紹介した食品を頻繁に食べている場合は、健康な食品、可能ならばオーガニック食品へと置き換えるようにしてください。

これらの食品を食生活から除くのは、最初は難しく感じるかもしれません。

しかし、健康的な食品に置き換えることで、健康維持効果が高まり生活の質も高まるでしょう。