健康を危険にさらさないダイエット方法

1月 8, 2020
健康に影響を与えることなく体重減少を助けるダイエットもありますが、最善の方法は栄養士に相談して正しい食事計画を立てることです。個人のニーズに合わせた食事計画を実践することで、理想の体重に近づくことができるでしょう。今回は3つのダイエット方法をご紹介します。

人気のあるダイエットの中には、短期的に行うものや健康に有害なものがあります。

今回の記事でご紹介するのは、長期的に継続できる3つのダイエットです。

健康を危険にさらさないダイエット方法

健康的でバランスの取れた体重を達成するためには、すべての食品グループから、バランスよくそれぞれの栄養素を摂取することが大切です。

Journal of Research in Medical Sciencesで発表された研究の調査結果によると、カロリーの消費量よりもカロリー摂取量を減らすことが、減量の基本です。

必要な栄養とエネルギーは、年齢、ライフスタイル、健康状態によって異なります。

今回は、健康に有害な影響を与えないダイエットをいくつかご紹介しますが、開始する前には必ず医師か栄養士に相談して、自分の健康状態やライフスタイルに合うものを選んでください。

続きを読む:地中海式食事法を始めるときに大切な基礎知識10

1. ケトジェニックダイエット

ケトジェニックダイエットが登場した当時は、賛否両論がありましたが、現在ではお勧めダイエットの一つと考えられています。

ケトジェニックダイエットのメカニズムは単純で、炭水化物をできる限り食生活から取り除きます。

また砂糖の摂取も完全にやめるため、最初は離脱症状が現れる可能性があります。

この症状が終わり、正しい方法でダイエットに従えば、その後は比較的容易に続けることができるでしょう。

推奨される1日あたりのタンパク質は、体重1キロあたり0.8 g です。

これを超えない限りは、中長期的にわたって継続しても安全だと考えられています。

健康を危険にさらさないダイエット方法 ステーキを食べる男性
ケトジェニックダイエットは、炭水化物を最小限に抑えることを目的とした、よく知られているダイエット法の一つです。

2. 16:8断食ダイエット

16時間以上の食事をしない時間と、食事を摂取することができる8時間で構成されているダイエットです。

Annual Review of Nutritionに掲載されたレビューによると、減量を促進し、代謝の健康を改善できるため、中長期的に行うことができる健康増進ダイエットです。

私たちは、目覚めた直後に、空腹ホルモンであるグレリンを調節するため、この空腹時にコーヒーやお茶を飲んで満腹感を与え、断食期間をより耐えやすくすることが大切です。

このダイエット方法は、ケトジェニックダイエットや炭水化物制限ダイエット、または次に紹介する大西洋ダイエットと組み合わせることができますが、必ず医師や栄養士に相談してください。

今回の16:8断食ダイエット以外にも、様々な断食がありますが、制限が少なく効果的なのが、16:8の組み合わせです。

上級者になると、2〜3日ごとに24時間断食する日を取り入れます。

発見:ケトジェニックダイエットの欠点と利点

3. 大西洋ダイエット

大西洋ダイエットは、地中海式ダイエットの応用版です。

BMC Public Healthで発表された研究によると、この方法では、肉よりも魚の摂取を推奨しています。

地中海式ダイエットと違うのは、パンを食べるのは必須ではなく、ワインも「心の健康にお勧め」の食品ではありません。

大西洋ダイエットでは、野菜は不可欠な要素であり、炭水化物は食物ピラミッドのベースとはなりません。

オイルとナッツ類が、健康的な脂質の供給源として主に使用されますが、アボカドを加えるとさらに効果的です。

大西洋ダイエットと前述の断食を組み合わせることで、高い効果が期待できます。

大西洋ダイエットは果物や野菜を積極的に摂取して、脂質の多い魚を摂取するため、心臓の健康に良い食事法と考える専門家もいます。

健康を危険にさらさないダイエット方法 大西洋ダイエット
大西洋ダイエットの利点は、伝統的な地中海式ダイエットの応用編であるため、実践するのが簡単だという点です

3つの中で最も良いダイエットは?

今回ご紹介した3つの中で、最も実践が難しいのはケトジェニックダイエットでしょう。

多くの国では食事に炭水化物をたべるため、炭水化物の消費を制限するこのダイエットでは、体が拒否反応などを示す可能性があります。

最初の数日は、疲労感などを感じることもあるでしょう。

最も実用的で実践しやすいのは、大西洋ダイエットかもしれません。魚を積極的に消費して、炭水化物の消費量を減らすこと以外は、地中海式ダイエットとかなり似ています。

ただし、アルコールの消費量を大幅に減らすことを忘れないようにしてください。

今回ご紹介したダイエットを試す前には、必ず医師や栄養士に相談してから行なってください。

  • Paoli A., Ketogenic diet for obesity: friend or foe?. Int J Environ Res Public Health, 2014. 11(2): 2092-107.
  • Obert J., Pearlman M., Obert L., Chapin S., Popular weight loss strategies: a review of four weight loss techniques. Curr Gastroenterol Rep, 2017. 19(12): 61.
  • Calvo-Malvar Mdel M., Leis R., Benítez-Estévez AJ., Sánchez-Castro J., Gude F., A randomised, family-focused dietary intervention to evaluate the Atlantic diet: the GALIAT study protocol. BMC Public Health, 2016. 16(1): 820.
  • Soeliman FA, Azadbakht L. Weight loss maintenance: A review on dietary related strategies. J Res Med Sci. 2014;19(3):268–275.
  • Strychar I. Diet in the management of weight loss. CMAJ. 2006;174(1):56–63. doi:10.1503/cmaj.045037
  • Champagne CM, Broyles ST, Moran LD, et al. Dietary intakes associated with successful weight loss and maintenance during the Weight Loss Maintenance trial. J Am Diet Assoc. 2011;111(12):1826–1835. doi:10.1016/j.jada.2011.09.014