ケトジェニックダイエットの欠点と利点

8月 18, 2018
海外でも人気のケトジェニックダイエットは、体重を減らすのに非常に効果的ですが、このダイエットが向いていない人もいるため、必ず医師や専門家に相談してから開始することが大切です。

ケトジェニックダイエットは、短期間で体重が減るという素晴らしい効果で人気のダイエットで、世界中で人気を博しています。

新しいダイエットのように感じるかもしれませんが、実は30年前から存在しています。近年その有効性が認められ始めた結果、世界中で人気が出ました。

ケトジェニックダイエットとは、糖質を制限することで「ケトン体」を作り出し、糖質の代替エネルギー源として体内の脂質を摂取する食事制限法です。

脂肪をエネルギーに変えることで脂肪を消費しやすい体質へと変えていくことでも話題となっています。

そしてケトンの濃度を上げると、これまでのダイエットよりも短期間で体重が驚くほど減ります。

この食事法は当初、てんかん患者に使用されましたが、現在では、減量効果のあるダイエットとして知られています。

ただし、一部の厳しい食事制限があるため、すべての人に有効なダイエットではありません。

また、正しい方法に従って数日間のみ行うべきダイエットです。

本記事では、ケトジェニックダイエットの正しい方法、そしてその欠点と利点をご紹介します。

ケトジェニックダイエット

ケトジェニックダイエットとは、糖質をできるだけセーブして、タンパク質、食物繊維、そしてミネラルを通常より多く摂取する食事法です。

基本的には、体がケトン体を作り出すために厳しい糖質制限を行います。

ケトン体とは、急激な体重の減少を引き起こすケトンの濃度が増加する代謝状態です。炭水化物の摂取量を極端に制限することで、自然に体内の脂肪をエネルギー源として使います。

体内に蓄積された脂肪が消費されると、脂肪酸の消費が増加しますが、このプロセスの間にケトン体が増加します。

ケトジェニックダイエットの利点

減量効果

ケトジェニックダイエットの利点の一つが、短期間での体重の減少です。他のダイエットとは違い、その結果が短期間で現れます。

  • 動物性脂肪の摂取を制限することで、健康な脂肪の摂取が増えます。
  • コレステロールと中性脂肪値を低下させます。
  • ケトンの放出により、食欲の低下が起こり、全体的なカロリーの消費を低下させますが、過剰な空腹を感じることはありません。
  • 体重が減少するとき、脂肪から燃えるため、筋肉量が減ることはありません。

こちらもお読みください:自然に筋肉量を増やすために始めるべき5つの習慣

ケトジェニックダイエットの方法

ケトジェニックダイエットの方法

ケトジェニックダイエットでは、糖質や炭水化物を厳しく制限すると同時に、タンパク質と健康的な脂肪酸が豊富に含まれている食品の摂取を増やします。

ケトジェニックダイエットに使用する食品

  • 豚肉
  • 鶏肉
  • 羊肉(子羊)
  • 七面鳥
  • 魚介類
  • 植物性油
  • ドライフルーツ
  • シード類
  • 果物
  • 野菜
  • アボカド

ケトジェニックダイエットで禁止されている食品:

  • アルコール
  • 穀類と生成された糖質
  • 市販のソースとドレッシング
  • 全乳製品
  • マメ科の植物
  • 甘い果物

こちらもお読みください:ダイエットに効く! 素晴らしいウォーターセラピー

ケトジェニックダイエットの欠点

ケトジェニックダイエットの欠点

ケトジェニックダイエットが効果的だと考える人がいる一方で、その副作用と危険性を唱える人もいます。

ケトジェニックダイエット中に摂取する炭水化物の割合は、通常の「健康な食事」として推奨される摂取量よりも10%低いため、その危険性を指摘する意見があります。

  • ビタミンやミネラルの摂取量も低下するため、栄養不足が生じて健康には有害です。
  • 消化器系の問題や便秘の原因となる、食物繊維の不足を引き起こします。
  • 口臭を引き起こすことがあります。(これは口腔衛生をよくすることで予防が可能です)
  • 肝機能を過負荷状態にするため、脂肪肝や心臓に問題のある人にはお勧めできません。
  • 記憶力や集中力が低下するリスクがあります。
  • 血液中のケトン体が大幅に増加すると、インスリンの絶対的欠乏によってもたらされるケトアシドーシスアシドーシスという症状が起こる可能性があります。

最後に

ケトジェニックダイエットを行うときには、自分の健康状態を見極めることが大切です。必ず医師の診察を受けて、ケトジェニックダイエットを行っても良いかを確認しましょう。

ある特定の病気や健康状態を発症している場合は、症状が悪化する恐れがあるため、必ず専門家に相談してください。

減量効果は高いダイエット方法ですが、そのリスクを理解した上で始めてください。

あなたへおすすめ