健康的に減量を促進してくれるレッドジュースについて

8月 31, 2019
赤い果物には、健康を促進しながら減量をサポートする抗酸化物質と様々なビタミンが豊富に含まれています。

体重を減らしたいときには、赤い果物をジュースにして飲んでください。

ジャンクフードや加工食品そして炭酸飲料などの体に悪い食品の摂取を控え、乱れた食生活を改善しながら、レッドジュースなどの健康的な食習慣を身につけませんか?

健康的に理想体重を達成し、それを維持するためには、栄養バランスのとれた健康的な方法で健康に気をつけながら減量を行うことが大切です。

今回ご紹介するレッドジュースを食生活に加えることで、減量をサポートすることができます。

またレッドジュースは安価で効果的なお勧めの方法です。

赤い果物の種類

レッドジュース の材料

赤い果物には、ビタミンとミネラルが豊富に含まれているため、肌の健康や美しさの維持、そして減量の促進などに効果を発揮すると言われています。

赤い果物の一例をご紹介します。ビタミンC、βカロチン、カリウム、カルシウム、そして鉄分などが豊富に含まれています。

  • イチゴ
  • ラズベリー
  • ブラックベリー
  • ブルーベリー
  • スイカ
  • ブドウ
  • ザクロ

肌の健康を維持するだけではなく、全身をクレンズする効果も期待できるビタミンとミネラルが豊富に含まれているこれらの果物は、クレンズを促進する天然の利尿剤や便通を促進する薬としての作用があります。

こちらもご参考に:動脈を健康に保つ方法

レッドジュースの種類

ミックスフルーツジュースは、それぞれのフルーツからビタミンとミネラルを摂取することで、その特性を最大限に活用できます。

レッドジュースは水分が多く含まれているため、利尿機能の改善にも役立ちます。

体内のアルカリ化

レッドジュースから、多数の栄養素、抗酸化物質、そして体内をアルカリ化する多くの栄養素を得ることができます。

その結果、健康全般が改善され、減量をサポートすると考えられています。

体内をアルカリ化するのがなぜ大切かと言うと、アルカリ化により、様々な病気や健康問題の原因となる酸化を予防することができるからです。

レッドジュースは、お腹周りの脂肪の燃焼を助けると言われ、天然の果糖を摂取することで、精製された砂糖の摂取量が減り、体重の増加を防ぐのにも役立ちます。

ここからはレッドジュースに使用できる、赤い果物についてご紹介します。

これらの果物の利点と風味を活用してくださいね!

レッドジュース にお勧めの食材

レッドジュースにお勧めの果物

レッドジュースには特別なレシピはありません。

必要なのは赤い果物で、入手可能な季節や自分の好みに応じてブレンドしてください。

レッドジュースに使用できる果物には、次のものがあります。

ブドウ(紫)

ブドウには、重要な抗酸化物質であるレスベラトロールが多く含まれていますが、これはは主に皮とブドウの種に多く含まれます。

レスベラトロールは肌の健康にも良く、実際、一部の化粧品の原材料として使われることがあります。

ザクロ

ザクロは抗酸化物質の含有量が高い果物で、リンゴより少し大きく、秋と冬に収穫できます。

ご存知ですか?:さまざまな病気に効果のある/ザクロジュース

スイカ

水分を豊富に含むスイカは水分を豊富に含む爽やかな果物で、ジュースにするのに最適です。

スイカには、体内に過剰に蓄積された水分を体外に排出し、体内の水分量を調節する効果があると言われています。

これは主に、スイカに含まれる豊富なカリウムの効果です。

体液貯留を発症している人や、水分をためやすい人に特におすすめです。

レッドベリー

海外で人気のレッドベリーは、抗酸化物質が豊富に含まれている風味の良い果物です。

レッドベリーをジュースに使うと、クリーミーに仕上がります。

リンゴ(赤)

レッドジュース に最適なりんご

リンゴには、天然の果糖と豊富な水分そして食物繊維が含まれています。

リンゴは、青リンゴも赤いものもどちらも非常に健康に良い果物ですが、今回はレッドジュースなので赤いリンゴを使います。

リンゴに含まれる豊富な食物繊維は、体内をクレンズする効果もあるため、皮も含めて使いましょう。

レッドジュースの作り方

手に入る果物は時期によっても異なるため、利用可能な果物をいくつか組み合わせます。

地元産の季節限定の赤い果物が最もお勧めで、必要に応じて水を加えることもできるでしょう。

注意事項

レッドジュースを作るときに大切なのは、余分な砂糖や糖分を加えないことです。

果物には、果糖と呼ばれる天然の糖分がたっぷりと含まれているため、砂糖は必要ありません。

甘い飲み物が好きな場合は、しっかりと熟した赤い果物を選ぶと、甘さが増します。

どうしても甘みを加えたい場合は、色は赤くありませんが、甘さのあるバナナを加えて甘みをつけましょう。

果物は、きれいに洗ったら皮と種も入れて一緒に混ぜてください。皮と種には果物に含まれるほとんどの特性が含まれています。

赤い果物に含まれるビタミンとミネラルの吸収を効果的に行うためには。レッドジュースに、エキストラバージンオリーブオイル、ココナッツオイル、または亜麻油を少し追加します。

一つの果物が単独で魔法のような効果を発揮することはありません。またレッドジュースを飲むだけですぐ効果が現れるわけではありません。

つまり、健康的でバランスの良い食生活を心がけ、適度な運動やアクティブな毎日を送る中で、レッドジュースを食生活に取り入れることが健康改善に高い効果を発揮します。