動脈を健康に保つ方法

· 5月 9, 2019
日頃から運動し、多くのオメガ3脂肪酸を摂取することによって、動脈を健康に保ち病気から体を守ることができます。

動脈を健康に保つことは体にとって、非常に大切です。

日頃から健康習慣を身に付けることは、動脈硬化を防ぐためにも必要不可欠です。気づいていない人も多いですが、今日多くの人が抱える心臓血管の問題の多くは、コレステロールと毒素による動脈損傷の結果です。 座ってばかりの生活や偏った食事が動脈硬化の引き金となります。最初は明らかな症状がなくても、心臓や循環器系の問題が起こることがあります。

重い病気を発症する前に、ライフスタイルをより良い方向に変える方法を学びましょう。今回は、動脈を健康に保つために重要な6つのアドバイスをご紹介します。

早速今日から始めてみてください。

動脈を健康に保つ方法

 1.オメガ3脂肪酸動脈の摂取

健康的な食品

すべての脂肪が動脈に悪いわけではありません。例えば、オメガ3脂肪酸を含む食品は非常に体に良いとされています。このタイプの脂質は、悪玉コレステロール(HDL)とトリグリセリドを体から取り除くのを助け、良いコレステロール(LDL)を増加させます。

オメガ3 のサプリメントを定期的に摂取することで動脈硬化、高血圧、心臓発作のリスクが低下します。また、抗炎症作用もあり、循環器系と脳の健康を維持するのに効果があります。

オメガ3は以下の食品に多く含まれています。

こちらもご参考に:
動脈硬化症に役立つ自然療法

2. エクササイズ

動脈を健康に保つには、定期的に運動することを勧めます。アクティブな活動によって血液循環がスムーズになり、健康な心肺機能を維持することができます。

エクササイズは、高コレステロール血症、高血圧症、体重増加などを予防するのに適しています。実際1日30分のエクササイズをすることによって、心臓発作や脳卒中のリスクが低下します。

3. バランスのとれた食事をする

野菜

バランスのとれた食事は体にとって非常に重要です。動脈を健康に保ち、健康的な体重を維持維持するのにも役立ちます。多種多様な栄養価の高い食べ物を摂取することで、体重を減らしコレステロールをコントロールすることができます。

食事を制限したりカットする事はしないでください。代わりに、「すべてのものを少しずつ」を心がけ、正しい量を摂取しましょう。

動脈の健康を害する可能性があるので、砂糖と塩は制限してください。

バランスのとれた食事は以下の通りです

  • 新鮮な果物と野菜
  • 全粒穀物及び豆類
  • ナッツと種
  • 赤身の肉と魚

4. ストレスをコントロールする

体が継続的または長期にストレスの多い状況にさらされた場合、ある種の化学反応が起こります。この反応によって動脈に問題を引き起こす可能性もあります。心拍数は速くなり血圧も上がり血液循環が悪影響を受けてしまいます。

情緒不安定は、動脈の健康に直接的関わりはありませんが、時に悪影響を及ぼすこともあります。リラックスして呼吸の練習をすると良いでしょう。ストレスをどうコントロールするか学ぶ必要があります。

ご存知でしたか?:
動脈をきれいにするカナリーシードとシナモンウォーター

5. コレステロールの高い食物を避ける

加工食品

体は良いコレステロールを適量摂取する必要がありますが、過剰に悪玉コレステロールが増えると様々な心臓病の原因となります。

肝臓は脂質の大部分を分泌しますが、脂質を含む食品を食べることによって肝臓に脂肪が蓄積します。 動脈の健康を保つためにもなるべく避けるようにしましょう。

コレステロールを多く含む食品

  • 赤身の肉と内臓
  • 全脂肪乳製品とバター
  • 燻製肉、ハム、ソーセージなど
  • 揚げ物とポテトチップス
  • 加工ペストリーとパン

6. 飲酒と喫煙を制限する

一日一杯の赤ワインは、酸化防止剤を体に供給し健康を保つのに役立ちます。しかし、ワインや他のアルコール飲料を飲みすぎると逆効果になります。

また、タバコに含まれる有毒成分によって動脈硬化が進みます。喫煙は善玉コレステロールを低下させ、高コレステロール血症を発症する可能性もあります。

今回ご紹介したように、日ごろから食生活に気を配り、体を動かして動脈を健康に保つのが大切です。また、定期的健康診断を受けることも忘れないでください。症状が現れていなくても病気にかかっている可能性があるからです。今回ご紹介したアドバイスを早速実行してみてください。

  • Espinosa González, L. (2004). Cambios del modo y estilo de vida; su influencia en el proceso salud-enfermedad. Revista Cubana de Estomatología41(3), 0-0.
  • Restrepo, S. L., Morales, R. M., Ramírez, M. C., López, M. V., & Varela, L. E. (2006). Los hábitos alimentarios en el adulto mayor y su relación con los procesos protectores y deteriorantes en salud. Revista chilena de nutrición33(3), 500-510.
  • Vinaccia, S., Margarita Quiceno, J., Gómez Lina, Á., & Montoya, M. (2007). Calidad de vida relacionada con la salud en pacientes con diagnóstico de hipertensión arterial leve. Diversitas3(2), 203-211.
  • Weschenfelder Magrini, D., & Gue Martini, J. (2012). Hipertensión arterial: principales factores de riesgo modificables en la estrategia salud de la familia. Enfermería Global11(26), 344-353.