コーヒーを飲み過ぎないようにする5つのヒント

9月 30, 2019
コーヒーを飲み過ぎないようにしたいからと言って、他の健康を害するような習慣で代用するのはやめましょう。もっと健全な方法でそれを実現出来るよう、いくつか使えるテクニックを学ぶことが大切です。

毎朝コーヒーを飲む習慣がある、という人は多いようです。体の動きを活性化するカフェインが入っているため、リラックスした気分、また目が覚めたような気分になります。1日1,2杯は良いのですが、たくさん飲むのは体に良くありません。

この習慣をもっとヘルシーなものへと変えていきませんか?

こちらもご覧ください 共依存:あなたを傷つける絆

 

コーヒーの飲みすぎ

コーヒーを飲み過ぎないようにする

適度に飲めば問題はないのですが、あまりにもたくさん飲む習慣がつくと、それをやめるのが難しくなります。体が耐性を作りあげるため、初めてそれを飲んだ時の感覚を得るためには、さらに多くのコーヒーを飲まなければならなくなります。

カフェインを摂り過ぎると体の活動もその分増します。これは不安症や、神経の問題、心拍の問題を引き起こします。つまり健康にも害を及ぼすのです。

神経に問題が出る人の場合、睡眠や気分に影響を与えたり、更にはむずむず脚症候群(エクボン症候群ともいわれる)にまで発展するケースもあります。この症候群は下半身がチクチクしたり火照るような感覚に襲われます。

またコーヒーにはカーウェールとカフェストロールも含まれています。これらは血中の悪玉コレステロール(LDL)を増加させます。

また急に飲むのをやめると頭痛や不機嫌、疲労感などの症状が出ることもあります。ですので正しい方法でコーヒーをやめる方法を学びましょう。

こちらもご覧ください コーヒーにまつわる面白い事実

 

コーヒーの飲み過ぎを止める方法

ご紹介するアイディアを試してみてください。

 

1.徐々に量を減らす

まずは毎日少しずつ量を減らしてみましょう。1日5杯飲むという方は、数日間4杯に、そして3杯、2杯と減らしていきます。

そうすれば頭痛や不安症などの症状が出ることなく、自然と量を減らすことが出来ます。1日1,2杯が理想的です。

 

2.ミルクを入れる

濃いコーヒーを飲みすぎるのをやめるには良い方法です。同じ量を飲んだとしても、ミルクで薄めれば摂取するカフェインの量は減ります

乳糖不耐性の方は水や豆乳など他の物を試してみてください。カフェインの量を減らすことが目的なので、何でも良いのです。

 

3.カフェイン抜きのコーヒー

コーヒーをカフェイン抜きのものに変えてみましょう。カフェイン抜きのコーヒーはコレストロール値を上昇させる可能性がありますが、依存しやすいカフェインが入っていないのでコーヒーをやめる手助けにはなります。

一旦カフェインなしに慣れてしまえば、量を減らすのは簡単です。カフェイン抜きのコーヒーも普通のコーヒーと味は変わらないので、さほど大変ではないでしょう。

 

4.他の飲み物で代用する

仕事の休憩時間などは、コーヒーではなくフルーツジュースやカフェインの入っていないお茶、ヘルシーなスナックなどを手にするようにしましょう。

リンゴなども良いです。ですが、水が最も最適な代用品です。

コーヒーが飲みたいと思ったら、他の飲み物を飲みましょう。ですが、不健康な習慣を代わりにしてはいけません。

 

5.昼寝

コーヒーを飲み過ぎないようにする

眠らないためにコーヒーを飲むくらいなら、15分~25分ほど軽く昼寝をしてみましょう。事実、こちらの方がずっと良い効果を得られます。カフェインを取り入れれば起きていることは出来るかもしれませんが、集中したり体を休めることは出来ません。

体は休息が必要です。睡眠不足は疲れや病気の元です。

それから最初の数日は片頭痛が起こることもあるので、頭痛薬を用意しておきましょう。

 

その他のおススメ

コーヒーをやめたいからと言って、カフェインの入ったお茶を飲むのも良くありません。ヘルシーではありますが、これではカフェイン依存から抜けることが出来ないためです。お茶に入っているものは、コーヒーに入っているものと同じくらい強いです。

睡眠は7時間から8時間とるようにしてください。体をしっかり休め、次の日のエネルギーを蓄えることはとても大切です。カフェインに頼らなくても、日中の活動を続けることが出来るようになります。

またバランスのとれた食事も大切です。朝食と昼食、昼食と夕食の間に軽いスナックタイムを入れると、コーヒーを飲みたいというストレスも軽くなります。

内臓が正常に機能するために水分もたっぷり摂りましょう。1日6~8杯のお水を飲むことをお勧めします。

ですが飲む量は、医師に体重や体の状態を考慮して判断してもらうのが一番です。