質の良い睡眠で元気を取り戻す6つアドバイス

· 3月 18, 2019
元気を取り戻すためには、心配事や仕事のことを頭の中から追い出し、その時間を睡眠とリラクゼーションだけに費やすことが大切です。

一晩中ぐっすり眠り、質の良い睡眠によって十分に休息を得て目を覚ますことほど快適な事はありません。しかし多くの人が質の良い睡眠をとることができず悩んでいます。

その日消費されたすべてのエネルギーを回復するためには、毎晩少なくとも7時間の睡眠を取らなくてはならないと言われています。

睡眠不足のため健康上のトラブルを抱える人は少なくありません。これらの睡眠障害は、ストレス、不安、服用している薬など様々な理由によって引き起こされます。今回は、忙しい一日の後に、質の良い睡眠を取れず、睡眠障害に悩んでいる人へのアドバイスをご紹介します。ぐっすり眠り睡眠の質を改善する解決策をご紹介しましょう。

仕事の後に、ぐっすり眠りしっかりと元気を取り戻す睡眠方法は以下の通りです。

1. 習慣づける

最初にするべき事は寝る時間を習慣づけることです。毎晩決まった時間にベットに入ることで質の良い睡眠をとりやすくなります。大体眠くなるまで30分から40分ほどかかるでしょう。

これを習慣づけるには、眠りにつく時間がいつなのか脳にシグナルを送り続けなくてはなりません。毎晩同じ時間にベッドに入ることで強調され、脳も体も次第に慣れてくるでしょう。

会議

2. リラクゼーション

リラックスする方法はたくさんあります。そのうちの1つは呼吸のエクササイズです。鼻から空気を取り込み口から吐き出します。これを10分間繰り返してください。こうすることで心と体からストレスや不安の毒素を排除することができます。

加えて、心も穏やかになるでしょう。もう一つのエクササイズは、100から逆に数字を数えることです。それぞれの数字の間で、少し間をおいてリラックスするように自分自身に言い聞かせます。

気づいた時にはきっともう朝になってるでしょうから、どこまで数えたかはっきり覚えてないかもしれません。

こちらもご参考に:
しっかり睡眠をとりたい! 試してみたい就寝前の7つの習慣

3. アロマテラピー

治療とリラクゼーションに利用されてきた1000年前からある手法です。アロマオイルは質の良い元気を回復できる睡眠を取るのに大いに役立ちます。人差し指にオイルをつけ、耳、こめかみ、首の後ろに少し塗って目を閉じ軽くマッサージします。オイルをつけると体も心もリラックスした状態になり、しばらくすると眠たくなるでしょう。アロマオイルは以下のものをお勧めします。

4. 調和のとれた寝室

寝室は自分だけの「城」であり、休息するための最高の場所です。だからこそ、できるだけ邪魔されずぐっすり眠れる雰囲気を作るよう工夫しましょう。きれいに片付けて、きちんと整っている状態にしてください。また、光や窓をシャットアウト出来るようにしましょう。

工夫することで、光や騒音を防ぎ、質の良い睡眠をとることができます。騒音や光をシャットアウトできない場合は、アイマスクをつけ耳栓を使用することで、素早く効果的な解決策となります。

5. 軽い食事

夕食、もしくはその日最後の食事は軽めでカロリーが低いものをお勧めします。就寝前に食べ過ぎると、消化器系に負担がかかります。

健康な食事

飲み物の量も控えてください。飲みすぎると、何回もトイレに行きたくなりぐっすりと眠ることを妨げるからです。何か飲みたいのであれば、温かい牛乳か砂糖を少し入れた紅茶を一杯飲むことをお勧めします。

ご存知でしたか?:
私って寝不足?睡眠が足りているかどうかを知る方法

6. 心の安定

質が良く、元気を取り戻す睡眠をとるためには、心が常に穏やかであることが大切です。私たちは、仕事がなければ生活していけないし、同時に家族や友達との関係も大切にしなければなりません。しかし、やらなければいけないことや、頭の中で多くのことを考えながら寝ると、睡眠の質は低下してしまいます。

だからこそ、リラックスして心のおだやかさを保つ時間をしっかりと確保しなくてはなりません。そうすれば、翌朝すっかり元気になって目覚めることができ、前向きな気持ちで仕事に向かうことができるでしょう。

  • Vera, A. (2010). Dormir Bien. Consejo Editorial de Educación Pública Del Royal College of Psychiatrists.