五感を刺激することで性的喜びを与える方法

5月 6, 2019
多くの人は肉体的な刺激にばかり集中する傾向がありますが、実は性的な興奮を高める要因の一つは五感の刺激です。

性行為の最中に様々な感覚を刺激することで、パートナーとより楽しい時間を過ごすことができます。

本記事では、繊細ささを敏感さを使って、性的喜びや興奮を高めるいくつかの方法をご紹介します。

感覚刺激とは?

感覚刺激

触れ合うという触覚だけでなく、味覚、臭覚、視覚、聴覚が刺激を感知する感覚です。性的な喜びや興奮を高めるために感覚を刺激する場合は、相手の好みによってその方法も異なり個人差があります。

性生活をより良いものにするためには、感覚刺激を前戯の最中または性行為中に活用することが大切です。そして適切に使用することで、無意識のうちにオーガニズムに達する可能性もあります。

こちらの記事もご参照ください:リラクゼーション効果のあるエッセンシャルオイル

喜びを与える感覚とそれを刺激する方法

体内の感覚は、性行為中に何を感じて体験するかに依存しています。しかし、経験不足や相手への思いやりが欠落している場合は、相手の感覚を正しく、そして満足いく方法で刺激することはできません。

触覚

触覚

相手に触れることで感覚的な喜びを呼び起こす方法は、性的な興奮や刺激を引き起こし、オーガズムに到達することもあります。

私たちの皮膚は私たちの体の中でも「最大の体内器官」なので、この部分を刺激することはとても大切です。

刺激する方法

  • 最も一般的な方法は相手を刺激しながらマッサージなどを行うことです。
  • ただしいつも同じ方法ではなく、毎回異なった方法を試すように心がけましょう。

臭覚

性行為の前や最中にある特定のニオイを嗅ぐことで、性行為がより楽しく興奮するものへと変化します。臭覚を刺激するこの方法は、フェロモンと深い関わりがある方法です。

刺激する方法

  • 正しい香水を選ぶことで、パートナーの性的興奮を高めることができます。
  • アロマセラピーで使われるエッセンシャルオイルをお試しください。(ラベンダー、リコリス、またはレモンなど)

こちらの記事もご参考に:最高のセックスをするためのエクササイズ6選

聴覚

聴覚

耳からの刺激は性的な興奮や喜びを高めるおすすめの方法です。相手の耳の近くで囁いたり、喘ぎ声を上げることで、相手に興奮を与えるこの方法は、相手の興奮が高まっていると知ることで自分の興奮も高まる相乗効果の高い方法です。

刺激する方法

  • 相手の耳元で少し性的な言葉を口にします。
  • 性的興奮が高まってきたら自分の喘ぎ声を抑えてはいけません。
  • セクシーで性的興奮が高まる音楽を流しましょう。

味覚

味覚といってもこの場合は、パートナーの身体をより深く理解するのに役立つ方法です。オーラルセックスと呼ばれる生殖器を刺激する行為がありますが、口や特に舌を使った行為は、相手の体液を楽しむ喜びから、パートナーだけではなく自分自身の興奮を高めます。

刺激する方法

  • 相手を口などを使って刺激するだけではなく、味のついたコンドームを使用するなどの方法もあります。
  • チョコレートやホイップクリームなどの食品を使って相手を刺激する方法もあります。

視覚

感覚刺激

男性は女性よりも視覚的な刺激が性的な覚醒につながることが多いと言われています。

視覚的な刺激は、夫婦間の性行為においても、エロティシズムを通じてお互いの感情を表現しながら刺激する効果があります。そのため、マンネリ化してきたと感じたら、視覚的な刺激を通じて、常に革新的な性行為を楽しんでください。

刺激する方法

  • 視覚的刺激を受けている相手の反応を観察してください。
  • 性行為中に相手を見つめてください。
  • エロチックで幻想的な空気を作り出すためには、下着やコスチューム、化粧やレザーなどの様々な要素を活用してください。

どのような感覚的刺激に興奮しますか?

刺激のタイプに関わらず。感覚を刺激することで得られる興奮や喜びには個人差があります。

パートナーが好きなもの、敏感なもの、また「ワイルド」になるものを理解することで、どのような刺激方法を使うかがわかります。

マンネリ化した性生活を改善し、オーガズムへと到達する喜びをサポートする感覚刺激をぜひお試しください。

パートナーとの楽しい時間を満喫してください!

  • Wallen, K., & Lloyd, E. A. (2011). Female sexual arousal: Genital anatomy and orgasm in intercourse. Hormones and Behavior. https://doi.org/10.1016/j.yhbeh.2010.12.004
  • Pfaus, J. G. (1999). Neurobiology of sexual behavior. Current Opinion in Neurobiology. https://doi.org/10.1016/S0959-4388(99)00034-3
  • Komisaruk, B. R., Wise, N., Frangos, E., Liu, W. C., Allen, K., & Brody, S. (2011). Women’s clitoris, vagina, and cervix mapped on the sensory cortex: fMRI evidence. Journal of Sexual Medicine. https://doi.org/10.1111/j.1743-6109.2011.02388.x
  • Holstege, G., Georgiadis, J. R., Paans, A. M. J., Meiners, L. C., van der Graaf, F. H. C. E., & Reinders, A. A. T. S. (2003). Brain activation during human male ejaculation. The Journal of Neuroscience : The Official Journal of the Society for Neuroscience.
  • Symes, L. B., & Price, T. D. (2015). Sexual Stimulation and Sexual Selection. The American Naturalist. https://doi.org/10.1086/680414
  • Verhaeghe, J., Gheysen, R., & Enzlin, P. (2013). Pheromones and their effect on women’s mood and sexuality. Facts, Views & Vision in ObGyn.