交際関係に再び情熱を灯す3つのアドバイス

お決まりのルーティーンやマンネリ化が、二人が求めあうのを邪魔する最も大きな敵です。ですから、新しいことに挑戦したり、コンフォートゾーンから出てみることが大切なのです。
交際関係に再び情熱を灯す3つのアドバイス

最後の更新: 16 6月, 2021

恋人との関係の中で、ありとあらゆる問題に直面しなければならない時があります。その中の一つが、昔はあったはずのお互いを求めあう気持ちを取り戻すという課題です。

多くのカップルが、「セックスの回数が減った」、「はじめのうちはこうじゃなかった」、「もう自分に魅力を感じていないんだろうか」「昔みたいには自分のことを好きじゃないんだ」などと嘆きます。

これらには様々な原因があります。毎日の生活、忙しさ、やらなければいけないこと、子育てなどを言い訳にして、ずっと燃え続けるだろうと思い込んでいた情熱の炎が消えかけていても、それを取り戻そうと努力しないのです。

欲求を取り戻すためのアドバイス

本記事では、日常の生活を言い訳にせず、相手への情熱の炎に再び火を灯す3つのアドバイスをご紹介します。これらは、消えてしまった情熱を取り戻すために大切なステップばかりです。

1.自分自身を知る

 

自分のことはよく知っていると言う人は多くいますが、実際はそうではありません。特にパートナーとの関係において、情熱の炎に再び火を灯す方法がわからない人は、自分自身を理解していないケースがあります。

「自分を興奮させるものは何だろう。」「試してみたいことは何だろう。」「過去の性関係の中で、どれが今の自分に影響しているだろう。」「新しいことを試してみたいけど恥ずかしい?」

このような「自分への質問」は、次に詳しく説明するステージへの大きな一歩となるため、正直に答えてみてください。

自分が好きなものが分からなければ、どこから、そして何から始めるべきなのか分かりません。そして、二人のコミュニケーション方法が欠落してしまうため、情熱の炎を灯すことはできないのです。

だからこそ、自分が恐れていること、間違った思い込み、そして二人の関係にダメージを与えていたり性生活を邪魔しているような考えは全て横に置いておいて、自分と向き合う時間を作ることがとても大切なのです。

2.パートナーとのコミュニケーション

コミュニケーション

自分の好きなものを認識できたら、自分のパートナーと正直に話すときです。恥ずかしがらず全てを包み隠さず伝えましょう。

自分の好きなこと、触られたい場所やどうすれば燃えるのかを言うのが恥ずかしいのに、丸裸になれるくらい信用がおけるというのも、何か矛盾した話だと思いませんか?

カップルの全ての基礎となっているのがお互いへの信頼であり、これにはセックスも含まれます。言葉として伝えなければ、相手があなたの心を読んで理解してくれることはありません。

お互いの気持ちを当てっこするような心理ゲームはやめて、はっきりと要望を伝えあう時です。二人が好きなこと、試してみたいことは何ですか?二人が好きじゃない、変えたいことは何ですか?

3.行動に移す!

 

前述したことは情熱を取り戻すには良いのですが、行動に移さなければ意味がありません。自分のコンフォートゾーンから飛び出し、刺激を取り戻してくれるような新しい土地を開拓するような楽しい時間です。

ベッドで笑うカップル

二人の関係が始まる時、緊張していたのを覚えていますか?時に自分たちを虜にした性的興奮を覚えていますか?お互いに努力する気さえあれば二人の関係を修復して情熱の炎を取り戻すことができるのです。

相手がどのように反応するのか、そして次に何が起こるか分からない時や相手の気持ちや反応が想像できない時のワクワク感は、二人の欲求を高め、もう一度パートナーを求めたくなり、一緒にいたいと感じさせてくれます。

決まり切ったルーティーンを壊して、欲求を取り戻そう

ルーティーンはとても居心地が良いもので、そこから抜け出すには多大な努力と意志が必要です。そのせいで、多くの場合面倒くさくなったり、無駄だと思ってしまいます。これであきらめてはいけません。

年を追うにつれて、性的欲求が変わっていくのは普通のことです。精神面や肉体面の変化が、性的欲求を奪ってしまうことも時々あります。

カップルの多くが、このような性欲の低下や消滅を経験します。もしあなたがこのような状況にあるなら、セックスカウンセラーやカップルでのカウンセリングを探してみましょう。今こそあの頃の情熱を取り戻すときです!

こちらの記事もおすすめです。
感情的に未熟な人を見分ける方法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
感情的に未熟な人を見分ける方法

感情の未熟さに終わりはありません。どの年代の人にも感情的な未熟さを見つけることが出来ます。一般的に、彼らは私達にあまり関係ないように思えますが、実際はそうではありません。感情の未熟は、行動に責任を持たず、幼稚な態度をとってしまう人のことを指します。