交際関係に再び情熱を灯す3つのアドバイス

· 8月 26, 2018
カップルが直面する問題は様々ですが、その中でもパートナーへの情熱の炎を失ってしまうことは大きな問題です。 でも心配は無用です。いつでも二人の関係を修復し、情熱の炎を再び灯すことは可能なのです。

「以前ほど性行為は頻繁ではない。」

「ほとんどない。」

「お互い慣れてしまった。」

「彼が望んでいない。」

など、長く付き合っていると性生活やパートナーへの文句が口から出てしまうことがあります。

そして、毎日の生活、忙しさ、やらなければいけないこと、子育てなどに追われて、お互いへの情熱を燃やす熱い炎を灯す努力をしない人が多く存在するのも事実です。

本記事では、日常の生活を言い訳にせず、相手への情熱の炎に再び火を灯す3つのアドバイスをご紹介します。

こちらの記事もご覧ください:性生活を改善する6つの習慣

1.自分自身を知る(自己の発見)

自己発見

自分のことはよく知っていると言う人は多くいますが、実際はそうではありません。特にパートナーとの関係において、情熱の炎に再び火を灯す方法がわからない人は、自分自身を理解していないケースがあります。

  • 何が自分を興奮させる?
  • 過去の性的な関係で心に傷を負ったことがある?
  • 新しいことを試したい?
  • 自分は恥ずかしがり?

などの「自分への質問」は、パートナーとの新たな出発点への大きな一歩となるため、正直に答えてみてください。

自分が好きなものが分からなければ、どこから、そして何から始めるべきなのか分かりません。そして、二人のコミュニケーション方法が欠落してしまうため、情熱の炎を灯すことはできないのです。

性生活だけではなく、自分が恐れていることや二人の関係に影響を及ぼしている過去の体験を認識して、二人の性生活を楽しむために自分と向き合う時間を作ることが大切です。

ご存知ですか?:二人の関係がうまくいかない4つの原因

2.大切な人とのコミュニケーション

コミュニケーション

自分の好きなものを認識し、最初の一歩を踏み出したら、自分の大切な人であるパートナーに、恥ずかしがらず全てを包み隠さず伝えましょう。

自分の好きなこと、触れられたい場所や触れたい場所、そしてそのためにはお互い何ができるのかを伝えることは、心を丸裸にする奇妙な発言に聞こえるかもしれませんが、相手を信頼して伝えることが大切です。

大切なコミュニケーションにおいて、全ての基礎となっているのがお互いへの信頼です。もちろん性的な会話も含みますが、言葉として伝えなければ、相手があなたの心を読んで理解してくれることはありません。

相手に自分の気持ちを読んで欲しいと思うのは不可能な要求です。情熱の炎を取り戻すためには、相手に正直になり、自分の気持ちを言葉を使って伝えてください。

自分の好きなこと、試してみたいこと、そして苦手だから今後は変更したいことなどを思い切って伝えましょう。

こちらの記事もご参考に:パートナーへの愛情表現が苦手なあなたへ

3.行動に移す!

行動に移す

前述したことを理解しても、行動に移さなければ意味がありません。

自分が快適に感じている場所から飛び出し、新しい冒険の旅に出るような楽しい時間です。

二人の関係が始まる時、緊張していたのを覚えていますか?

あの頃のドキドキした気持ちを思い出して相手に自分の気持ちを伝えれば、二人の関係を修復して情熱の炎を取り戻すことができます。

相手に自分の気持ちと自分が夢見ていることを伝えた時、相手がどのように反応するのか、そして次に何が起こるか分からない時や相手の気持ちや反応が想像できないのは、ジェットコースターに乗っているようなドキドキ感を味わえます。

最後にこちらをご覧ください:幸せな関係を築く秘訣

相手に気持ちを伝えようと頑張った努力は必ず報われ、これまでの快適な関係から抜け出して、新たな関係へと進むことができます。

今回はその方法をご紹介しましたが、行動しなくては何も始まりません。

何かを始める前から諦めてはいけません。

セックスレスになっているカップルは、多くの場合、ある時点で諦めてしまったからです。

二人の関係を改善したいのなら、今ここで相手に気持ちを伝えましょう!