勃起不全:診断から治療まで

5月 6, 2018
勃起不全(ED)の原因と診断、そしてその治療法についてご紹介します。性生活における関係を改善するのに役立ててください。

勃起不全は60歳以上の男性の50%以上に影響を及ぼす身体の問題ですが、恥ずかしさから医師に相談しない人が多くいます。勃起不全の原因は、心理的なものから物理的な要因まで、複数の要因によることがほとんどです。

勃起不全とは?

勃起不全とは、性行為を行う際に満足のいく十分な勃起を維持することができない状態を指します。

一般的に、勃起不全は加齢と関わりがありますが、加齢は唯一の要因ではありません。身体的要因と心理的要因の両方が関与する疾患である勃起不全は、喫煙習慣、アルコール依存症、薬物中毒、座りがちな生活様式などの悪い生活習慣も危険因子だと考えられています。

また勃起不全に影響を及ぼす要因となる疾患がありますが、その中でも最も一般的なのが、心臓に関連する疾患、高血圧および糖尿病などです。ストレス、不安、うつ症状、過去の出来事によるトラウマなどの心理的要因も、勃起不全につながる可能性があります。

こちらの記事もご参考に:精力増強に効果のある5つのハーブ 

勃起不全を発症する人は?

勃起不全は、40〜70歳の男性の10〜52%が影響を受けると推定されています。 一般的には高齢者で頻繁に見られる症状であり、60歳以上の男性の50%以上が勃起不全に悩んでいます。

勃起不全と年齢

年齢を重ねると勃起の強さは低下し、勃起が起こるまでに必要になる時間が長くなります。しかしこれは性的欲求が低下するものでも病気でもありません。

勃起不全の原因

勃起不全の原因

  • 年齢
  • 前述の疾患:無関心、性的感情の喪失、および深い悲しみは、セックスとそれがもたらす喜びへの欲求が減退します。またうつ病は性欲の急激な減少を引き起こすことで知られています。
  • 高血圧や過剰に上昇したコレステロール値を正常に保つ治療薬の摂取。化学療法、放射線療法、透析およびいくつかの外科的介入などの特定の治療法も勃起不全の原因となります。
  • 外傷性脊髄損傷: 身体に障害を負った人すべてが性行為を行うことができないわけではありませんが、勃起やオルガスムに達する機能は損傷が発生した場所によって異なります。
  • アルコールや薬物の摂取や依存:脱抑制剤として作用すると言われるアルコールですが、実際には勃起を妨げる主な要因の1つです。

こちらの記事もご覧ください:充実したセックスライフから得られる驚きの効果

 

勃起不全の診断

医師はすべての病歴を考慮に入れて、考えられるすべて原因に対処する必要があります。患者のセックスパートナーに質問をするのも適切な診断を行うのには重要です。

  • 身体検査と問診(性器と直腸検査を含む)
  • 検査とテスト:ホルモンの変化を考察するのに役立つ検査を行い、テストステロン値とプロラクチンの値を測定します。

治療法

性生活や自分の性行為を行う際の問題を専門医に相談する人は多くありません。そのため初期症状が出ていても医師の診察を受けず、症状が悪化することもあります。

性的な問題であろうとなかろうと、健康上の問題に直面した場合、専門医に相談することで容易に解決策を簡単に見つけることができます。

医師の問診を受けるときに恥ずかしがる患者もいますが、病気に正しくアプローチするためには、しっかりとした専門的な診断が必要です。

特に勃起不全の治療に関して、患者は複数の選択肢があることを事前に知るべきです。医師は、問診や検査の結果ならびに患者の病歴に基づいて、最も推奨される治療法を決定します

こちらの記事もご覧ください:性生活を改善する6つの習慣   

 

経口薬

経口薬

バイアグラとして知られている「クエン酸シルデナフィル」が、第一に選択される治療薬です。この治療薬は勃起が起こるメカニズムである陰茎の血管を拡張する強力を血管拡張剤です。

ただしこの薬にはいくつかの欠点があります。まず性行為の30分前に摂取する必要があるだけではなく、性的刺激が必要です。

心臓の問題がある人やニトログリセリンで治療を行なっている人には絶対に勧められません。

その他の治療法

  • 陰茎海綿体注射:血管作動薬を陰茎海綿体に直接注射する治療法です。患者にとって適切な方法ではなく、推奨される方法でもありません。
  • 真空勃起装置:真空勃起装置とは、陰茎を包み込むボトル状の円錐で、真空状態になった装置により、血液が陰茎内に流れ込むことで勃起が起こります。
  • 陰茎インプラント:勃起不全の永久的な治療法と考えられていますが、この治療法は重篤な症例にのみ使用されます。
あなたへおすすめ