精力増強に効果のある5つのハーブ

性生活に問題があると感じている方は、まずはパートナーと話し合うことから始めてみましょう。小さな変化をもたらすだけで解決することはたくさんあります。それでもダメなら、ここでご紹介するハーブを試し、医師に相談してみましょう。
couple in bed

消化の促進から病気やガンの予防にいたるまで、ハーブのもつうれしい効果は様々な用途に役立てることができます。これらの多岐に渡る効果をもつハーブの中には、自然に性欲を高めてくれるものまであります。

リビドーと呼ばれる性的エネルギーは、神経系の反応を引き起こす性ホルモンによって影響を受けています。

性行為に関わるこのエネルギーによって、相手に対する性的欲求の程度が決まるだけでなく、性行為から快感を得られるかどうかも左右されます

性的欲求をもつことは自然なことですが、仕事のストレスや病気によって性欲が減退することがあります。

今回は自然に性欲を高めることのできるハーブをおすすめしたいと思います。

天然のハーブを用いれば副作用はほとんどなく、即効性を感じられるものあるでしょう

1.アスパラガスラセモサス(シャタバリ)

asparagus racemosus

この植物はシャタバリとして知られており、アーユルヴェーダ医学では女性のための強壮ハーブとして昔から用いられてきました

このハーブには即効性はないかもしれませんが、定期的に摂取することで活力をアップさせたり生殖器に滋養を与えたりすることができます。

そのため、長い目で見ると性欲の改善にもつながるでしょう。アーユルヴェーダ医学によると、女性が性的欲求を感じるためには、ストレスを感じることなく穏やかな気分で過ごし、栄養たっぷりの食事をとることが必要だと言われています。

シャタバリにはお腹の中にいる胎児にも良い効果があるため、この点でも女性にぴったりのハーブだと言えるでしょう。

  • 母乳の生成を助ける
  • 母親に過去に流産の経験がある場合にも胎児を強くする
  • 生殖能力アップ
  • 閉経期のエストロゲン不足を改善

2.ユリコマ・ロンギフォリア(トンカットアリ)

トンカットアリ、またはロングジャックとして知られるこのハーブは、マレーシアに自生する木の根っこです。

このハーブには性欲を高めたりホルモンバランスを整えたりする効果があります。

ホルモンバランスが正常または最適な状態であれば、身体的にもセックスを楽しむ余裕が生まれるでしょう。

テストステロン値を高めることで、男性は勃起をより長く持続させることができます。

また、精子の質を高める効果もあります。

3.蛇床子(ジャショウシ)

cnidium monnieri

性欲を高めるための3つ目のハーブは、男女問わず生殖能力を改善したり性欲を高めたりするために昔から使われてきた漢方薬です。

蛇床子の種は性機能障害や男性のインポテンスの治療に用いられ、男性器の血管や動脈の拡張や血液循環の改善に効果があります。

女性には、女性器の血液循環を改善することで感度を高める効果もあります。

4.高麗人参

高麗人参は優れたエネルギー源となり、血管を拡張させることで一酸化窒素の排出や血液循環を改善し、勃起の力を高めます

高麗人参にはジンセノサイドと呼ばれる天然成分があり、テストステロンと似たはたらきをして精力増強させる効果があります。

ただし、全てのタイプのジンセノサイドにこのはたらきがあるわけではなく、中には鎮静作用をもつものもあります。

性機能障害や性欲減退の改善に効果があるのは紅参という種類のものです。

これらの効果を得るためには、一日に0.5~3g摂取しましょう

高麗人参はお茶にして飲んだりすりおろしたものを食べたりできるほか、料理の材料として用いることもできます。

ただし、摂取しすぎると以下のような症状を引き起こすことがあるのでご注意ください。

  • 頭痛
  • めまい
  • 血圧の上昇
  • 気分の変動

普段から高麗人参を摂取する習慣がない方は、少しずつ取り入れて味に慣れていきましょう。

5.シナモン

cinnamon

シナモンは天然の性欲促進剤としてのはたらきがあり、性欲低減の悩みを解消してくれます。シナモンには腹部への血液循環を改善する効果があります。

そのため、男女共に生殖器への血液循環を高めることができます。

シナモンのもつ最も優れた特質は副作用がないことです。しかし、高血圧の方は少量の摂取にとどめ、まずは医師に相談することをおすすめします

性欲の改善が大切なのはなぜ?

性的欲求は、単に生殖という目的のためだけではなく、人の生活の一部をなしています。

性的な満足感を得ることは人生の質を高めるためにも大切なのです。

性生活に問題があると感じている方は、まずはパートナーと話し合うことから始めてみましょう。小さな変化をもたらすだけで解決することはたくさんあります。それでもダメなら、ここでご紹介したハーブを試し、医師に相談してみましょう。