種類別お茶の淹れ方

12月 14, 2015
緑茶には少量のカフェインが含まれているため、沸騰しない程度のお湯で入れるのがベストです。そうすることで、余計な苦みを出さずに済みます。また、緑茶には体の老化を遅らせる効果もあります。

私たちが毎日のように飲んでいるお茶ですが、健康への効果を期待している人はそう多くはないのではないでしょうか。お茶には多くの健康成分が含まれていますが種類によって効能が違います。それぞれのお茶の特徴を見ればあなたもきっと今すぐ飲みたくなるはずです。では今日から実践できるお茶の淹れ方をご紹介していきましょう。

お茶の種類と特徴

緑茶

緑茶は世界中で飲まれ、最も健康に良いお茶の一つだとされています。緑茶には抗酸化作用があり、アンチエイジングが期待できます。また、デトックス(解毒)作用があるので体にたまった老廃物を排出してくれます。さらに消化を助ける働きもあり、ダイエットサポートのお茶としても注目できます。日本人が食後にお茶を一杯飲むのは理にかなっているのですね。そして、ビタミン類も豊富でビタミンA,B,Cやフッ素、ナトリウム、ミネラルを含んでおり、感染症やウイルスから体を守ってくれるのです。

緑茶にはカフェインが含まれているので、お湯は沸騰させて少し冷ましたものを使いましょう。70~80度が適温で、お湯が熱すぎると旨みよりも苦みが出てしまいます。緑茶の始まりは中国ですが、現在では日本が世界一の消費国になっています。お茶の入れ方でも文化で違いがあるようです。

紅茶

4-紅茶

アフタヌーンティーなどの文化で知られるように、紅茶は主に欧米で人気があり、気軽なティーパックは世界中で親しまれています。その香りと健康成分はこの上なく素晴らしいと言えるでしょう。抗酸化作用があり、低カロリーで消化を助ける働きもあります。紅茶は良い香りが長続きするため、かつては物々交換に使用されていました。手軽に飲むものではなかったのですね。発酵の過程で茶葉は緑色から黒っぽく変わります。紅茶はカフェイン含有量が多く、熱々のお湯で飲むのが理想ですが、抽出時間によって調節できますのでカフェインを気にしている方は浸水時間を短めにしましょう。

白茶

白茶は最も洗練されていて優雅なお茶の一つで「若さの万能薬」と呼ばれています。葉ではなく小さな新芽を摘み取ります。それゆえ、白茶を飲んだ人は茶葉自身の若さやエネルギーを吸収できるとも言われています。中国、福建省の高山で生産されており、春に手摘みされ、茶葉に白く産毛があることからその色は他のお茶よりも白っぽく見えます。素晴らしい風味と繊細な香りで、ビタミンC,Eを含み、抗酸化作用や利尿作用もあります。飲む際は75度程度のお湯で淹れましょう。

赤茶

赤茶はプーアル茶とも呼ばれ脂肪燃焼効果に優れています。かつては「皇帝の茶」とも呼ばれ、庶民は口にすることができませんでした。深い赤みを帯びた色で、しっかりとした味わいが特徴です。発酵には長い時間を要し、熟成には数年かかることも。抽出温度は約95度で、体脂肪を減らしてダイエットしたい方、コレステロールを減らしたい方は1日に3杯を目安に飲みましょう。

青茶

青茶とは烏龍茶のことです。半発酵茶であり、色は緑茶と紅茶の間くらいです。完全に発酵させるのではなく、茶葉が少し縮れてきたところで発酵をやめます。中国の福建省や台湾のフォルモサなどで生産されています。ウーロン茶はさわやかな香りが特徴ですが、発酵の度合いで香りの強さも変わってきます。ビタミン、ミネラルを含んでいるのはもちろん、他にも抗酸化作用、免疫力アップ、コレステロールや高血圧の対策にも効果的です。85~90度のお湯で淹れると一番おいしくいただけます。夏は冷やして飲むのもいいでしょう。

 

さらに、ハーブティーについても見ていきましょう。

カモミール

カモミール

カモミールは消化不良、腹痛、下痢、胃炎などの消化器障害に効果があります。また、目の炎症を軽減し、ぜんそく、咳、風邪の症状も緩和します。ニキビや肌荒れにも効くのでお休み前のリラックスタイムにカモミールティーを飲むのもいいですね。

ミント

ミントは消毒薬のような役目を果たしたり、抗けいれん剤として使われたりします。スーっとした香りが呼吸を促してくれるので、お腹の張りが気になる人や風邪で呼吸が苦しい人は積極的に飲みたいハーブティーです。

リンデンフラワー

リンデンの花の部分を使ったお茶です。神経を落ち着かせたり、精神安定剤として使われています。また、消化にも役立ち、寝る前に飲めば、質の良い睡眠にも繋がります。さらにリンデンフラワーティーは動脈硬化、けいれん、生理痛を緩和する効果もあります。

バレリアン

バレリアン(カノコ草)はリラックス効果があるという点ではリンデンフラワーと似ていますが、多量に摂取すると、血圧低下や吐き気などが起こる場合があるのでくれぐれも飲みすぎには注意です。

グリーンアニス

葉を噛んでみるとフレッシュな香りが広がります。そしてこのハーブティーは消化促進、去淡作用などがあり生理周期を整える効果もあります。

ローズマリー

2-ローズマリーオイル

ローズマリーは血行を改善し、神経を修復する働きがあります。疲れを取りたいとき、体の回復を早めたいときに飲むとよいでしょう。集中力を高める効果もありますので、仕事や勉強の時に飲むのもおすすめです。

あなたへおすすめ