性生活を改善する6つの習慣

性欲を増加しながら性生活を改善するためにはエクササイズが欠かせません。本記事で詳しくご説明します!
性生活を改善する6つの習慣
Bernardo Peña

によってレビューと承認されています。 心理学者 Bernardo Peña.

によって書かれた Daniela Echeverri Castro

最後の更新: 17 12月, 2022

活発な性生活を送ることは、心身の健康や精神状態に良い影響を与えます。

性行為には、快楽と生殖活動という側面だけでなく、体内機能を促進しながら健康を維持するという効果があります。

パートナーとの関係において、精神的な絆、コミュニケーション、そして信頼関係を強化するのに性行為は大切な役割を果たします。

性欲が減少して性的活動が減ると、寝室の中だけではなくそれ以外の場所でも二人の間に問題が生じる可能性が高まるため、性生活を改善しながら健康的なライフスタイルを送るために効果的な習慣を身につけるのは大事なことでしょう。

本記事では毎日の生活に取り入れたい習慣をご紹介します。

1. 健康的な食生活

サラダを一緒に食べるカップル

健康的な食生活が性欲と性行為の際のパフォーマンスを向上させます。

脂質や加工品ばかりの食事は性ホルモンへ悪影響を与えますが、オーガニック食品はエネルギーを補給しながら豊富な栄養素を体内に供給することでセックスホルモンを改善し、身体能力を向上させながらホルモンバランスを正常に保ちます

媚薬としての催淫効果がある食品は性欲を増加させるため、これらの食品を毎日の食事に取り入れると良いでしょう。

おすすめの食品は:

  • 新鮮な野菜と果物
  • 全粒穀物
  • シリアルと豆類
  • 脂肪分の少ない肉類
  • 冷水魚

2. ストレスのコントロール

健康的な性生活の天敵はストレスで、男女どちらにも当てはまります。

働きすぎ、職場の同僚やパートナーとの言い争い、また経済的な問題がストレスを引き起こし、性欲を減退させます。

ストレスをコントロールできなくなると、身体的な疲労感が増加し、気づかないうちに、ある特定のホルモンに影響を与えます。

ストレスを感じたら、リラクゼーションやセラピーまた十分な休息を取るなどしてストレスを軽減しながら、好きなことに使う時間をとるようにしましょう。

3. 運動

運動する男女

運動をすることで得られる効果の一つが「性生活改善」です。

セロトニンやエンドルフィンなどのホルモンのバランスを保ちながら性欲を増強させるのに運動は欠かせません。

体内の筋肉を強化しながら体を鍛えることで、性行為中の持続力が身につきます

性欲の減退や性機能障害などには、エクササイズで筋肉や骨盤底筋などを鍛えるのが効果的です。

4. 禁煙する

性生活に問題が生じている人の多くが喫煙者です。

タバコを始めとする製品には、セックスホルモンの活動を低下させ、血液の循環に悪影響を及ぼし、生殖器の機能を低下させる有害物質が含まれています。

より良い性生活を目指すなら禁煙は欠かせません。

こちらの記事もご参考に:今こそ禁煙!/禁煙に役立つ3つのレシピ

5. 毒のある関係を避ける

ベッドで不愉快な顔をしている女性と、男性の足

性生活では感情面が非常に重要な役割を果たします。

毒のある関係における性行為では、精神的な苦しみが性的な満足度を軽減します。

二人の関係を持続させるために大切な、信頼、相互理解、そしてお互いへの愛情が、性生活を改善します。

ハラスメントや相手からの暴力などの被害を受けている時は、「やらなくてはいけないこと」という義務感から性的な行為を行うため当然楽しむことができません。

毒のある関係を続け、義務感から性行為を行うと、心身の健康に深刻な悪影響を及ぼします。

6. セックスへの理解を深める

セックスについて学び、理解を深めることが、性生活の改善につながります。

より良いセックスを行うためだけではなく、自分の体についての認識を深め、満足度を高めるためにはどうしたら良いかを知ることが大切です。

またセックスを行う時に起こりうる性病などのリスク、また妊娠を希望しない場合は避妊方法などに関する知識を得ることも欠かせません。

パートナーと日常的なコミュニケーションを欠かさず、またマンネリ化しないセックスを心がけながら、性生活を改善し、楽しい性生活を送りましょう。

こちらの記事もおすすめです。
満足いくセックスライフを送るためのヒント
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
満足いくセックスライフを送るためのヒント

二人の関係が長く続くにつれ、満足のいく セックスライフ を送ることは簡単なことではないということに気がつきます。自分の体のことをよく知らないからかもしれませんし、恥ずかしいからかもしれません。現在セックスライフを楽しんでいないという人は、是非今日の記事を参考にしてみてください。



  • García G, María A, Cañadas-De la Fuente, Guillermo A, González-Jiménez, Emilio, Fernández Castillo, Rafael, & García-García, Inmaculada. (2011). Educar en conductas sexuales saludables: una innovación docente en promoción de la salud. Revista médica de Chile139(10), 1269-1275. https://dx.doi.org/10.4067/S0034-98872011001000004
  • Olivera Carmenates, Carmen, Bestard Aranda, Ana Mary, Fell Guerra, Lázara, Brizuela Pérez, Susana, & Bujardón Mendoza, Alberto. (2014). Estrategia educativa sobre sexualidad sana en adolescentes. Humanidades Médicas14(3), 629-645. Recuperado en 04 de febrero de 2019, de http://scielo.sld.cu/scielo.php?script=sci_arttext&;pid=S1727-81202014000300005&lng=es&tlng=es.
  • Rodríguez Cabrera, Aida, Sanabria Ramos, Giselda, Álvarez Vázquez, Luisa, Gálvez González, Ana M, Castañeda Abascal, Ileana, & Rojo Pérez, Nereida. (2008). La gestión social como vía para mejorar la salud sexual y reproductiva de los adolescentes. Revista Cubana de Salud Pública34(3) Recuperado en 04 de febrero de 2019, de http://scielo.sld.cu/scielo.php?script=sci_arttext&;pid=S0864-34662008000300014&lng=es&tlng=es.
  • Ruiz Mori, E., Ruiz Mori, H., Salazar-Rojas, R., Torres-Mallma, C., Valer-Villanueva, S., Santiago, B., … & Guevara Gonzales, L. (2016). Conocimiento de los riesgos del tabaquismo en fumadores, exfumadores y no fumadores. Horizonte Médico (Lima), 16(1), 32-37.
  • Fui, M. N. T., Dupuis, P., & Grossmann, M. (2014). Lowered testosterone in male obesity: mechanisms, morbidity and management. Asian journal of andrology, 16(2), 223.
  • VV.AA. (2017).Ovarian Hormones and Obesity. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28333235/

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。