日焼け止めって保湿クリームとして使えるの?

6月 20, 2019
肌に潤いを与えるために、日焼け止めを使用することはできるのでしょうか?本日の記事ではその質問に答え、肌のお手入れのヒントについてご紹介します。

日焼け止めを保湿クリームとして使えるのかどうか疑問に思ったことはありませんか。市場には乾燥肌用、オイリー肌用、混合肌用の日焼け止めがあります。それでなんとなく保湿クリームについて忘れてしまい、代わりに日焼け止めのみを使用している人も多いかもしれません。

夏の間には、頻繁に日焼け止めを使用します。顔にいくつものクリームを重ねて使うとたくさん汗をかいてしまうという理由で、日焼け止めだけを使ってしまうことがあります。一般的には、1年を通してこの時期に保湿クリームの使用をだらけてしまいがちです。しかし、保湿クリームの代わりに日焼け止めだけを使用するのは、良いことなのでしょうか?

本日の記事では、保湿クリームは日焼け止めの代用となるのか、または日焼け止めの使用の有無に関わらず常に保湿クリームを使用するべきなのかを見ていきましょう。

日焼け止めの目的

まずは、日焼け止めの、日焼け止め以外の作用について検討するのをやめましょう。

日焼け止めは、紫外線(UV)から肌を保護するために作られています。紫外線が肌に浸透し、後に皮膚がんに導く可能性のある損傷を防いでくれます。

肌に脂っこさを残すことがないウォータープルーフの日焼け止めも見つけることができます。しかし、日焼け止めはあくまでも化粧品ではなく、肌を保護するものです。例えば、肌を保湿させたり、しわを防ぐような効果はありません。

日焼け止め

ということは、オイリー肌のため、またはニキビ治療のために日焼け止めを使用したとしても、目に見える効果はないことを意味します。

日焼け止めの唯一の目的は太陽から肌を保護することであり、スキンケア製品と差し替えるべきではありません。

ご存知ですか?手作り日焼け止めの作り方

SPF入りの保湿クリーム

次に疑問となるのが、日焼け止めの唯一の目的が肌を保護することだとしたら、どうしてSPF入りの保湿クリームがあるのかということです。

まず第一に、しわを減らしたり、保湿を加える化粧用クリームは、日焼け止めがあまり含まれていない可能性があります。

この組み合わせは、日焼け止めとしての効果が薄れてしまうためです。このようなクリームは、保護要素が非常に低く、15SPFを超えることはほとんどありません。

日焼け止めを通常の保湿クリームと混ぜ合わせると、効果が薄れ、思っているよりも肌が保護されていない状態となります。

追加で日焼け止めを適用しないのであれば、このような混合クリームは太陽の下で長時間使用するべきではないでしょう。一方で、太陽の光が弱まり、紫外線から安全である夕方や夜に使用するには安全です。

いつも使用している保湿クリームの上に日焼け止めを適用すると、効果が薄れてしまうと心配されているかもしれません。しかし、そうではありません。日焼け止めの効果が薄れてしまうのは、他のクリームと混ぜたときのみです。

日焼け止めは初めに塗るの?2番目に塗るの?

ここまでの記事では、日焼け止めを保湿クリームとして使用しないことが重要だということが分かりました。しかし、別の質問が残ります。日焼け止めは、保湿クリームの前後どちらに適用するべきなのでしょうか?

日焼け止め

その答えは、日焼け止めの前に保湿クリームを適用するべきであるということです。

最初に日焼け止めを適用してしまうと、保湿クリームが肌に染み込むことを防いでしまいます。そのため、アンチエイジングの製品を使用しているのであれば、効果が得られなくなります。

こちらもご参考に:首を美しくする5つの方法

乾燥肌であり、日焼け止めを保湿クリームとして使用した場合、以前よりも問題が悪化していることにすぐに気づくかと思います。肌のタイプにあった製品を使用することの重要さに改めて気づくでしょう。

適用後に光ったおばけのような見た目にならないように、顔用の薄い日焼け止めがあります。また、肌が重く感じることがないので、いつも使用しているクリームと一緒に使用しない理由はありません。

また、夏だけでなく、1年を通して日焼け止めを塗ることが重要です。冬、春、秋の間もあなたの肌は太陽にさらされているのです。