お肌しっとり!/自家製アロエベラ石鹸の作り方

9月 11, 2016
オリーブオイルとアロエベラは、どちらも保湿効果バツグンの成分を含んでいます。しっとりスベスベの美肌作りに、このふたつを組み合わせた自家製石鹸を作りましょう!

市販の石鹸を使うと、お肌が乾燥したりかぶれたりする人が結構います。

そんな敏感肌の方に特におすすめしたいのが、アロエベラとオリーブオイルを使った自家製石鹸。お肌を清潔に保つだけでなく、しっとりした自然な湿り気を維持するのにも役立ちます。

今回は、顔・手・全身に使える、保湿効果バツグンの自家製アロエベラ石鹸の作り方をご紹介します!

アロエベラの効能って?

2-aloe-soap

アロエベラのゼラチン状の葉肉には、健康と美容に役立つたくさんの効能があります。服用しても、お肌につけてもよく、使い途もさまざまです。

特に鎮痛効果・抗酸化作用・抗炎症作用があり、細胞の再生を助ける成分を含んでいることから、たくさんの化粧品がアロエベラジェルを利用しています。

アロエは、お肌を脂っぽくすることなく、自然な湿り気を維持するのに役立ちますから、脂性肌や普通肌(混合肌)の方だけでなく、ニキビでお悩みの方にもぴったりです。

アロエは、ジェルやシャンプーなどのヘアケア製品にもよく使われています。

アロエは育てるのに手がかかりませんし、火傷・傷などに即効性がありますから、もうすでに庭やベランダで栽培している方もたくさんいらっしゃることでしょう。まだの方は、1鉢購入するか、お友達に分けてもらうかして、常備しておきましょう。

こちらの記事もご利用ください:家でアロエを育てましょう!

自家製アロエベラ石鹸の利点って?

最近、自家製の石鹸や化粧品を作る人たちが増えています。自家製なら、自分の好みや必要に合わせて材料を選ぶことができるからです。また、いろいろなレシピを試してみて、自分の肌の質にぴったりのものを見つけることもできます。

さらに自家製なら、市販品に含まれている合成香料や硫酸塩・パラベンなど、お肌にも体にもよくない原材料を確実に避けることが可能です。

アロエベラ石鹸は、どんなタイプのお肌にも合いますから、ご家族全員で利用できます。それでも、アレルギーなどの可能性を考えて、エッセンシャルオイルの種類を変えてみるなど、いろいろ試してみるとよいでしょう。

必要な材料は?

3-aloe-soap

  • オリーブオイルまたはココナッツオイル カップ1杯(220グラム)
  • 水酸化ナトリウム 大さじ3杯(30グラム)
  • 蒸留水 大さじ6.5杯(65 cc)
  • アロエベラジェル(生または市販のもの)大さじ3杯(45グラム)
  • エッセンシャルオイル 15滴(好みで)

こちらの記事もお読みください:家で簡単にできるオリーブオイルの活用術

必要な道具は?

  • 石鹸の型、またはペットボトルの底の部分
  • 水酸化ナトリウムを扱う際の安全ゴーグルとゴム手袋
  • ハンドミキサー
  • 耐熱性ガラス容器
  • 木製スプーン

アロエベラ石鹸の作り方

4-aloe-soap

  • 安全ゴーグルとゴム手袋を着用し、ガラス容器をそっとシンクの中に置きましょう。
  • まず水酸化ナトリウムを容器に入れ、蒸留水を加えます。
  • はねないように十分気をつけてください。
  • 急激に発熱し、蒸気が発生します。このミックスがさめるまで、そのまま置いておきます。
  • 作業中は、必ず換気扇をまわすか、窓を開けるなどして、十分換気してください。
  • オリーブオイルまたはココナッツオイルを鍋に入れ、とろ火にかけます。約46℃(かなり熱い状態)になったら火からおろし、水酸化ナトリウムと水のミックスを加えて、ハンドミキサーで撹拌します。
  • はねないように低速で始め、ジェル状になるまでゆっくり撹拌してください。
  • さめないうちにアロエベラとエッセンシャルオイルを加え、よくまぜます。 
  • このミックスを型に注ぎ込み、熱を保つためタオルで覆います。
  • このまま12〜24時間置いて、自然にさまします。
  • さめたら、型から取り出します。
  • この石鹸を涼しくて乾燥した場所に保管し、固くなり熟成するのを待ちます。通常、1ヶ月〜2ヶ月半ぐらいでできあがりです。

注意事項

水酸化ナトリウムは大変危険な薬品ですから、十分注意して扱ってください。作業している場所に、子供たちやペットが近づかないようにしましょう。

この薬品は腐食性が非常に強いですから、必ず安全ゴーグルやゴム手袋で、目と手を守るようにしましょう。

万が一、お肌に触れたときは、即座にその箇所を水でよく洗い流し、酢をぬってください。

アロエ入りグリセリンソープの作り方

もっと手軽にアロエベラを使った石鹸を作るためには、市販のグリセリンソープを購入し、これを湯煎鍋で温めて溶かし、アロエベラジェルを混ぜましょう。

このミックスを型に注ぎ、さめるまで置けば、アロエベラ入りグリセリンソープができあがります。

あなたへおすすめ