アレルギーの原因になる8つの野菜

· 4月 4, 2018
食物アレルギーとは、体内に入ってきた食べ物を私たちの体が異物として認識することが引き金となって起こる反応です。

アレルギーの原因となる8つの野菜を知っていますか?

食物アレルギーとは、体内に入ってきた食べ物を私たちの体が異物(アレルゲン)として認識することが引き金で起こるアレルギー反応です。

野菜へのアレルギーがある人はIgE抗体が反応を引き起こしますが、以前にその野菜を食べて何の反応も起きなくても、突然症状が起こることがあります。

スペインで2015年に実施された研究では、7.4%の人々が花粉、果物、野菜に対してアレルギー症状を起こしていることが明らかになりました。

アレルギーの症状には個人差があり、それぞれ反応の強度が異なります。また体の1つまたは複数の器官に影響を及ぼすことがあります。

これらのアレルギー症状は、このタイプの食べ物や花粉が体内に入ることで起こります。

私たち人間全員が、すべての食品に対して同様の反応をするわけではないため、ある人がアレルギー反応を起こした食べ物が、別の人にアレルギーを起こすかというと、そうではありません。

そのため、本記事ではアレルギー反応を引き起こす8つの野菜をご紹介します。

アレルギーの原因となる8つの野菜

1. 人参

人参

 

野菜への食物アレルギーを起こす人がいますが、驚くべきことに、花粉へのアレルギーがある人は人参にもアレルギーがある可能性があります。

これは花粉に含まれる、アレルゲンとなるタンパク質が人参と似ているからです。

また、このアレルゲンとなるタンパク質は調理をしてもなくならないため、以下の症状が現れる可能性があります:

  • アナフィラキシー(呼吸困難、低血圧、意識喪失)
  • 心拍数の増加
  • 不安
  • 混乱
  • めまい

 

これらの症状が昏睡状態を引き起こす可能性があり、中には死に至ることもあります。

これらの症状は、人参を食べてすぐに現れるため、すぐに救急車を呼ぶなどの行動をして瞬時に対応してください。

 

2. レタス

レタスの摂取がアレルギーの原因となることがあります。

そして、レタスを食べてアナフィラキシーを引き起こすだけではなく、レタスの葉に付着した様々な病原性細菌がアレルギー症状以外の病気を併発するリスクがあります。

そのためレタスにアレルギーがない場合でも、これらの細菌を完全に除去するために、沸騰した水や酢でレタスを慎重に消毒する必要があります。

3. セロリ

セロリ

 

セロリはアレルギーを引き起こす一般的な野菜です。セロリはカバノキの花粉と同様のアレルギーを引き起こしますが、 生または調理されたセロリは、皮膚炎からアナフィラキシーまでのアレルギー反応を引き起こす危険があります。

また、セロリを食べてから紫外線にさらされると以下の病気を発症する危険があります:

  • ライム病
  • 喉頭浮腫

人間の体内において、セロリがどう反応するかという研究は詳しく行われていませんが、何かアレルギー症状が起きた場合はセロリを食べるのはやめるのが賢明でしょう。

4. ほうれん草

ほうれん草への食物アレルギーは一般的です。

ほうれん草には、体内でホルモンや神経伝達物質として作用する化学物質であるヒスタミンが豊富に含まれていますが、ほうれん草に含まれるヒスタミンは、体内の炎症過程において大量に放出されるため、アレルギーの主な原因の一つとなります。

こちらの記事もご覧ください:食物アレルギーを起こしやすい食品とその代替食品

5.玉ねぎ

玉ねぎ

玉ねぎには血液の循環を改善する特定のミネラル(硫黄)が含まれていますが、このミネラルはアレルギー反応を起こす原因の一つです。

玉ねぎアレルギーの症状は次の通りで、食べてすぐに現れます:

  • 病気にかかったように調子が悪くなる
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 胃痙攣
  • 蕁麻疹(玉ねぎに触れただけでも発生します)
  • 呼吸器系の炎症
  • アナフィラキシー(一部のケースのみ)

6. ニンニク

ニンニクアレルギーの症例は非常に少ないが、それでもニンニクアレルギーの人は存在するため、注意が必要です。

ニンニクアレルギーは軽度のものが多いですが、中には致死的な症状を発症するケースがあります。

ニンニクアレルギーの一般的な症状は次のとおりです:

  • 皮膚の過敏症
  • 舌または場合によっては声門の腫れ
  • 腹痛
  • 下痢
  • 吐き気と嘔吐
  • アナフィラキシー

7. 香辛料

香辛料

コショウ、マスタード、カレー、クミン、アニスなどの香辛料もアレルギーの原因となります。

これらは同時に混ぜて使用されることが多く、また信頼性の高いアレルギー検査がほとんどないため、診断がやや難しくなります。

考えられる症状には以下のものがあります:

  • 鼻炎
  • 喘息(香辛料を吸入した場合)
  • 皮膚反応(香辛料を触れることによる湿疹)
  • 結膜炎

これらのスパイスを通常は使わないためにアレルギーかどうかわからない場合は、摂取を避けたり少量を消費するのが最善の方法です。

こちらの記事もご覧ください:季節のアレルギーに対する自然療法

8. アスパラガス

アスパラガスは、タマネギとニンニクとともにユリ科に属します。

アスパラガスアレルギーに関する研究では、この野菜に触れたとき、吸入したとき、または摂取したときに、以下の症状が現れたことが明らかになりました:

  • 鼻炎
  • 気管支喘息(吸入による)
  • 蕁麻疹(触れることによる湿疹)
  • アナフィラキシー

今回ご紹介した野菜を食べるときに、これらの症状のいずれかを発症して辛い場合は、すぐに医者の診察を受けることが大切です。

医師による適切な診断により、今後の症状の悪化を防ぐことができます。