季節のアレルギーに対する自然療法

一年の内、特定の季節になるとアレルギーが発症することがあります。その最も一般的なものが花粉症です。

季節の変わり目に起こるアレルギーは免疫システムの過剰反応によるものです。これはアレルゲンのような異物が体内に入りこむ事で起こります。

この異物はほとんどの人にはなんの影響も与えませんが、中には過敏に反応する人もいます。

アレルギーの症状には数種類ありますが、最も一般的なものは鼻炎、結膜炎、喘息です。

 

花粉症

花粉症

木や花、それぞれ花粉を飛ばす季節がありますが、その中でも草はアレルギーを引き起こす傾向のある植物です。

花粉は暑い日、乾燥する日、そして風の強い日に特に飛びます。

 

症状

鼻炎

鼻炎は子供によくみられる症状です。適切な処置をしなければ症状は悪化します。鼻の粘膜が炎症を起こした状態を鼻炎と言います。

・鼻づまり

・鼻水

・かゆみ

・くしゃみ

目が赤くなったり涙が出る事もあります。花粉が原因で気管などに影響が出ます。

 

喘息

喘息

喘息になると息が苦しくなったり、胸が締め付けられるような感覚に陥ったり、咳が出たりします。

春から夏にかけて花が咲き始めた頃に起こりやすくなります。ですがその他の季節は特に問題がなかったりします。

年齢に関係なく発症します。

 

結膜炎

これはまぶたや目の周りの粘膜が炎症を起こしている状態です。アレルゲンにさらされることで起こります。鼻炎や喘息に伴って発症する事もあります。

原因となるアレルゲン:

・花粉

・イエダニ

・動物の毛

真菌

・化粧品

・抗生物質

 

自然療法

ミントネトルティー

ミントネトルティー

一般的に熱いお茶には去痰作用があります。つまり粘膜に形成される鼻づまりを解消します。

ミントにはヒスタミンによって起こる粘液の分泌を抑える働きがあります。

また、ネトルにはアレルギー症状を緩和する抗ヒスタミン作用があります。

材料

・ドライミント  10g

・はちみつ  25g

・水  250㎖

・ネトル  10g

作り方

・水を沸騰させたらミントとネトルを加えます。

・10分ほど沸騰させ続け、蒸気を吸い込みます。

・はちみつで甘みをつけたらお茶として飲みます。

 

生理食塩水

鼻を洗うという行動は、鼻腔に蓄積した花粉やダニなどを洗い流す古くからある療法で、とても効果があります。

また汚れを洗い流すだけでなく、感染を予防することにもつながります。

材料

・水  250㎖

・塩  5g

・重曹  ひとつまみ

器具

・ドロッパー  1個

作り方

・水を火にかけ沸騰直前で止めます。

・塩と重曹を加えます。

・しっかり混ぜ合わせたら、冷めるまで待ちます。

・ドロッパーに移し、1滴ずつ鼻孔に落とします

・1日3回行ってください。

 

ハーブ液の蒸気を吸い込む

ハーブ液

蒸気を吸い込むのは粘液を除去し鼻孔の痒みを和らげるのに役立ちます。アレルギー症状を抑えることも出来ます。

材料

・水  250㎖

・精油  4滴(ローズマリー、ミント、ユーカリプタスなど)

作り方

・水を沸騰させたら精油を加えます。

・タオルを頭からかぶってハーブ液を覆うようにします。

・ゆっくりと呼吸をします。

約10分続けます。

・鼻をかみます

 

予防措置

・必要じゃないものは部屋から出す。(本、おもちゃ、花など)

朝窓を開き喚起し、昼には閉める

・寝る前に髪を洗う。

・喫煙をしたり喫煙者の近くに行く事を避ける。

香水やデオドラントなど強い香りを避ける

・扇風機の羽を掃除する。

・ペットは外に出す。

家具、ランプ、写真フレームを毎日掃除する。

・ふわふわしたラグやクッションなどは避ける。

・マットレスにプラスチックのカバーをかけ、1週間に1回太陽の日に当てる。

・ウールではなくコットンのパジャマを着る。

 

カテゴリ: 自然療法 タグ:
あなたへおすすめ