春の喘息対策法

8月 29, 2017
春になるとアレルギー反応が出て困るという人はいませんか? 今日の記事を読み、自然なアレルギー対策をしましょう。

春のアレルギーは、アレルギーを持っている人の気管支に花粉が入り込むことが原因で起こります。

この花粉が集中的に入り込むと、喘息の急性発症となる場合があります。

喘息と春のアレルギーの違い

喘息とアレルギーは関連したものです。花粉のようなアレルゲンは花粉症だけでなく、喘息の患者にも影響を与えてしまうのです。

しかし、問題は、喘息の主な原因は花粉ではないという点です。

”喘息”と”アレルギー”を混同しないようにしましょう。

  • 喘息は気管支の腫れによって引き起こされる慢性的な病気です。気管支は細く炎症し、呼吸をするのが困難になります。
  • 一方アレルギーは、様々な物質に対応する免疫反応や防御反応です。反応していないという人が多いでしょう。

喘息の発症

  • 喘息は一般的な病気で、死亡率が高いことから、主な公共健康トラブルの一つであると考えられています。
  • そのリスクは15歳以下の子供に多く、子供の病気として最もよくあげられるものの一つです。
  • さらに、アレルギーが原因の喘息は、大人よりも子供に多く見られます。

治療を受ける大切さ

喘息を持っている人は、特に春に気をつけなくてはいけません。春は花粉を始め様々な要因がアレルギーをもたらすからです。

患者は薬剤の使用量をきちんと守り服用しなくてはいけません。

また、数ある治療法の中でも、吸入器は広く使われています。最も近代的なモデルは以前のものより簡単に使うことができます。

春のアレルギーと喘息をコントロールするコツ

  • 自分の住んでいる場所や外出先の花粉情報をチェックしましょう。
  • 喘息の人や花粉アレルギーの人は、花粉に晒されるのをできるだけ避けましょう。つまり、公園や広場、原っぱなどへ行くのを控えましょう。
  • 外にいる時間を制限しましょう。特に、アレルゲンをキャッチしやすい日は気をつけて下さい。
  • 花粉が多い日はコンタクトレンズの装着を避け、マスクをしましょう。
  • 家の換気は適切に行いましょう。花粉が家に入り込むリスクが高いのは夕暮れ時です。
  • 車の花粉フィルターやエアコンのインストールがきちんとできているか、きちんと働いているかを確認しましょう。

喘息の診断

喘息は、特別な呼吸機能検査によって診断されます。この検査では、医師が空気の閉塞を分析します。

検査として、呼吸機能、気管支拡張、気管支誘発テストなどがあります。同様に、皮膚の研究、分析、血液のアレルギー成分の評価などがあります。

喘息の治療

喘息の治療として最初にしなくてはいけないことは、喘息の引き金となるものをコントロールすることです。アレルゲンとはできる限り接触を持たないようにしなくてはいけません。

喘息は薬を飲むことでその症状を緩和することができます。対症薬と呼ばれるものです。

この薬を飲んだからといって喘息が消え去るというわけではありませんが、辛い症状が和らぐでしょう。

薬は2種類あります。

  • 慢性的な喘息のための薬剤。ブドウ糖炎症を緩和し、喘息を予防する
  • 急性的な春のアレルギー、花粉症に効果のある薬剤。コルチコイド、気管支拡張薬、テオフィリンなど

アレルギーと免疫療法ワクチン

この免疫療法ワクチンは良く知られており、患者にアレルゲン量を注入します。これは、アレルゲンに対する過敏さを抑える、または除去するためです。

このワクチンにより、将来的に喘息反応を予防、または最小限に抑えられるでしょう。

  • 大体のケースでは、治療は3〜5年続きます。
  • この免疫療法は、花粉、ダニ、動物上皮、ある種の真菌によるアレルギー喘息の症状を緩和します。
  • WHOは、この治療がアレルギーや喘息に効果的なものであると認めています。
あなたへおすすめ