なぜ?女性の死亡率が増加している肺がん

1月 20, 2017
近年、女性の喫煙率が男性を上回り、喫煙が原因の肺がんと診断される女性の数が増加しています。

現代では、肺がんと診断される女性が増えており、乳がんや子宮がんよりも死亡率が高くなっています。

日常生活において、女性が有害物質にさらされる機会が増えているだけでなく、残念なことに女性の喫煙率が劇的に増加しているのもその原因です。

統計によると、10年以上喫煙してる女性は、喫煙習慣のない女性と比べて、肺がんになる可能性が50%高いことが明らかになりました。

さらに、肺の機能が時期尚早に低下すると、深刻な呼吸器系の疾患を発症する可能性もあります。

肺がんは男女ともに死亡率の高いがんです。そして残念なことに、肺がんの原因やリスクを高める要因に目を向けないために発見が遅れることもあります。

女性の肺がん

2-lung-cancer

米国がん学会と国際がん研究機関は、先進国では肺がんが女性の間で最も死亡率の高いがんであることを報告しました。

女性の喫煙者の数が男性を上回るという「喫煙習慣の流行」が肺がんによる女性の死亡リスクが増大している原因の一つであり、肺がんと診断される女性の80%が喫煙者で、その他の女性は肺の疾患、有害物質、また遺伝子が原因であることも明らかになりました。

肺がんの進行

は呼吸を司る主な呼吸器官です。肺は、呼吸によって酸素を体内に取り入れ、二酸化炭素を体外に排出しています。

がんとは、異常をきたした細胞の増殖がどんどん進むため、早期にがんと診断されずに治療が遅れると、体内のその他の器官や組織に転移してしまいます。

肺がんの症状

3-cough

肺がんの死亡率が高い理由の一つに、症状がわかりにくく発見が遅れがちであることがあげられます。

肺がんの初期症状は一般的な呼吸器の炎症と間違えることが多いため、医師の診断を受けず、自己判断で市販の薬を購入して終わってしまうことがよくあります。

肺がんが進行すると、明らかな症状が現れ始めますが、その時点でもまだ、患者自身、時には医師までもが症状を見落としたり、間違った診断をすることがあります。

発見が遅れるとがんの進行が進み、治癒が困難になります。そのため、症状をしっかりと理解し、不安な症状が現れたときには医師に相談することが大切です

  • 疲労感や慢性の疲れ
  • 咳や喉の不快感
  • 突然の体重減少
  • 息切れ
  • 物が飲み込みにくい
  • 呼吸音の乱れや胸の痛み
  • 痰や分泌物
  • 血の混じる咳
  • 骨の痛み
  • 上大静脈症候群の発症
  • 発熱や肺炎、気管支炎を起こしやすい

 

肺がんの症状はそれぞれの患者の身体や、既存の疾患の状態によっても異なります。

上記の症状が全くない人でも、その他の理由によりレントゲンを行った結果、肺がんだと診断されることもあります。

肺がんの予防

4-stop-smoking

がんは100%予防できる疾患ではありませんが、そのリスクを軽減する健康的な生活習慣がいくつかあります

喫煙者は喫煙が身体にどんな危険を引き起こすのか、そして喫煙は将来的にがんを発症するリスクがあることをしっかりと理解するべきです。

一番良い方法は禁煙することです。

禁煙から10年から15年が経過すると肺がんのリスクは非喫煙者と同レベルまで低下します。

また、抗酸化物質、ビタミン、そしてミネルラルが豊富な食事と、毎日の運動によって肺がんを予防することができます。

健康維持を心がけて、自分を大切にしましょう!

あなたへおすすめ