アトピー性皮膚炎と脂漏性皮膚炎の違い

アトピー性皮膚炎と脂漏性皮膚炎は、どちらも皮膚のかゆみや刺激を引き起こします。また、新生児は両方を発症してその症状に苦しむ可能性があります。今回はアトピー性皮膚炎と脂漏性の違いを学びましょう。
アトピー性皮膚炎と脂漏性皮膚炎の違い

最後の更新: 16 1月, 2020

アトピー性皮膚炎と脂漏性皮膚炎は、一般的な皮膚疾患です。

この二つを混同する人が少なくありませんが、実際は全く異なる皮膚炎です。

アトピー性皮膚炎は、発赤、かゆみ、乾燥を引き起こす皮膚疾患で、遺伝が重要なリスク要因の1つであると考えられています。

ただし、環境や食べ物もアトピーの発症に影響を及ぼす要因であることを多くの専門家は指摘しています。

脂漏性皮膚炎は、うろこ状の斑点と皮膚の発赤を引き起こす、しつこい「ふけ」にような状態ですが、眉毛、顔、耳などのより多くの皮脂が生成される身体の様々な場所に症状が現れます。

アトピー性皮膚炎と脂漏性皮膚炎は、どちらも皮膚への刺激とそれに関連した症状を引き起こしますが、大きな違いがあります。

ここから詳しく説明します。

アトピー性皮膚炎脂漏性皮膚炎の影響を受けるのは誰ですか?

アトピー性皮膚炎と脂漏性皮膚炎は、様々な年齢層に影響を及ぼす傾向がありますが、診断の主要な鍵の1つでもあります。

アトピー性皮膚炎を発症するのは、主に子供と青年で、一般人口の20%が何らかのアトピー症状の影響を受けると推定されています。

診断をする際に、医師は患者の性格や精神状態を観察します。

アトピー性皮膚炎はとても痒く、焼けるような痛みを伴うことがあるため、言葉が話せない乳児がアトピー性皮膚炎を発症すると、常にイライラしたり緊張するなどの、特徴的な性格が現れます。

脂漏性皮膚炎には、発症のピークが2回あります。

生後数ヶ月と思春期の後です。また女性は男性よりも発症率が高いですが、人口の約5%にしかこの症状は影響を与えません。

アトピー性皮膚炎と脂漏性皮膚炎の違い 頬が赤い赤ちゃん

アトピー性と脂漏性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎と脂漏性皮膚炎は、どちらもかゆみを伴う皮膚の赤みを引き起こしますが、それぞれ独自の症状があります。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は夜になるとかゆみが悪化します。また皮膚の乾燥を引き起こすため、患者が皮膚を掻いて、皮膚の剥離や腫れを引き起こします。

アトピー特有の赤い斑点は、手、足、首など、体の多くの部分にも現れることに加えて、乾燥によって厚くなった皮膚にヒビが入ることがあります。

脂漏性皮膚炎

頭皮や眉毛などにフケが現れるだけでなく、白または黄色の鱗屑で覆われた脂性の皮膚斑点が現れます。

これは「クレードルキャップ」と呼ばれることもある黄色いかさぶたで、鼻、眉毛、まぶたなど、体がより多くの皮脂を生成するすべての場所に発症する可能性があります。

肌がうろこ状に赤くなることもあります。

アトピー性皮膚炎と脂漏性皮膚炎のもう1つの大きな違いは、その発症方法です。

アトピー性皮膚炎は一般的に、数年続き、定期的に悪化したり一時的に症状が消えることもあります。

脂漏性皮膚炎は、ストレスを受けた時や寒く乾いた季節に悪化します。

その他の主な違い

脂漏性皮膚炎は不快感を引き起こさないため、乳児への影響がアトピー性皮膚炎とは異なります。

前述したように、アトピー性皮膚炎は様々な症状に子供が苦しむ可能性が高いため、アトピー性皮膚炎を発症した子供は、常にイライラしている傾向があります。

もう一つの違いは、皮膚の水分量です。

脂漏性皮膚炎は皮膚を脂ぎったようになりますが、アトピー性皮膚炎は皮膚の乾燥を引き起こします。

ただし、どちらの皮膚炎も、肌の保湿が治療の重要な鍵を握ります。

アトピー性皮膚炎と脂漏性皮膚炎の違い アトピーの赤ちゃん

結論

アトピー性皮膚炎と脂漏性皮膚炎は、どちらも新生児が発症する可能性のある皮膚炎ですが、適切な治療法を行うためには、その特徴を理解することが大切です。

疑問がある場合は、できる限り早く専門医の診察を受けてください。

こちらの記事もおすすめ
新生児を世話する際のアドバイス
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
新生児を世話する際のアドバイス

母親になるという事は身体的精神的に大きな変化をもたらします。新しくこの世に誕生した赤ん坊は、100%母親に依存しています。だからこそ生まれる前から準備をし、新生児のお世話の方法を理解することが非常に大切です。今回は、生まれてから数ヶ月の間、新生児のケアに役立ついくつかのアドバイスをご紹介したいと思います。