ヘビーレッグ:脚に感じる重たさ

17 11月, 2020
静脈還流が低下すると、脚に重たさを感じることがあります。医学的な介入が必要な場合もありますが、一般的にはライフスタイルを改善することで緩和することができます。

日常生活における様々な活動が、私たちの健康に大きな影響を与える可能性があります。何時間も立っていると疲れを感じるのは一般的なことですが、疲れが続く場合や、ヘビーレッグと呼ばれる脚への重苦しさに代表される症状を発症している可能性があります。これは、多くの人が考えるよりも一般的な症状です。

幸いなことに、ヘビーレッグは深刻な健康状態ではありませんが、日常生活における様々な活動を制限する可能性があるため、正しくコントロールしながら症状や状態を注意深く観察する必要があります。

英語でヘビーレッグシンドローム呼ばれる症状は、慢性の静脈不全や脚の静脈に影響を与える健康問題から生じる一連の自覚症状を説明するために使用される用語で、世界人口の20-30%に影響を及ぼします。その中でも、50歳以上の人々の50%に発症し、女性では5倍多く見られるのが一般的です。また、肥満の人や座りがちな生活習慣の人、または立っている時間が多い人も発症しやすいと考えられています。

残念ながら、多くの場合、この健康問題は職業や仕事の内容に直接関係しています。立っている時間や座っている時間が長い場合は、健康全般だけでなく、脚の健康にも悪影響を及ぼす可能性があるのです。

今回の記事では、ヘビーレッグの症状と原因、そして予防または改善するためのヒントについてすべて説明します。

ヘビーレッグとは何ですか?

自然な細胞の老化のプロセスにおいて、細胞壁のサイズが大きくなります。その結果、多くの細胞で構成されている血管が壊れやすくなり、機能が低下します。

静脈の機能は、全身から血液を集めて心臓に戻すことです。脚の静脈は、重力と反対方向に血液を上昇させるため、ポンプ機能を助ける筋肉層に加えて、血液が後退するのを防ぐ小さな弁があります。

ポンプ機能が正常に機能しない場合や、血液が停滞した状態になっている場合に、静脈還流が低下して、ヘビーレッグの最初の症状が現れます。脚の重さ、倦怠感、むくみや腫れなどといった症状で、体液が静脈から体内組織に漏れたときに起こります。

この状態が続くと、静脈壁が過度の圧力を受けるため、静脈壁の中に血液を封じ込める機能を失います。これにより、静脈瘤と慢性静脈不全(CVI)として知られる一般的な血管疾患が現れます。

ヘビーレッグ:脚に感じる重さのすべてについて マッサージ
ヘビーレッグは、静脈還流の低下によって起こる可能性があります。

続きはこちらから:即効性あり!脚のむくみを緩和する8つのヒント

ヘビーレッグの症状

ヘビーレッグの一般的な兆候と症状は次のとおりです。

  • 脚の重さと腫れ
  • 痛み
  • かゆみ
  • 倦怠感
  • 筋肉のけいれん
  • 夜行性感覚異常や脚のしびれ感
  • チクチクとした痛みやこわばり
  • 静脈瘤または蜘蛛の巣状静脈瘤;すべての血液を心臓に戻すことができないため、静脈が拡張します。クモ状静脈は小さくて赤みがかっていますが、静脈瘤は大きくて青みがかっています
  • むくみと腫れ:立っているときや長時間動かないときに悪化します

これらに加えて、ほとんどの場合、最も一般的な症状はかゆみ、重さ、痛みです。

脚の見た目に影響を与える要因は何ですか?

ヘビーレッグを発症しやすい要因を次にご紹介します。これらを知ることで予防に役立てましょう。

  • 年齢:さまざまな研究によると、65歳以上の人の静脈疾患を発症する頻度は60%です
  • 個人の病歴(循環器疾患の病歴)
  • 遺伝的素因(家族の発症歴)
  • ホルモン状態(妊娠中や閉経中、または経口避妊薬を服用している場合、またはホルモン補充療法を受けている場合)
  • 足の形:扁平足(歩くときに通常起こる筋肉の収縮が軽減されます)

さらに、以下のような要因がヘビーレッグを悪化させますが、これらは避けることができる、改善可能な要因がほとんどです。

  • 運動不足
  • 何時間も立ったままの状態、または座ったままの状態が続く生活
  • 長時間の日光または熱への暴露
  • リスクの高い仕事:医療従事者、サーバー、ホスピタリティ業界に勤務する人、美容師、家政婦、サラリーマン、運転手、教師、電話オペレーターなど
  • 特に女性の場合、太りすぎや肥満、脚の脂肪組織の増加は、静脈還流を助ける筋肉のポンプ機能を複雑にします
  • 便秘:便秘により腹部の圧迫が上昇し、血液が心臓に逆流しにくくなる可能性があります
  • 静脈還流を妨げる、脚や腰周りがきつい衣服
  • 高温:熱は静脈の拡張を引き起こし、血液が心臓に逆流するのを困難にします。

ヘビーレッグの症状が現れる前に改善すれば、不快感や長期的な症状を避けることができるでしょう。

きついジーンズをはく女性 脚に感じる重たさ
ヘビーレッグを引き起こす可能性のある様々な要因がありますが、その一つが、必要以上にタイトな洋服です。これらの要因は、改善が可能です。

こちらもご参照を:悪くなった脚の血液循環を改善する7つの方法

ヘビーレッグの予防と緩和に役立つヒント

ヘビーレッグの予防に役立つ主な解決策は、ライフスタイルや生活習慣の改善です。ヘビーレッグを引き起こすような脚の状態の予防や発症した場合の症状の緩和に役立つ対策を次にご紹介します。

  • 足を上げた状態を維持する: 1日2〜3回、少なくとも30分間足を上げます。座った状態で、体をアームチェアで支え、脚を交差させずに、両脚を腰の高さより上に上げます。
  • 1日30〜60分以上の運動:毎日運動をしましょう。専門家は、水泳やサイクリングなどの有酸素運動や、ピラティスやヨガなどの運動を推奨しています。脚を使ったウエイトリフティングは避けてください。
  • 太りすぎの予防:太りすぎないよう、低カロリーの食事療法に従ってください。
  • 熱さや日光への過度の露出を避ける:冷水浴はヘビーレッグに有効な場合があります。
  • 足を約10〜20cm上げて寝る
  • きつい服や靴は着用しない:皮膚が呼吸できるように、天然繊維で作られた衣服を使用するのが最善の方法です。一部のヒールはヘビーレッグの緩和に有効ですが、ハイヒールは避けてください。
  • 便秘の予防:新しいライフスタイルや生活習慣を確立して、毎日の排便パターンを確立するようにしてください。
  • 血圧のコントロール
  • マッサージ:足元からマッサージを行うことで、血液循環を促進しながら、足首に水分が蓄積されるのを軽減します。
圧縮治療 ヘビーレッグ:脚に感じる重たさ
医療専門家は、ヘビーレッグの緩和に、着圧ソックスや包帯などの治療オプションを提案します。

治療法

ヘビーレッグは深刻な健康問題ではありませんが、多くの人が悩む一般的な問題になっています。現在、医療専門家は次のような治療方法を推奨しています。

  • 圧縮療法:これは、圧縮効果のある弾性ストッキングや靴下を使用して脚に圧力を加える方法です。専門家の指導のもとで、適切な圧縮、サイズ、そして種類を選択する必要があります。どのタイプが必要かに関しては個人差があるため、必ず専門家に相談してください。
  • ハイドロセラピー:冷水シャワーまたは冷水とぬるま湯を交互に使うシャワーとマッサージを組み合わせるハイドロセラピーは、静脈の循環を刺激するのに役立つ水療法です。
  • フィトセラピー;いくつかの薬用植物を使うフィトセラピーは、血液循環を改善するのに役立つ植物療法です。ただし、専門家が推奨し、薬剤師が監督するフィトセラピーのみを使用してください。使用する植物の例としては、イチョウ、ブッチャーズブルーム(ナギイカダ)そして、マンサクなどがあります。
  • 薬物療法:医師の処方と指導によるベノトニクスの投与により、静脈還流の改善を目指す方法です。
  • 血管手術:これは症状が極端な場合にのみ行われる手術です。

今回ご紹介したように、ヘビーレッグは早期に発見して治療を開始しないと、患者の生活の質に影響を与える可能性のある健康問題です。初期症状や兆候に関しては、必ず医師に相談して、適切な診断を受けてください。