静脈瘤を予防する10のアドバイス

· 4月 2, 2018
健康維持を心がけながら継続して運動を行うことで、体重の増加を予防するだけではなく、血行を促進して静脈瘤の発症を予防することができます。

静脈瘤は女性の審美面に影響を及ぼす問題の一つであり、紫色の腫れた静脈は女性が自信を持ってお洒落ができなくなるなどの弊害があります。

また静脈瘤は、外見上の問題だけではなく、血液の循環をはじめとする循環器系の問題を発症している兆候の一つだと覚えておくことが大切です。

静脈瘤そのものは深刻なものではありませんが、他の健康上の問題などを併発する傾向があります。このため、静脈瘤の予防と治療のためにも、健康的な生活習慣を身につけることが重要です。

静脈瘤の原因となる要因のいくつかの中には、自分でコントロールできないものありますが、コントロールできる要因を見つけて対処することでリスクが大幅に軽減されます。

静脈瘤とは?

静脈瘤の症状

静脈瘤とは、静脈の壁が何らかの要因で薄くなり、静脈についている逆流防止の弁の動きが悪くなり、逆流が起こるなどして血管が膨らむ循環器病です。

静脈瘤は様々な場所に発生する可能性がありますが、体重や重力による圧力、そして特定の姿勢によって過負荷が発生する可能性と、心臓に遠いこともあり、そのほとんどは足(下肢)に現れます。

静脈瘤には赤みがかったものや紫色のものがあり、周りからもすぐにわかるような症状が現れるために、審美面でも問題とされています。

男女問わずどの年齢でも発症するリスクはありますが、特に高齢の方や女性が発症しやすいといわれています。

静脈瘤の発症に影響を及ぼす要因のいくつかをご紹介します:

  • オーバーウエイトや肥満
  • 妊娠
  • 家族の病歴
  • 姿勢、座る姿勢、または歩き方の悪さ
  • 血液循環や循環器系の問題

静脈瘤の症状

静脈瘤と聞くと、静脈の浮腫だけがその症状と考えがちですが、実は様々な症状を引き起こす病気です。

  • 静脈の隆起
  • 脚の痛み
  • 脚を重く感じる
  • 下肢の燃えるような痛み、痙攣、腫れ
  • 静脈瘤の出血
  • 皮膚の状態の変化
  • 静脈の硬化

静脈瘤を予防する10のアドバイス

ライフスタイルを改善し、不健康な生活習慣にブレーキをかけることで、静脈瘤の出現を予防または遅延させる効果的があります。これからご紹介するアドバイスをぜひご覧ください!

1. 同じ姿勢を避ける

姿勢

何かの理由で、同じ姿勢、例えば「立ったまま」または「座ったまま」の姿勢を維持しなくてはいけない時は、少なくとも数分ごとに姿勢を変えることが大切です。

長時間にわたって同じ姿勢で座っていると、血行に悪影響を与えて静脈瘤が発症する原因になります。

2. 冷たいシャワーを浴びる

冷たいシャワーを浴びるのは、実は血行を促進する効果的な療法の一つです。温かいシャワーを浴びるとリラックス効果が高まりますが、実はぬるま湯や冷水でのシャワーにはより多くの効能があります。

3. 体型に合う衣服を身につける

ジーンズなどのきつすぎる衣服を身につけると、静脈瘤が発症しやすくなります。ゆったりとした衣服や、体に圧迫感を与えない衣服を選びましょう。

4. 直射日光や熱にさらされないようにする

直射日光

紫外線や太陽の光、そして高温に長時間さらされると、血行に問題が生じて体液貯留などの原因となり、静脈瘤を引き起こすリスクが高まります。

直射日光や過剰な暖房を避けることが大切です。

5. 着圧靴下を使う

着圧ソックスと呼ばれる静脈瘤の治療に効果的なアイテムを使い、血行問題と静脈瘤を解消することが大切です。

6. ハイヒールの着用を控える

おしゃれの一環としてハイヒールを履く人も多くいます。非常に魅力的で美しいハイヒールですが、足のむくみを引き起こして静脈瘤を発症させる原因となるため、注意が必要です。

こちらの記事もご参考に:ハイヒールをやめる5つの利点

7. 運動を行う

エクササイズ

どのような運動でも、血行促進に高い効果を発揮します。そのため、静脈瘤にお悩みの場合は、毎日の生活に運動を加えることが大切です。自宅での運動やジムでの運動、どちらでも効果が期待できます。

8. 食生活を改善する

血液の循環を促進するためには、健康的な食生活が欠かせません。

ビタミン、ミネラル、抗酸化物質、そして脂肪酸は、循環器系の健康やバランスを保つためにも大切な栄養素です。

9. 体重の増加を防ぐ

体重の増加に悩んでいる人は、栄養士や専門家のカウンセリングを受けて、自分にあった健康的な食事法を心がけてください。

ただし、「魔法のようなダイエット」などという宣伝に惑わされてリバウンドをしないよう、専門家の指導による健康的な食事を行うことが大切です。

10. お茶を飲む

リンパ系や循環器系の機能を促進する働きのある薬用植物や香辛料で作るお茶を飲み、体内に蓄積された毒素を体外に排出してください。

そしてもちろん、静脈瘤の予防にも高い効果を発揮します。

今回ご紹介したアドバイスに加えて、血行を促進しながら炎症を抑えるマッサージや静脈瘤を緩和する治療を受けることも大切です。

静脈瘤は、早期発見が大切です。すぐに対処することで症状が深刻化するのを防ぎます。