静脈瘤を治すために守るべき8つのルール

9月 19, 2018
座りがちな生活を避け食習慣を改善することが、静脈瘤の治療を促進するために血行をよくすることにつながります。

静脈瘤を治すための治療には、血液循環の健康を支える一連の健康的な習慣を含めなければなりません。静脈瘤を軽減するためのさまざまな治療法や化粧品がありますが、いくつかのルールを守ることが先決です。

静脈瘤は、見た目が良くないだけでなく、通常だるさや痛みもあります。

静脈瘤が発生するのはなぜでしょうか? 自然な方法で軽減するにはどうすれば良いのでしょうか? 今回は、多くの人が悩んでいる静脈瘤のこ疑問にお答えしていきます。

静脈瘤とは?

静脈瘤とは血流を一方通行に調整するための弁が弱った時に起こる静脈の膨らみやねじれです。身体のどの部分の静脈でも起こり得ますが、脚に発生することが多いです。

肌の色と違って紫がかっていたり赤みがかっていたりして目立つため、昔から見苦しいものとして捉えられています。さらに、多くの場合見た目でなく、その他の異常を引き起こす健康上の問題です。

 

症状

最も特徴的な症状は以下の通りです。

  • 腫れて膨らんだ静脈
  • 下肢のほてりやだるさ
  • 脚の痛みやけいれん
  • 問題のある静脈の周りのかゆみ
  • 静脈瘤からの出血
  • 静脈の硬化

こちらの記事もどうぞ:
静脈瘤のための5つの自然療法

 

静脈瘤の原因

静脈の弁が適切に機能しなくなると、血液が脚から心臓へ戻るのに困難が生じます。血液が滞留するため静脈が膨らみ、静脈瘤となります。

多くの場合、遺伝的要因から発生しますが、身体的に過度な負荷がかかることや太り過ぎによって悪化することが多いです。また一般に高齢者に頻繁に発生します。発生に関係する要因としては以下のものがあります。

  • 肥満や太り過ぎ
  • 妊娠
  • 歩く姿勢の悪さ
  • 座りがちな生活と足を組むこと
  • 急激なホルモンの変化
  • 循環器系疾患

静脈瘤を治すために守るべきルール

健康的な生活スタイルを維持することが、静脈瘤を治すためにも発生を遅らせるためにも最良の方法です。これにはいくつかの日常のルーティンを変えたり、血行に影響を与える悪習慣をやめたりすることが含まれます。

 

1. 同じ姿勢を維持しない

ソファで脚を触る女性

長時間同じ姿勢でいると、静脈瘤を悪化させます。

何らかの理由で立ちっぱなしや座りっぱなしを維持しなければならない場合は、少なくとも数分間、脚や脚を動かしたり姿勢を変えるための休憩をとることが理想です。

 

2. 脚を上げる

静脈瘤を治す助けになるとても簡単なエクササイズとして、脚上げ運動があります

この運動を行うと筋肉がゆるみ、血液が上半身に戻りやすくなります。毎日仕事をした後に行うのがおススメです。

 

3. エクササイズをする

どんなスポーツであれ運動をすることは、循環器の健康のためにも体重維持のためにも多くのメリットがあります。

目的が静脈瘤を治すためなら、継続的なエクササイズの習慣をつけることが大きなサポートになります。

 

4. マッサージをする

下肢の血行を刺激するための治療法の一つとして、マッサージがあります。

マッサージによって血行が良くなるので、膨らんだ静脈を最小限にするための良い選択肢だと言えます。

こちらの記事もどうぞ:
静脈瘤を目立たなくするアロエの自然療法

 

5. 冷水シャワーを浴びる

暖かいお湯でのシャワーやお風呂はリラックスでき疲れを癒してくれます。静脈瘤対策としては、冷水でのシャワーの方がメリットがあります。

シャワーを浴びる女性

実際ふくらはぎに直接冷水シャワーをあてると、だるさや腫れが落ち着きます。

 

6. 身体にぴったりした衣服を避ける

身体にぴったりと密着した衣服は、静脈瘤がある場合にはおすすめできません。そういった衣服は身体を圧迫し、脚から心臓への静脈還流を困難にするので、静脈瘤がなくてもなるべく避けるべきです。

 

7. 食生活を改善する

オメガ3脂肪酸、抗酸化成分、食物繊維が豊富な食品は、静脈瘤を治すのに大きく貢献してくれるでしょう。これらの成分を含む食品は、血行を良くし心血管系の健康を守ります。

 

8. アルコールとタバコを避ける

アルコールの摂り過ぎ、タバコの吸い過ぎは、身体に多くのネガティブな影響を及ぼします。その一つが血行の問題と静脈瘤の発生です。有害物質は動脈を劣化させ、血液の通過を困難にします。

 

まとめ

静脈瘤を消す専門的な治療法はいろいろありますが、今回ご紹介したアドバイスが再発生を予防します。そのためこれらは一時的に行うものではなく、生活スタイルとして定着させるべきものです。

  • Jawien A. The influence of environmental factors in chronic venous insufficiency. Angiology. 2003;54 (Suppl 1):S19-31
  • Bass A. The effect of standing in the workplace and the development of chronic venous insufficiency. Harefuah 2007;146(9):675-6, 734-5.
  • Rodrigo JA, Villa R. Guías de manejo de la insuficiencia venosa crónica. Guías Clínicas [en línea]. 2000, vol 2 N°21. [citado el: 15 de Diciembre de 2008].