静脈瘤のための5つの自然療法

4月 18, 2018
循環器系の病気の中でも最も一般的なものの一つに静脈瘤が挙げられますが、これには様々な原因があります。自然療法を用いて今日から治療を始めましょう。

静脈瘤を治療するためには、必ずしも薬物療法に頼らなければいけないわけではありません。実は様々な自然療法によって治療することもできるのです。

静脈瘤は見た目に影響があるだけでなく、器官の健康状態にも関わる疾患で、体に不調や不快感を引き起こします。中でも「足が重くなる」というのは静脈瘤の患者の多くが訴える症状です。

静脈瘤とは血管がふくれてこぶ状になる病気です。下半身の血流が妨げられるため、血液が心臓に戻るときにも血流が悪化してしまうことがあります。世界的に見ても非常に一般的な病気です。

静脈瘤の原因

ソファに座る肥満女性

一般的に静脈瘤は血行不良によって引き起こされます、その他にも以下のような要因が関係していることがあります。

  • 遺伝
  • 高コレステロール
  • 運動不足
  • 高血圧
  • 肥満

また、心血管の健康に気を付けていないことも静脈瘤を引き起こす要因となるでしょう。年に一度は健康診断を受けましょう。家族に病歴のある場合や、本人にも心血管系の疾患がある場合には特に気を付ける必要があります。

静脈瘤の治療は可能ですが、やはり予防するに越したことはありません。様々な自然療法があり、思っているほど複雑でもないのです。

こういった意味では、静脈瘤の治療法は薬物療法だけではありません。また、手術が行われるのは最も重症のケースのみであることがほとんどです。

静脈瘤の予防法

水を飲む女性

最も大切なのは、健康的な習慣を身につけてバランスのとれた生活を送ることです。このようなことに気を付けましょう:

  • 健康的な食生活
  • 水分をしっかりとる
  • 運動習慣をつける
  • 長時間立ちっぱなしや座りっぱなしになることを避ける

また、以下のような事柄も生活に取り入れてみましょう:

  • 2時間ごとにストレッチをする(オフィスにいる間のみでも可)
  • シャワーを浴びているときに水温を変える。これによって血行を改善することができます。お湯を使う場合は、38℃以上にしないように気を付けましょう。
  • 血流を良くするため、時々足を上げる
  • マッサージオイルなどを使って1日に15~20分ほどマッサージをしても良いでしょう。
  • 締め付けのきつい衣服は避ける
  • 快適な下着をつける
  • 足を熱にさらしすぎない。アウトドアでは日焼け止めを使用しましょう。

静脈瘤のための自然療法

ハーブティー

静脈強壮剤や血管保護剤には幅広い種類のものがありますが、静脈瘤は自然療法を用いて治療することもできます。その効果は利用する頻度によっても変わります。

リストにある材料は血行促進効果が認められているものばかりなので、静脈瘤の治療薬にも使われていることがあります。また、これらの多く(にんにく等)には抗炎症作用もあります。

  • にんにく
  • ミント
  • ベイリーフ
  • ユーカリ
  • マリーゴールド
  • アロエヴェラ
  • にんじん
  • シーソルト
  • トクサ
  • セイヨウトチノキ

静脈瘤の自然療法に使える材料の中でも有名なのがアロエヴェラです。美容効果も期待できるでしょう。アロエのジェルを凍らせて直接足に使用すると、血流を促すことができます

また、ミントやベイリーフ、ユーカリなどの植物にはリフレッシュ効果があり、静脈瘤の治療にとても役立ちます。トニックやローションとして直接肌に塗りましょう。トニックは重曹を使って作ることができます。

ベイリーフやマリーゴールドは静脈瘤に効くペーストを作るのに最適です。ペーストを夜に塗り、朝までつけておきましょう。茎を利用するとリフレッシュ感のあるトニックを作ることができます。

お風呂にシーソルトを入れるとリラックスでき、血行をぐんと改善することができます。さらに少量のリンゴ酢を加えると、効果を高められるでしょう。

こういった自然の素材を使うことの利点は、薬に頼るよりもずっと経済的だということです。ただし、自然療法だけを使って治療しようとしてはいけません。必ず医師の勧める方法と合わせて利用するようにしましょう。

あなたへおすすめ