下肢静脈瘤に効くナチュラルな局所療法と経口療法

· 4月 23, 2018
下肢静脈瘤は、最も一般的な足のトラブルの一つです。健康な生活スタイルは大変重要です。今日は、ここで下肢静脈瘤を防ぐ局所療法や経口療法を紹介します。

今日の記事では、下肢静脈瘤をどんな副作用もなく効果的に治療できる自然な局所療法と経口療法をご紹介します。

なぜ下肢静脈瘤は現れるのか?

足の検査

下肢静脈瘤は、心臓へ向かって流れる静脈還流が複雑化することで苦しむ症状です。

血液が正常に流れないため、血液が血管の壁に蓄積し、血管を膨張させることで下肢静脈瘤を引き起こします。

静脈瘤は、引力で状態が悪化するため体内で最も頻発するのは脚で、心臓への血流を複雑にします。

下肢静脈瘤には様々な程度があります。

初期段階では、静脈瘤は見た目でわからないほど細く、くも状静脈のように見えますが、治療されないままだと、時が経つにつれ、血管が肥大し、黒くなり、広がります。

リスク要因

以下のような要因は、下肢静脈瘤にかかる確率を高めます。

こちらもご参照を:座りがちな仕事をしている人に良いヘルシーフード

局所療法

エッセンシャルオイル(精油)

足のマッサージ

エッセンシャルオイルは、脚のスクラブ剤や保湿クリーム、植物性オイルなどと合わせることで、その効果を高めるのに役立ちます。

血行を促進し、下肢静脈瘤を防ぐのに一番よく効くエッセンシャルオイルは、ウィッチヘーゼル、ホースチェスナット、またはサイプレスです。

多くの植物に含まれる活性成分が、少量のオイルの中に凝縮されているため、数滴で十分です。

エッセンシャルオイルを使うときは、常に脚の下から上に向かってマッサージをしてください。

こちらもご覧ください:効果抜群!マッサージするべき体の部位6選

ドライブラッシング

ドライブラッシングのテクニックは、血行促進やリンパのドレナージに最適です。

また、ドライブラッシングは下肢静脈瘤やセルライト、肌のたるみや妊娠線を防ぐのにも役立ちます。

肌を心臓の方向へ向かってブラッシングするのに必要なのはブラシだけです。1日に数分で効き目があります。

アロエベラゲル

アロエベラと足

下肢静脈瘤を持つ人はよく重みで下がるような感覚や脚の痛みで苦しむことがあります。

長い一日を終えて家に帰った時は特にそうなる場合があるかもしれません。

この感覚を緩和するためには、天然アロエベラゲルを使うといいでしょう。

お好みで、ペパーミントのエッセンシャルオイルを数滴足してもいいでしょう。

ペパーミントのエッセンシャルオイルは大変爽やかでうっ血性のある添加物になる上、気持ち良い香りもします。

冷却効果もあり、適度なマッサージでその効果を最大限に引き出すことができます。

経口療法

赤い食べ物

赤いフルーツ

経口療法は、主に新鮮なフルーツや野菜、特に赤色のものを含むバランスの取れた食生活を基本としています。

これらは血行を促進し、心臓の機能を改善します。

  • トマト
  • レッドペッパー
  • カイエンペッパー
  • 赤いフルーツ:いちご、サクランボ、ラズベリー、クランベリーなど
  • スイカ
  • ざくろ
  • 赤リンゴ

薬草

薬草の中には血行を改善し、下肢静脈瘤が形成されるのを防いでくれるものがあります。

  • ウィッチヘーゼル
  • ホースチェスナット
  • ナギイカダ
  • サイプレス
  • ローズマリー
  • センテラ
  • イチョウ

薬草をお茶に煎じて摂取するとよいでしょう。

もっと即効性と強い効き目のあるものを望むのであれば、カプセルやタブレットとして摂ることもできます。

その他のアドバイス

エクササイズ

局所療法や経口療法を使用することに加え、以下のようなシンプルで効果のあるアドバイスを毎日の生活で実践するとよいでしょう。

  • タバコや飲酒は避けましょう。
  • 30分以上続けて座らないようにしましょう。血液を動かすには、数秒間立ち上がって時々ストレッチするだけで十分です。
  • 夜や自宅で休む時は、枕を使ったり、ヨガのインバージョンのポーズをしたりして足を体より高い位置に保つようにしましょう。
  • 温かいお湯でシャワーを浴び、常に冷水を下から上へ向かって脚にあてて終わらせましょう。血行を促すために冷水とお湯とに交代に切り替えることも大変役に立ちます。
  • より良い血行を促進するツボを押してくれる特殊な靴下やタイツもあります。
  • 心地よい服や靴を身に付けて、毎日最低30分間は散歩に行きましょう。
Gloviczki, P., Comerota, A. J., Dalsing, M. C., Eklof, B. G., Gillespie, D. L., Gloviczki, M. L., … Wakefield, T. W. (2011). The care of patients with varicose veins and associated chronic venous diseases: Clinical practice guidelines of the Society for Vascular Surgery and the American Venous Forum. Journal of Vascular Surgery. https://doi.org/10.1016/j.jvs.2011.01.079 Ombrellino, M., & Kabnick, L. S. (2005). Varicose vein surgery. Seminars in Interventional Radiology. https://doi.org/10.1055/s-2005-921951 Wolinsky, C. D., & Waldorf, H. (2009). Chronic Venous Disease. Medical Clinics of North America. https://doi.org/10.1016/j.mcna.2009.08.001