静脈瘤を目立たなくするアロエの自然療法

活動的な生活を送り水分を十分に補給することで、血流を良くする助けになります。また、静脈瘤が出来る前兆がある人は、一日の終わりに少し時間を取って足を高い位置に置くことで、不快感が和らぐ場合もあります。
静脈瘤を目立たなくするアロエの自然療法

最後の更新: 18 9月, 2020

アロエは、外用と内服の両方で静脈瘤対策としてよく使われる材料です。医師の治療に加えた補助的な対策法として考えられています。

足に静脈瘤がある人には、体液の滞留、足のむくみ、足が重たく感じるなどの症状が現れることが良くあります。これらは全て、生活習慣、特に座りっぱなしの生活スタイルを見直すべきだというサインです。

より活動的な生活スタイルにするのに加えて、飲み食いするものにも気を配る必要があります。この点で、水分源である飲み物が大きなカギを握ります。

毎日の十分な水分補給は、体が全ての働きを正しく機能させるのを助けます。更に、体液の滞留と言った症状が悪化する前に改善する助けにもなります。

この意味で興味深いのが、アロエが水分補給の補助として役に立つと一般的に言われていることです。

静脈瘤:多くの人に見られる症状

青い手袋をして静脈瘤を確認

静脈瘤は、心臓血管系に関連した症状の中でも特に一般的なものの一つです。これは静脈の拡張であり、血液が心臓へ効果的に戻れなくなります。特定の唯一の原因は存在せず、遺伝、座りっぱなしの生活、心臓血管系の病気など、一般的に様々な要素が相まって発症します

症状にはさまざまなものがあり、次の症状が一般的です。

  • 足のむくみ(特に足やくるぶし)
  • 静脈瘤がある部位の色の変化
  • しびれやかゆみ
  • けいれん
  • 重量感
  • 痛み

静脈瘤は生活の質を落とす病気ですから、適切な治療を始めるために医師の診察を受ける必要があります。その一方で、自分でできることとしては、少なくとも毎日30分間の運動を欠かさないことです。

ヨガ、ピラティス、ジョギング、水泳などが、健康的な生活を目指したり、静脈瘤の症状を予防・軽減したい人によく勧められる運動の例です。

アロエの自然療法

一般的に、以下に紹介するアロエ・ベラを使った自然療法が水分を保つ助けとなり、体液の滞留と戦う助けとなると考えられています。

ただし、この療法が完全に効果的、またはそれだけで静脈瘤が治るといった科学的証拠はありません。そのため、あくまで症状の一時的な緩和であると捉えてください。

健康的な生活習慣無しでは、どんな飲み物、食べ物、または家庭療法も、体が必要とするもの全てを供給することはできません。

アロエの果肉

材料

  • 水 1/2リットル
  • アロエの葉 2枚
  • 人参 12g
  • ハチミツ お好みで

方法

  • ニンジンの皮をむき、薄切りにします。
  • 切ったニンジンを洗って水をよく切ります。
  • 鍋で水を沸かします。
  • 沸騰したらニンジンを入れます。
  • ニンジンが柔らかくなるまでゆでます
  • その間に、アロエの葉の皮をむき、葉肉を取り出します。水を流しながら、葉肉の周りの黄色い液体が無くなるまで洗います。これを冷蔵庫で保管します。
  • ニンジンに火が通ったら火を消し、冷めるまで少し置きます。
  • その鍋にアロエの果肉を加えます。
  • これをミキサーかブレンダーにかけ、ペースト状になるまでよく混ぜます。
  • 適量を守って飲みましょう。

その他の注意点

  • 飲む量は、一日コップ一杯を超えないようにしましょう。アロエには下剤としての効果があり、下痢や痛みと言った症状が現れる可能性があります。
  • お好みでハチミツを少量加えることが出来ます。ただし、入れすぎないように気を付けましょう。
  • 冷蔵庫で最大2日保存可能です。
  • バランスの取れた食事の一部として、おやつや市販の飲料の代わりに飲むことが出来ますが、この飲み物だけを一食の代わりにしてはいけません。
  • ニンジンをその他の水分量の多い野菜(そのような野菜は食物繊維が豊富で利尿作用もある)に置き換える人もいます。スイカ、メロン、キュウリなどがその例です。
  • 少し味が物足りない場合には、レモン汁を少量加えることも出来ます。

アロエの他には何をすれば?

健康を維持し、静脈瘤や足にできる線などを防ぐためには、十分な水分補給、適切な運動、そして健康的な生活スタイル全般が何より効果的です。