静脈瘤を目立たなくするアロエの自然療法

· 3月 20, 2018
今回は、静脈瘤を目立たなくするためのアロエを使ったシンプルな自然療法をご紹介します。短期間で効果が感じられるでしょう。

今回ご紹介するアロエを使った自然療法は、それだけで効くものではありません。つまりバランスのとれた食生活や日々の運動の習慣などの健康的な習慣によって、その効果が上がるものです。

座りがちな生活の人が多い傾向にある今日、健康に留意することが日々ますます重要になってきています。特に最も影響をうけやすいシステムの一つである心血管系の健康に気を付けなくてはなりません。

血行不良による最も一般的な心血管系疾患の一つに、静脈瘤があります。この病気は静脈の拡張によって、血液が心臓へ効果的に戻らないことで起こります。

遺伝と生活スタイル以外に、立ちっぱなし、または座りっぱなしの時間が長いことも静脈瘤の発生に影響があります。

そのため血行を良くするために休憩をとる必要があります。じっとしていないで動いたり、横になって足を上げることがおすすめです。

症状にはさまざまなものがあり、次の症状が一般的です。

  • 足のむくみ(特に足やくるぶし)
  • 静脈瘤がある部位の色の変化
  • しびれやかゆみ
  • けいれん
  • 重量感
  • 痛み

静脈瘤は生活の質を落とす病気ですから、適切な治療を始めるために医師の診察を受ける必要があります。

他方、自分でできることとしては、少なくとも毎日30分間の運動を欠かさないことです。

おススメの心血管運動

 

アロエの自然療法

アロエの果肉

材料

  • ニンジン 1本(120g)
  • リンゴ酢 大さじ3(30ml)
    • 他の酸を含む製品同様、身体をアルカリ性に保つ働きがあり、血液中の毒素を取り除く助けとなります。
  • アロエの葉 2枚
    • この植物の効能としては2つあります。一つは血管を再生すること、もう一つは皮膚の毛穴をきれいにすることです。これは有効成分を吸収しやすくするために重要です。
  • 水 ½リットル

注意…外出の予定がある時はこの療法は行わないでください。夜間に行うのがおすすめです。

方法

  • ニンジンを細かく切ります。
  • 鍋に水を入れて沸騰させます。
  • 沸騰したらニンジンを入れ、火を弱めます。
  • ニンジンが柔らかくなるまでゆでます。
  • その間に、アロエの葉の皮をむき、果肉を取り出します。
  • 柔らかくなったニンジンのペーストにアロエの果肉を加えます。
  • リンゴ酢大さじ3も加えます。
  • なめらかなペースト状になるまでよく混ぜます。
  • 火から下ろし、常温まで冷めたら冷蔵庫に入れます。
  • このペーストは冷蔵庫で最高2日間保存できます。

 

アロエペーストで静脈瘤を目立たなくする方法

青い手袋をして静脈瘤を確認

このアロエペーストの使用方法はとてもシンプルです。しかしより効果を上げるためには、使用の前に次の準備をするのがおすすめです。

  1. 脚のピーリングをします。このステップはとても大切です。外用剤を使う目的は、異常のある部分に直接作用させるためなので、毛穴がきれいであればあるほど効果が出ます。
  2. アロエペーストを脚全体に塗ります。くるぶしから太ももまでが良いでしょう。太ももは静脈瘤が出ている高さまで塗ります。
  3. 40分間そのまま作用させます。
  4. ぬるま湯と石鹸で洗い流します。

 

自然療法を選ぶ利点は、身体に害が及ぶ可能性が少ないことです。ですから健康上のリスクを冒さず試すことができます。

静脈瘤は、血流が本来あるべきように機能していないという大きな問題を示していますが、別の視点から見れば、生活スタイルを正したり改善したりする時間があるということです。

静脈瘤は、問題が進行して心血管障害や脳血管障害を起こしてしまう前に対処する可能性を与えてくれる警告だと言えます。