1日30分歩く利点

· 9月 19, 2015

ウォーキングは、手軽で効果的なエクササイズの一つであることをご存知ですか?

テクノロジーの発展が私たちの生活を便利にした結果、健康的なライフスタイルが失われ、1日に歩く時間が減っている人が増えています。

歩くことは、筋肉を動かしてカロリーを消費するための手軽な方法の一つで、日課として続けられるエクササイズです。

ウォーキングの効果を最大限に得るためには、1日30分以上休まずに歩き、徐々にペースを上げていくのが良いでしょう

1日30分歩くことの利点について、もっと知りたくないですか?

こちらの記事もご参考に:毎日のウォーキングで人生はどう変わる?

心臓を強くして、心血管疾患を防止

心臓

日本心臓財団によると、ウォーキングをはじめとする有酸素運動は、心肺機能を高めるとともに循環器疾患の危険因子である高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、ストレスなどを予防、改善するのに役立ちます

1日少なくとも30分歩くことで、心臓病脳卒中の危険性を最高27%減らし、血液の循環を改善して、悪玉コレステロール(LDL)を減少させ、善玉コレステロール(HDL)を増やすのを助けます。

特定の病気のリスクを減らす

多くの調査によると、1日30分以上歩く人は、2型糖尿病、喘息、大腸がん、乳がん、子宮がんなどを発症するリスクが低下する傾向があることが明らかになりました。

理想的な体重の維持を助ける

2-体重

良いペースで毎日歩くことは代謝の高め、脂肪の燃やすのを助けます。

適度なペースで歩くことで、筋肉量を増やして体を引き締めながら、より多くのカロリーを消費します。

骨粗鬆症を予防

毎日歩くことは、骨を刺激して強くし、骨密度を上昇させます

この健康的な運動は、特に女性に推奨され、骨粗鬆症や関節炎などの病気を発症するリスクを低下する効果があると言われています。

足、ヒップ、腹筋を鍛える

ヒップの脂肪

良い姿勢で毎日30分歩くことは、足を強くし、筋肉を鍛えて引き締めます

またヒップを鍛えて引き締め、ヒップアップする助けとなります。また腹部の脂肪を燃やして、腹部全体を引き締めます。

こちらの記事もご参考に:引き締まったヒップの手に入れ方

認知症の予防効果

研究によると、65才以上の14人に1人、80歳以上の6人に1人が痴呆を患う傾向があることを示しました。

1日30分以上休みなく歩くことによって、年を重ねても、脳細胞の死を防止し、記憶力をキープすることができます

運動は脳細胞を刺激して保護し、認知症などを発症するリスクを低下させるのに役立ちます。

エネルギーのレベルを上げる

歩くときに全身を使うため、体内の血液の循環と細胞への酸素の供給を増やします

このため、一日中エネルギーを維持しながら健康的に過ごすサポートをします。

うつ症状の緩和

うつ病

1日30分間歩くことで、気分を改善させ、うつ症状に悩んでいるときにはその症状を緩和するのに役立つと言われています。

NHK健康チャンネルにおいても、軽度のうつ症状へのウォーキングの効果がとりあげられています。

肥満を防止して、セルライトを減らす

1日30分のウォーキングは、代謝に勢いをつけ、体から毒素と過剰な脂肪を除去するのを助け、肥満を予防します。

脂肪の燃焼を促進することに加えて、歩くことは体液貯留を防ぎ、血行を刺激し、脂肪の形成を妨げます

引用サイト:日本心臓財団