体液貯留の症状を和らげるための3つのアドバイス

6月 5, 2017
体液貯留やむくみに苦しんでいませんか? 体液貯留の症状がある時は、食事に特別な注意を払い、運動不足にならないようにする必要があります。この記事で詳しく学んでいきましょう!

体液貯留は、誰にでも起こりえます。体液貯留についてよく知らないと、色々な問題が起こります。例えば、この症状は女性のみ起こると思い込んでいる人が大勢いますもちろん、女性の方が体液貯留の症状が出る確率が高いですが、男性だからといって、絶対にこの症状に悩まされないわけではありません。

私たちの身体は、驚くべき働きをしていますが、器官のバランスが崩れた時に様々な問題が起こってしまいます。

体液貯留とは何か?

体液貯留について、正しい知識を持つために、まず以下のことをはっきりさせておきましょう。

  • 体液貯留の特定
  • 体液貯留の原因の判明
  • それによる身体への影響

体液貯留は、身体の組織の大部分に液体、主に水が溜まってしまった結果として起こります。

主な要因は、体液の循環をコントロールするホルモンのバランスが崩れることによるものです。

 

体液貯留はなぜ女性に多く起こるのか?

女性は、月経周期の第二段階にいる時に体液貯留が起こる傾向があります。第二段階とは、排卵から生理前までの期間のことです。

これは、血液中のプロゲステロンの濃度と関係しています。

他の要因として、経口避妊薬(ピル)の使用も挙げられます。

その他の要因

先ほどお伝えしたように、男性にも体液貯留は起こる可能性があります。それには、以下の理由が挙げられます。

  • 太り過ぎ
  • 長時間、座っている、立っている、同じ姿勢で横たわっている
  • デスクワーク中心の生活

体液貯留の症状の見極め方

これは病気なので、多くの症状が現れます:

  • 関節の痛み
  • 身体の様々な部分(脚、腕、手、胸、腰)への不快感
  • 腹痛
  • 洋服がきつく感じる
  • 身体の一部分が他の部分よりも大きい
1-fluid-retention

体液貯留の症状のコントロール法

ほとんどの人が、様々な要因で体液貯留を経験しますが、普通は簡単に症状をコントロールすることが可能です。

症状を軽減するために、これらのアドバイスに従ってください。それでも症状が改善されない場合には、かかりつけの医師に診てもらうことをお勧めします。

1.マッサージを受けるか、散歩をする

体液貯留の原因の一つは、運動不足です。

デスクワーク中心の生活を送っていると、体内の循環が不十分になります。これは、身体全体のだるさにも繋がってきます。

これらの症状を避けるためにも、短めの散歩をお勧めします。そうすると、すぐに身体が正常な循環に戻ろうと働きます。

もし、疲れていて散歩に行けない場合には、むくんでしまった部分をマッサージするのも効果的です。

2.砂糖と塩の消費をできるだけ控える

砂糖を大量にとると、体内に蓄積してしまう傾向があります。最も有害なのは、飴やお菓子などです。

砂糖はしっかり吸収されずに、体内の器官に留まってしまいます。

砂糖は量を減らすだけでも良いですが、塩は、体液貯留の症状に苦しむ人にとっては、天敵となります。塩は体液を適切に循環させ、体外に排出するプロセスを妨げる傾向があるからです。

塩の消費をできるだけ、減らすことが勧められています。

3.健康的な食生活

eat-healthy-500x347

健康的な食事は、体液貯留だけではなく、全ての健康状態に関わってきます。

ですから、健康に過ごしたい場合には、新鮮な食品を食べることが最も重要です。バナナ、タマネギ、ブルーベリー、魚、クルミ、アーモンドなどが特に体液貯留の症状を和らげるのを助けます。

これらの食品には、ナトリウムを排除し、利尿作用、抗炎症性が含まれているためです。

 

あなたへおすすめ