体液貯留を予防する6つの方法

· 5月 9, 2018
四肢のむくみを感じていませんか? 脚に痛みや重さを感じませんか? もしそうなら体液貯留かもしれませんので、今日ご紹介した推奨事項を参考に、体液貯留を解消し、より深刻な問題に進展するのを防ぎましょう。

自然療法を使って体液貯留を予防することができるって知っていましたか?

体液貯留は浮腫としても知られており、体の組織に体液が蓄積され炎症を起こした時に起こります。

通常の感覚でいうと、これは病気ではありません。ですが、何度も起こる場合は、体の中の何かがおかしいというサインでもあります。

一般的に、体液貯留が定期的に起こるのなら、急なホルモン的変動、循環トラブル、リンパ系の妨害などに関連しています。

体液貯留による炎症の程度はひどいものではないかもしれませんが、時には痛みやコリ、毎日の生活に影響を及ぼすような症状を伴う場合があります。

体液の蓄積をコントロールする方法以外に、健康的な習慣を行うことで体液貯留を改善することが可能です。

今日は、毎日の生活に取り入れたい体液貯留の予防方法を6つご紹介しましょう。

1. 水や体に良い飲み物を飲む

水

水や健康的な飲みものを日常的に飲むということは、体液貯留の予防や解消に効果的な方法です。

多くの人が勘違いしがちなのですが、水を飲むことは体液貯留を促すことではありません。逆に、腎臓を通して体液の除去を促す方法でもあるのです。

利尿作用と洗浄効果によって体内から老廃物の除去が促され、体液貯留をコントロールします。

お勧め

  • 1日あたりグラス6〜8杯の水を飲みましょう。
  • 水を多量に飲むのが苦手だという人は、お茶や天然のフルーツジュースを加えても構いません。

こちらも参照『腎臓を健康に保つ5つのヒント』

2. 十分に眠る

睡眠と体液貯留は関係ないと思う人がいるかもしれませんが、実は良い眠りは体液貯留やそれに関連する健康トラブルの予防に繋がるのです。

体を休めている間、循環が改善され、リンパ系が老廃物の除去を促すのです。

お勧め

  • 睡眠時間は1日あたり連続7〜9時間取りましょう。
  • 睡眠トラブルがあるという人は原因を解明しましょう。
  • 快眠にはお茶などの自然療法を利用しましょう。

3. 塩分を控える

塩

塩はよく使われている調味料の一つです。ですが、過剰に消費すると体液貯留の原因となってしまうでしょう。

塩分の摂りすぎは体の電解質バランスを崩し、過剰な体液の排出が困難になります。

お勧め

  • 料理の際の塩の使用量を控えましょう。
  • 食べ物を購入する際は表示されている塩分量を確認しましょう。
  • ソーセージ、ベーコンなど塩分の多い食べ物の消費を控えましょう。

4. フルーツや野菜を積極的に食べる

フルーツや野菜など新鮮で生の食べ物には抗酸化物質、繊維、水分を始め炎症を予防する沢山の栄養が含まれています。

フルーツや野菜を週に3回以上食べることで腎臓の機能を良い状態に保たれ、余分な体液の除去を促します。

お勧め

  • 水分を多く含む生のフルーツや野菜を積極的に食べる
  • サラダを食べる、天然のスムージーやジュースを飲む

こちらも読みましょう『老化を防止する食べ物』

5. 日常的にエクササイズをする

ランニングをする女性

体を使ったエクササイズを行うことで組織に貯留した体液を除去することができます。

エクササイズ中の動きが循環を刺激し、体から毒素を排出する過程をサポートするでしょう。

また、尿の生成を促すことによって腎臓を守り、尿管を洗浄してくれるでしょう。

お勧め

  • エクササイズは1日30分以上行いましょう。
  • エクササイズをしたことがないという人は、急に激しいものを行わず、慣れるに従って徐々に時間を延ばしましょう。

6. 循環を刺激する

体液貯留を感じるということは、循環が滞っているのだということに気がつきましたか?エクササイズをしない、不健康な食生活、病気など様々な要因が血液の流れを滞らせてしまうのです。

体液貯留がなかなか解消されないという人は、他の療法を試し循環を刺激すると良いかもしれませんね。

お勧め

  • エッセンシャルオイルでマッサージする
  • 熱いシャワーと冷たいシャワーを交互に浴びる
  • 温湿布をする
  • 帰宅したら足を上げるようにする
  • スイミングをする

四肢のむくみを感じていませんか?脚に痛みや重さを感じませんか?もしそうなら体液貯留かもしれませんので、今日ご紹介した推奨事項を参考に、体液貯留を解消し、より深刻な問題に進展するのを防ぎましょう。