腎臓を健康に保つ5つのヒント

十分な水分を摂ると、毒素を体の外に排出してくれるので十分な水分補給は健康な腎臓を保つのにとても大切です。

腎臓は私達にとって、とても大切な臓器なので、健康に保たなければいけないという漠然とした事は多くの人に知られています。ではどうしてそんなにも腎臓の健康が重要なのでしょうか?

腎臓は、体の中のフィルターそして水、塩分、イオンの取り入れ、排出を司る臓器です。

血液の中に残された毒素を綺麗にする役割もあり、泌尿器系のなかで一番大切な器官とされています。

なぜ健康な腎臓を保つ事が大切なのかが分かったところで、その健康を保つためにできる5つの事をご紹介しましょう。

1、健康的な食生活

高脂肪、糖分の多い食べ物を食べすぎると、腎臓が働きすぎてしまいます。これは、これらの食べ物には毒素が多く含まれているからです。

毒素が体に溜まってしまう事で、体内を綺麗にするために腎臓は本来の働き以上の働きをしなければなりません。

それに加えて、コレステロール値を一定に保つ事も大切です。

コレステロール値が高い人は、腎臓に問題を抱えている傾向にあります。

高コレステロールは、ファーストフードのような高飽和脂肪食の摂取に関係している事を忘れてはいけません。

この事から、健康な腎臓を保つにはこれらの食べ物を避ける事が大切です。

野菜、果物そしてヘルシーな脂肪を多く含んだ食事を心掛けましょう。

2、投薬はできるだけ避ける

薬局で買える市販の薬の飲みすぎは、腎臓の健康を害する可能性があります。

抗炎症薬や痛み止めは腎臓にダメージを与え、取り返しのつかない健康の問題を引き起こす可能性もあります。

少しの痛みでも痛み止めを医師に処方してもらう人は、その薬のせいで腎臓がより働かなければならない事を覚えておくと良いでしょう。

合法であれ、非合法であれ薬は腎臓や他の器官に問題をもたらします。これは薬に体に良くない毒素も含まれているからです。

最悪な場合、胃がんや肺がんなどの原因になる事もあります。

薬を絶対に飲んではいけない、ビールをやめなければならないと言っているわけではありませんが、飲みすぎは避け、十分な水分を摂り腎臓を守りましょう。

3、塩分を摂りすぎない

塩は普段私達が調理している物、食べている物のほとんどに含まれていますが、摂りすぎても良いというわけではありません。というのも、やはり塩も過剰摂取してしまうと腎臓の健康を害してしまうからです。

ほとんどの食べ物に含まれているからこそ、余計に気を付けなければならないと言っても良いでしょう。

塩分を摂りすぎてしまうと、薬と同じで腎臓をいつも以上に働かせてしまいます。体から排出できる以上の量の塩分を習慣的に摂っていると、腎臓結石が出来てしまうのも時間の問題です。

それでは、どのようにして塩分の摂取量を最小限に抑えればよいのでしょうか?料理をするときに使う塩の量を減らすのはなかなか難しいものです。塩分摂取量を減らす第一歩として

を摂る機会を減らすと良いでしょう。

毎食、自分で調理したものを食事の時に食べることが理想的です。もし、どうしても難しい場合は葉物の野菜を積極的に摂り、水を十分飲むようにしましょう。

4、十分な水分を摂る

腎臓は、尿を通して体の余計な毒素を外に排出するので水分、特に水を必要とします。

多くの腎臓疾患の原因の1つに水分不足が挙げられます。

ところが、残念なことに水を飲むことに飽きてしまう人が多いのが現実です。そう言った場合は、ハイビスカスウォーターのようなヘルシーな飲み物を1日2、3杯飲むことをお勧めします。

その他1日に飲むことが推奨されている水2リットルは普通の水を飲みましょう。

気温の高い地域に住んでいたり、活動的な生活をしている場合は、汗から失う水分が多いので少し多めに水分を摂って腎臓の健康を守りましょう。

5、タンパク質と乳製品の摂取量を抑える

人間の体は、機械と同じように何かが多すぎると支障をきたします。

タンパク質や乳製品を多く摂りすぎる事は、腎臓結石とそのほかの腎臓疾患に繋がります。

  • 腎臓結石はカルシウム、シュウ酸塩そしてリンが腎臓の中に蓄積されてできます。
  • もし、結石が小さく砕く事ができれば尿管から排出されますが、ほとんどの場合手術が必要です。

理想は、1日に牛乳2杯以上またはチーズを40グラム以上摂取しない事です。また、タンパク質は植物性のものを摂る事をお勧めします。

 

画像はwikiHow.comのご厚意で使用させて頂いております。

 

 

カテゴリ: 健康習慣 タグ:
あなたへおすすめ