ガンの早期発見につながる血液検査

· 6月 9, 2017
まだ開発研究段階ですが、ガンの早期発見につながる血液検査という新たなガン検査の可能性が広がりました。これは医学の素晴らしい進歩です。

スペイン国立研究協議会(CSIC )が行なった研究では、ガンを初期段階で発見する興味深いデータを収集し、血液検査だけでガンの初期段階の腫瘍を発見できる可能性が明らかになりました。

近い将来、世界中の医療機関で採用される可能性のあるこの手法は、CSICが現在も研究を続けています。シンプルな血液検査だけで、ガンを初期段階で見つける画期的な医学の進歩だと期待されています。

CSICの研究

科学者たちで構成されるCSICのチームは、少量のDNAを拡充する方法を開発しました。

それは少量の血液のみで、分析や検査を行って結果を出すことでき、第二段階では、ガン腫瘍が成長しているかどうかを発見できる可能性があります。

ガンを発見するこの新しい方法は、スペインの病院で用いられ、以下のような効果があることが明らかになっています。

  • ほぼ何も傷つけることなく研究が可能(シンプルな血液検査のみで効果を発揮)
  • 初期段階で腫瘍を発見

スペインにあるCSIC セベーロ・オチョア生体分子センターのルイス・ブランコ氏は、この発見は今後の開発の進度によってはMRIの重要性と同様の効果をもたらすほどの医学の進歩だと語りました。

 

ガンの早期発見方法の研究は続く

この方法は、初期段階で腫瘍を見つける方法としては現時点では唯一の方法であり、他の遺伝性疾患を発見する可能性もある画期的な方法です。

ガンを早期発見するナノセンサーバイオマーカーとして知られており、転移性のある腫瘍の組織を採取することを生検の代替法として期待されています。

 

大腸ガンの特徴

大腸ガンは、大腸(盲腸・結腸・直腸・肛門)に発生するガンで、大腸粘膜の細胞から発生し良性のポリープの一部がガン化する場合と、正常な粘膜から直接発生するものがあります。

粘膜の表面から発生したあと、大腸の壁に次第に深く侵入していき、進行するにつれてリンパ節や肝臓、肺など別の臓器に転移します。ポリープは茎のないマッシュルームのような形状です。このポリープは50代以上の人にはよく見られる症状で、必ずしもガン化するわけではありません。

大腸ガンのリスク要因

  • 家族の病歴や年齢
  • アルコールの過剰摂取、肥満、運動不足、喫煙習慣、不健康な食生活
  • 潰瘍性大腸炎やクローン病を発症している人は大腸ガンになるリスクが高い

大腸ガンの発見

医学が継続的に進歩することで、大腸ガンを初期段階で発見することが可能になっているため、医師たちは患者がその症状に気づく前に検査を受けることを推奨しています。

大腸ガンの発見にはさまざまな方法があります。50歳になった時点で大腸ガンの検査を受けることで、初期段階の発見が期待できます。その後は2年ごとの検査を推奨しています。家族に大腸ガンの病歴があるときは、50歳よりも前に検査を受けることが推奨されています。

  • この検査では、小さなチューブを薬局などで購入し、便をとります。
  • 小さな棒がついていて、便をチューブに入れて封ができるようになっています。

 

検査結果

  • 排便に血液が混じらないときは、腫瘍はないと考えられますが、2年ごとに検査を受ける必要があります。
  • 血便が必ずしも大腸ガンの兆候だというわけではありません。