遺伝子は子どもの外見にどのように影響する?

6月 29, 2017

自分の子どもが産まれてくると知ったときの感情はかけがえのないものです。

必要なものは揃っているだろうかとか、赤ちゃんは健康に生まれてくるだろうかとか、次から次へと疑問が出てくるでしょう。

中でも最も楽しいのはまだ見ぬ赤ちゃんの姿を想像することではないでしょうか。顔や、髪、手足でさえ、何時間でも想像していられるものです。

昨今では、生まれてくる子どもの外見の特徴は、遺伝子を元にかなり正確に予測することができます。まだ研究の余地はありますが、この分野が進歩したことによってある程度想像できるようになったのです。これが可能になったのは、2種類の遺伝子があるということが分かっているためです。

優性遺伝子

これらの遺伝子はDNAの中にあります。この名前からわかる通り、優性遺伝子は他のものを抑えて現れます。そのため、子どもの外見に最もよく現れる形質はこの遺伝子によるものであるといえます。

劣性遺伝子

劣性遺伝子は優性より弱いものです。しかし、だからといって完全に消されてしまうというわけではありません。あなたの子どもには現れずに、そのまた子ども(孫)に現れるかもしれないということです。

今回は、あなたの赤ちゃんの見た目を予想することができるデータをご紹介したいと思います。

 

ステップ1:目の色

Upclose eyes

目の色は、ある遺伝子のメラニンによって決まります。

この物質の濃度は子ども時代に変化します。子どもの頃は薄い色の目をしていたのに、大人になると茶色や黒い目になることがあるのはこのためです。

暗い色は優性遺伝子です。そのため、目の色は以下のように決まります。

  • 両親共に暗い色の目をしていれば、子どもも同じ暗い色の目になる確率は75%。また、子どもの目が緑になる確率も18%あります。しかし、子どもの目が青になる確率はたった6%にとどまります。
  • 両親の目がそれぞれ緑色と茶色ならば、子どもの目の色がダークカラーになる確率は50%に減少します。また、緑色の目になる確率は37%に、青色の目になる確率は12%に上昇します。
  • 両親の目が青色と茶色ならば、子どもの目の色はそれぞれ50%の確率で青か茶色になります。
  • 両親共に緑の目ならば、子どもの目の色も緑になる確率は75%。また、青色になる確率も25%あります。
  • 両親がそれぞれ緑色と青色の目ならば、子どもの目も同確率で青か緑になるでしょう。
  • 両親ともに青色の目ならば、子どもの目も青色になるのはほぼ確実です。ただし、緑色になる確率も1%あります。

ステップ2:髪の色

Mom and children

髪の色に関しても目の色と同じで、ダークカラーが優性遺伝子となります。そのため、両親のいずれかが茶色か黒色のをしていれば、たいてい子どももその色の髪をもつことになります。これは遺伝子によって差異があります。

ただし、先祖に金髪や赤毛の人がいれば、あなたの孫は金髪や赤毛になることがあります。これはあなたのパートナーがこういった髪をしている場合は特に起こりやすくなります。

ステップ3:口の形

厚い唇は優性遺伝子です。また、薄いは劣性遺伝子によって現れます。

したがって、生まれてくる赤ちゃんの唇は、より厚い唇をもった親に似ることになるでしょう。

ただし、これは祖父母の中に薄い唇を持った人がいない場合です。誰かが薄い唇をもっていれば、子どもも薄めの唇になることがあります。

ステップ4:鼻の形

Upclose nose

幅広い鼻よりも鼻柱の高い鼻の方が優性の遺伝子です。これがよくある“かぎ鼻”の理由となり、家族に遺伝します。また、その他のバリエーションにはより多くの変化がみられます。

ステップ5:顔の形

丸顔よりも、卵型や面長の顔の方が優性遺伝します。また、高い頬骨は劣性遺伝子です。

これらの情報をもとに、あなたの子どもが遺伝上どのような見た目になるのか正確に予想することができます。しかし、子どもの身体的特徴は性格形成にも影響を与えるということもお忘れなく。

笑顔に大切なのは歯だけではないように、ルックスだって単に目の色が大切なのではありません。彼らの振る舞いこそが、その見た目を完成させるのです。子どもたちのを応援するには、このトピックに関する他の記事も読んでみてください。

あなたの赤ちゃんの顔は想像できましたか?

あなたへおすすめ