髪の色を明るくする/3つの簡単な方法

· 10月 26, 2015
乾燥から髪を守るために、レモン汁は他の材料と混ぜて使いましょう。

髪の色を明るくしたいと考えたことはありますか?

髪の色を少し変えるだけでなく、髪の状態を改善しながら髪を明るく見せる方法があります。

本記事で具体的にご紹介します。

今回の方法を使うと、髪がより明るくツヤのある色合いになるだけだという点をご了承ください。

1.カモミール

髪

カモミールの持つ特性を高めるために、レモン果汁を追加します

レモンは髪を自然に明るくする最も効果的な成分ですが、長期間の使用は髪を乾燥させるため、乾燥から髪を保護するためにカモミールと組み合わせることをお勧めします。

作り方はとても簡単です。

  • 水2カップを沸騰させたら、カモミールのティーバッグを入れます。
  • 再び沸騰したら火からおろし、適温になったら冷蔵庫に入れます
  • 冷たくなったところでレモン半個分の果汁を加えます。
  • スプレーボトルに入れて濡れた髪にスプレーします
  • 20分間おいた後、いつものシャンプーで洗髪し、保湿効果のあるコンディショナーなどを使いましょう。
  • 週2回の使用で美しい髪になるのに役立ちます。

ご存知ですか?:手軽で効果的!カモミールを使った自然療法

2.卵、ビール、レモン

シャンプー

今回もレモン果汁を材料の一つとして使います。ただしレモンは、長期的に使用すると髪にダメージを与える強い酸性を持っているため注意が必要です。

その作り方をご紹介します。

  • 卵白1個を泡立てます
  • ノンアルコールビール半カップを加えます。
  • しっかりと混ぜた後、レモン果汁半個分を加えます。
  • 濡らした髪に出来上がったトリートメントを塗布したら、やさしくマッサージします。
  • 20分間おいてから、いつも通り洗顔した後、良質のコンディショナーで髪を保湿します。
  • 髪にツヤを出し、時間が経つと髪の色が明るくなります。
  • 明るくてツヤのある髪にするのに加え、 栄養を補給し、髪に輝きとさらさら感を与えます。

3.蜂蜜、レモン、リンゴ酢

髪2

ここでもまたレモン果汁は欠かせません。

作り方をご紹介します。必ず全ての材料を決められた手順に従って混ぜてください:

  • 水1カップを熱し、 ハチミツ大さじ2杯を加えます。
  • 沸騰したら、りんご酢大さじ2杯と半個分のレモン果汁を加えます。
  • よく混ぜ、冷蔵庫に保管してください。
  • 冷めたら、濡らした髪にスプレーボトルで塗布します。
  • 優しくマッサージしながらつけた後、20分間おいてから洗い流します。
  • その後、通常通りに洗髪した後、髪に栄養を与えるコンディショナーをつけてください。

こちらの記事もご参考に:アップルサイダービネガーを使った美容レシピ

今回ご紹介した方法を使っても、髪がとても黒い場合は、突然、明るい茶色や金髪になるわけではありません。

今回の方法は、髪を明るくし輝かせ、定期的に使用することで髪をより美しく見せます。

ただし、完全に髪の色を変えるわけではありません。

またレモン果汁を使用する場合は、直接髪につけると髪を乾燥させるので絶対に他の材料と混ぜてから使用してください。

今回のように他の成分と組み合わることで、髪に潤いを与え保護します。

どの方法も週2回が最適な方法です。

手軽で効果的にツヤのある美しく輝く髪を手に入れるのに役立ちます。