髪の色を明るくする/3つの簡単な方法

10月 26, 2015
乾燥から髪を守るために、レモン汁は他の材料と混ぜて使いましょう。

簡単かつ自然に髪の色を明るくすることが実は可能なのです。日々の手軽な習慣でイメージチェンジをはかることができます。 髪の色を少し変えてくれるだけでなく、全体的に髪のコンディションを良くし、髪を明るく見せてくれます。それでは具体的な方法をみていきましょう。

1.カモミールリンス

髪

最初にお断りしておきたいのは、たとえこの方法を試してみても 、元の髪が濃い茶色や黒なら、最終的にプラチナブロンドになるわけではありません。 より明るくてツヤのある色や色合いになるだけです

カモミールは、髪を明るくするのに最も広く使用されているものの1つです。その自然の特性を高めるために、レモン汁を追加しますレモン汁は自然に髪を明るくする最も効果的な成分ですが、長期間の使用は髪を乾燥させます。そのため、乾燥から髪を保護するためにカモミールと組み合わせることをお勧めします。

作り方はとても簡単。水2カップを熱し、カモミールのティーバッグを入れます。沸騰したら火からおろし、冷蔵庫に入れます冷めたら、半個分のレモン汁を加えます。 スプレーボトルを使って、濡れた髪にスプレーします。 20分間おいた後、いつものようにシャンプーで洗い、水分を維持するために良質のコンディショナーを使用しましょう。これを週2回やると、綺麗な髪になります!

2.卵、ビール、レモンリンス

シャンプー

週に2回使うと効果の出る、もう一つの優れたチョイスです。 ここでも、自然に髪を明るくするレモン汁を使います。しかし、レモン汁だけで使わないように。レモンは、長い目で見ると髪にダメージを与える強い酸性を持っています。

明るくてツヤのある髪にするのに加え、 栄養を補給し、髪に輝きとさらさら感を与える他の成分を加えます。

その作り方は:

  • 卵白1個をとろみがつくまで泡立てる。
  • ノンアルコールビール半カップを加える。
  • よく混ぜ、レモンの汁半個分を加える。

湿った髪にこの混合物をつけ、やさしくマッサージします。20分間おいてから、いつも通り頭を洗って良質なコンディショナーをつけてください。髪にツヤを出し、時間が経つと髪の色が明るくなります。

3.蜂蜜、レモン、リンゴ酢のリンス

髪2

簡単で、使うたびに効果が実感できます。ここでもまたレモン汁は外せません 。髪の色を明るくし、ヘルシーな髪を維持するために、他の2つの成分を追加します。 以下のすべての手順を、省略せず行ってください:

  • 水1カップを熱し、 ハチミツ大さじ2杯を加えます。
  • 沸騰したら、りんご酢大さじ2杯と半個分のレモン汁を加えます。
  • よく混ぜ、冷蔵庫に保管してください。冷めたら、湿った髪につけます。
  • スプレーボトルを使用するか、上記のようにマッサージしながらつけましょう。20分間おいて洗い流します。
  • いつもどおりに髪を洗い、コンディショナーも忘れないでください。驚くべき結果が得られるでしょう。

髪の色がとても黒い場合、突然、明るい茶色やこはく色になるわけではありません。ここで説明してきた方法は、髪を明るくして輝かせますが、完全に髪の色を変えるのに十分ではありません。 しかし定期的に使用すると、自然なハイライトを与え、髪をより美しく見せてくれます。

レモン汁を使用する場合は注意が必要です。髪を乾燥させるので、レモン汁を直接髪につけてはいけません。レモンを使用する最善の方法は、上記で述べたような他の成分と組み合わることで、髪に潤いを与え保護することです。回数は週2回が適当です。簡単かつ効果的で、すぐにツヤのある髪になるでしょう。

あなたへおすすめ