唇をふっくらさせるコツ

9月 22, 2015

人によって唇の形や大きさは違いますが、歳をとると唇は大きさや張りを失いやすくなります。しかし、整形手術や美容製品だけが、その改善法ではありません。この記事では、自分でできる、自然で簡単に唇をふっくらとさせてハリを出し、健康的な明るい色にするコツをご紹介します。

唇をリラックスさせて引き締める

歳をとると唇が薄く小さくなる理由の一つは、顔の緊張、特に口周りの緊張が原因です。ストレスや緊張を感じると顎や口がこわばり、それが筋肉組織を収縮させ、唇が薄くなって見えるのです。ですから最初のステップは、あなたの唇が1日、緊張しているかリラックスしているか確かめること。毎日数分のリラクゼーションエクササイズをしてみましょう。

  • 口を閉じて唇を堅く結び、唇を口の中に押し入れ、5〜10秒そのままでいます。
  • 次に深く息を吸い込み、息を吐き出すとともに強く唇を外に吹き出します。
  • これを10回繰り返します。エクササイズは1日2、3回行いましょう。

エクササイズをした後は、唇にボリュームが出て赤みが増すことに気づくでしょう。

唇

血流を促進

唇の状態を改善するのに役立つ方法がもう一つあります。この方法は、唇に血液を行き渡らせることで、赤みを増します。

  • 唇を優しく閉じ、息を軽く吐き出すことで唇を振動させます。ブルブルっといった継続的な音が出ているのに気づくでしょう。

子供はふざけてこんなことをしますが、このエクササイズを20〜30秒することで、唇の色が鮮やかになるのです。

角質を落とす

他の体の部分と同様、唇にも死んだ皮膚細胞が溜まっていきます。しかし、唇はよりデリケートなので、注意が必要です。ですから、しょっちゅうではなく、半月〜1ヶ月に一回程度の角質落としをお勧めします。きめ細かい質感のある重曹を使います。オリーブ、アーモンド、ココナッツなど少量の植物油と混ぜ、唇と唇の輪郭をマッサージします。唇のあたりが赤くなるので、出かける前ではなく、できれば寝る前に行いましょう。マッサージの後は水洗いをし、少量のオイルをつけて一晩中おきます。

口びる3

常に潤いを補給

唇は乾燥しがちで、特にリップライナーを使うと、唇は乾燥して悪い状態になります。

毎朝晩、リップクリームや、植物オイルや混じり気のないピュアココナッツバターを使って潤いを与えましょう。フェイシャルマスクをする時は、次の食品を使って唇にも栄養補給をしましょう。

はちみつ

唇のマッサージの仕方を学ぶ

唇に潤いを補給する時、以下のような効果を得るためにマッサージをしましょう。

  • しっかり水分を唇全体に行き渡せる
  • 血行促進
  • 唇の筋肉をリラックスさせる
  • 唇にボリュームと色味を与える
  • 唇を色鮮やかに魅力的にする

マッサージの仕方

  • 唇が潤ったら、片方の手で口全体を覆って水平に横に引っ張り、唇だけではなく、緊張やシワが現れやすい唇周辺もマッサージする
  • もう片方の手でも同じことを行う
  • 一つの手につき10回繰り返す

 

あなたへおすすめ