結腸がんについて知っておきたい事

5月 11, 2018
結腸がんはそのステージによって治療法など扱いが変わってきます。腫瘍が腸壁やその他の細胞にどれだけ近いかによって違うのです。

結腸がん(大腸がん)の治療にはあらゆる技術と薬が使用されます。患者の体内にある癌細胞を消すことが目的です。結腸がんとはなんでしょう?

それは悪性腫瘍が大腸や直腸に出来ることです。結腸と直腸は消化器官の一部で、胃腸の一部、大きな腸の事を言います。

結腸癌の原因はなに?

結腸癌

結腸癌は結腸や直腸内のポリープが成長して出来上がります。

ポリープは検査をすればすぐにあるかどうか分かります。ほとんどのものは癌に変わることがありません。主なポリープの種類は以下の通りです。

腺腫性ポリープ。これは時折癌へと変化するため、前がん性腺腫性ポリープと呼ばれています。

炎症性ポリープと過形成性ポリープ。これらは癌へを進行する事はありません。

ほとんどの結腸癌や直腸がんは腺腫や腺腫性ポリープが変化して出来ます。だいたい1cm以上の大のものが2,3個見られます。加えて、摘出後には形成異常症が現れる事もあります。

形成異常症とは組織の異常のことですが、これが癌になる事はありません。時間と共に結腸や直腸壁内に広がっていきます。

この壁は何層にもなっていて、癌はその一番深い粘膜の部分に出来ます。それから広がっていき、他の層にも進出して行きます。

そこから小さな道を通って血液やリンパ液に流れ込みます。そうすることでリンパ節へと転移するのです。

症状

以下のものが主な症状です。

ポリープが出来る場所によって症状も変化します。

血便(赤や黒っぽくなる)。腫瘍が直腸やS状結腸、下行結腸に出来た時に見られます。

疲労感や動機、息切れ、めまいを伴う貧血

腸の動きの変化:下痢や便秘。

細い便:腸内が腫瘍で狭くなると起こります。

便が出にくい:腫瘍が直腸や下行結腸に出来た時に見られます。

腹痛:腹痛は良く見られる症状です。これは腫瘍が腸管を防ぐためです。吐き気や便秘に繋がる事もあります。

極度の疲労感と理由のない体重減

 

診断

診断

腸の状態がおかしいのではないかとなったら、まず医者は患者の病歴を調べ、検査をし、体全体の状態を確かめます。

肛門や直腸の一部を検査するなどの、直腸検査をします。あまり居心地の良いものではありませんが、痛みはありません。リラックスして検査に臨めばいいのです。

直腸検査をしたからと言って最終的な診断を下せるわけではありません。正確に判断するためには、結腸鏡検査が必要です。

肛門から内視鏡を入れて、結腸や直腸を見るのです。ここで医者が腫瘍を見つけたらサンプルを取り、テストをします。

 

大腸がんの種類

ほとんどの場合、悪性腫瘍は粘膜内の既存の病変に見られます。既存の病変とは、ポリープや炎症を起こしている部分の事です。内視鏡レンズを通してみるだけで、違う種類の癌だという事が分かります。

例えば腺癌は直腸や結腸を覆う腺の中に出来ます。約90%の癌は腺癌です。

ですが以下の種類の癌もあります。

肉腫:消化管内の結合組織の中に出来る腫瘍。

リンパ腫:胃や腸を守る組織の中に出来ます。

カルチノイド:消化管内のホルモンを生産する組織内に出来ます。

 

結腸癌の治療

結腸癌の治療

大腸がんはその種類などによって様々な治療法があります。患者及び腫瘍に関する一連の要因と同様、治療法は患者の意志で決定します。(医者に情報を提供された後) ₋ ガルシア・アルバレス

 

重要な要因とは?

一般的に結腸癌の治療に影響のある要因とは:患者の普段の健康状態、腫瘍の位置、癌のステージ。

癌治療は2つの種類に分けることが出来ます:

 

局所治療

局所治療

これはリンパ節に腫瘍が出来た時に行う治療法です。

手術

結腸癌、直腸がんどちらも手術をすることがあります。普通、患者は手術前に入院します。手術3日前から医者の指示にしたがって食事内容を変えたり下剤を飲まなければなりません。

結腸癌。腫瘍とその周りの組織、リンパ節などを切除します。その後切った部分をつなげます。

直腸がん。主要部分を取り除きます。その後直腸と肛門をつなげます。

放射線治療

結腸がんの治療によく用いられます。これは腫瘍を消すため強い電離放射線を使います。放射線を使った2通りの治療法があります。

外部照射。外部照射は基本的に機械を使って行います。患者をベッドに寝かせ、インクで患部に印をつけ、その部分に当てます。副作用を避けるため数回に分けて行います。

内部照射。これは腔内放射線療法とも呼ばれ、内視鏡を使って体の内側から腫瘍に近づいて放射線を当てるものです。

 

結腸がんの治療(全身性)

これは悪性腫瘍を取り除くため、全身に対する治療を行うものです。医師による化学療法を使います。

 

結腸がんの治療への心得

・医師たちと、治療に対する恐れや疑問を分かち合いましょう。

・副作用や治療過程について情報を求めましょう

リラクゼーションテクニックを学びましょう。感情のコントロールに役立ちます。

・患者はとても疲れるものです、しっかり休みましょう

 

あなたへおすすめ