見逃さないで!咽頭がんの8つの初期症状

癌を早期に発見して適確な診断を得るためには、他の疾患と混同される恐れのある癌の初期症状を特定する方法を知ることが大切です。

咽頭がんは早期発見により癌を克服する機会が大幅に高まるため、初期を症状を知り早期発見に役立ててください。

咽頭がんは、異常な細胞が増殖して咽頭、食道、または扁桃腺などに異常を発生する癌です。

咽頭がんは誰にでも発症するリスクがありますが、特にリスクが高いのは、喉を酷使する職業、喫煙者、または人乳頭腫ウイルス(HPV)を発症している人です。

咽頭がんは明白な初期症状が見られないことで診断が遅れる傾向があるため、最も危険な癌の1つとも考えられています。

本記事では早期発見に役立つ初期症状や兆候をいくつかご紹介します。

1. 声のかすれまたは変化

声のかすれ

咽喉における異常な増殖は、声帯の変化を引き起こします。そのため、咽頭がんの最初の兆候の1つとして、声質に顕著な変化が挙げられます。

3週間以上続く長時間の息切れや声質などの突然の変化は、医師の診察を受けるのに十分な理由です。

もちろんこれらの声質の変化は感染症や喫煙が原因で発症することもありますが、それ以上に深刻な咽頭がんを発症している可能性も考えられます。

2.喉の痛み

シンプルな喉の痛みをがんの症状として考えるのは難しく、 多くの場合は一般的な呼吸器疾患の感染が原因です。しかし、喉の痛みが永続的であったり断続的に現れるときは、医師の診察を受けてその原因を知ることが重要です。

喉に腫瘍が現れると、喉の痛みが再発して何かを飲み込むときや叫ぶときに激痛を感じる可能性があります。

3. 口臭

口臭

口内を清潔に保っているのにもかかわらず、口臭に悩んでいるときは何か深刻な病気を発症している兆候である可能性が考えられます。ただし、すぐに「深刻な病気だ」と結論付ける必要はありません。

咽頭がんの患者は、マウスウォッシュを使うなど口内衛生に注意を払っても、口臭をコントロールできなくなる傾向があります。

4. 呼吸困難

呼吸困難は、気道の閉塞を示す症状である可能性があります。重度の感染症が原因であることも考えられますが、腫瘍ができている兆候である可能性もお見逃しなく。

5. 首の腫れ

首の腫れ

首の腫れや膨らみはさまざまな原因によって引き起こされる可能性がありますが、咽頭がんの初期症状では、腫瘍は喉の周りのリンパ腺に広がり首の腫れが起こる傾向にあります。

首の痛みは咽頭がんが進行している兆候である可能性があるため、すぐに医師に相談するのがよいでしょう。

6.咳の慢性化

呼吸器疾患またはアレルギーの患者は、免疫系の反応として繰り返し咳が出る傾向があります。そして、呼吸器系の一部である咽喉に問題が生じている場合、咳が慢性化します。

最初は、炎症を伴う乾いた咳のようですが、腫瘍が進行すると潰瘍や出血を引き起こす可能性があります。

7. 雑音が混じった呼吸

呼吸時の雑音

咽頭に発生した腫瘍が早期に治療されない場合、癌細胞は分裂を続け、周囲の組織に大きな痛みを引き起こします。さらに気道に閉塞を引き起こし、呼吸をするたびに雑音が混じるという症状が現れます。

この呼吸時の雑音は、声帯間の開口部が締まっていることで起こりますが、早期に治療されないと、癌が完全に「ブロック」され、窒息死を引き起こす可能性があります。

8. 飲み込むのが難しい

咽喉がん患者の多くは、食物を飲み込むのが困難になり体重減少に苦しみます。そして腫瘍の存在により食道開口部が狭くなり、食べ物が詰まり、筋肉の衰弱を引き起こしながら胃酸の逆流が再発するリスクが増加します。

これらの症状が特定されたら、すぐに専門医の診断を受けることが大切です。

医師は初期症状などを問診した後、内視鏡検査などの検査から総合的な診断を行います。

 

カテゴリ: 健康習慣 タグ:
あなたへおすすめ