喫煙者を危険にさらすタバコに関する間違った知識8選

タバコがどれほど私たちの体に有害かご存知ですか? 本記事ではタバコに関する間違った8つの知識をご紹介します。タバコが大好きな喫煙者の方やなかなか禁煙に成功しない方は今が禁煙を開始する時です。

喫煙は最も危険な生活習慣の一つで、タバコによる健康被害や喫煙のリスクについて様々な警告が行われているにもかかわらず、多くの人が喫煙を続けています。

世界保健機関(WHO)は、喫煙は公衆衛生を脅かす主な理由の一つであり、喫煙者の半数以上が喫煙が原因で発症する疾患により死亡していることを発表しました。

更に危険なのは、多くの喫煙者が喫煙を正当化し、喫煙が体内組織や細胞に与える危険やリスクから目を背けていることです。

本記事で詳しくご紹介します。

タバコに関する間違った知識

1.喫煙のリラックス効果

タバコとその煙

喫煙者の多くが、タバコには不安感やストレスを解消する効果があると主張します。また喫煙者の中には、禁煙による緊張や不安感に対処できないからと禁煙は行わないと決めている人もいます。

しかし、タバコは神経系に有害な毒素であり、突然の気分の上下など精神面に悪影響を与えます。

タバコを吸うとその一瞬は気分が解消されたような気持ちが生まれますが、長期的に見ると心身の健康に悪影響を与えます。

2.数本のタバコは無害である

たとえ数本であってもタバコは私たちの健康に確実にダメージを与えて悪影響を及ぼします

またヘビースモーカーと呼ばれる大量に喫煙をする人は、肺ガンを発症するリスクが驚くほど高く、心疾患の原因となることもあります。

3.健康な人にはタバコは無害である

タバコを吸う女性

タバコに含まれる毒素が私たちの健康に悪影響を及ぼしますが、健康ならばその影響はないと考える人がいます。

健康な人が喫煙すると、タバコの悪影響で徐々に健康に害を及ぼします。

4.「ライト」と呼ばれるタバコなら害は少ない

人気の高い「ライト」と呼ばれるタバコは、ニコチンとタールの含有量が少ない製品ですが、それでもニコチンとタールは製品の中に含まれているため、呼吸器系の健康に悪影響を与える毒素であることは間違いありません。

5.運動でタバコの毒素を体外に排出することができる

走る女性

運動中の汗を通じて、体内に蓄積された毒素が体外に排出されるのは間違いありません。しかしタバコの毒素のほとんどが血液中や体内器官に蓄積されます。

また体内組織に蓄積された毒素は、運動能力を低下させる原因となります。

6.禁煙は成功しない

禁煙が難しく、そのプロセスで禁断症状をはじめとする様々な症状が現れますが、禁煙は達成可能です。

不安感や神経質などの症状が現れ、タバコのニコチンを欲しいと脳が命令します。しかし、専門家の指導の元で適切な禁煙方法を実行すれば徐々にその症状が緩和され、タバコを必要としなくなり、最終的に禁煙に成功します

7.すでにタバコによってダメージを受けているから禁煙する必要はない

タバコに毒された肺

タバコは私たちの肺の健康に悪影響を与える毒です。

長年にわたって喫煙を続けている人でも、禁煙することで得られる健康効果があります。

禁煙に成功した人が得られる健康効果をご紹介します:

  • ガンや肺の疾患を発症するリスクの低下
  • 呼吸器系の健康改善
  • 心臓機能の改善
  • 血圧の安定
  • 肌の健康状態の改善
  • 日常生活において幸せな気分でいられる時間が増える

8.「タバコのためなら死んでもいい」

このように話す喫煙者は実は少なくありません。

しかしタバコによる辛い慢性疾患に悩まされながら生きていく生活を想像したことはありますか?

タバコによる慢性疾患の危険性を深刻に捉えてください。現在は慢性疾患の症状が現れていないだけで、喫煙を続けると様々な症状が現れます。

喫煙者の方やこれから喫煙をしようと考えている方は、病気や慢性疾患のリスクを軽減させるためにも禁煙について改めて考えてください

カテゴリ: 健康習慣 タグ:
あなたへおすすめ