不調を伝える体からの7つのメッセージ

6月 12, 2018
質の高い生活を送るためには、心身の健康維持が欠かせません。病院に行くのが苦手な方やこれまで自分の健康に気を配ってこなかった人は、体からの不調を伝える症状やメッセージに気づかずにいる傾向があります。

いつもとは違う症状を感じたことはありませんか?

体からのメッセージである初期症状を無視していると、病院に駆け込んだときには症状が悪化していることがあります。体からのメッセージを無視せずに、初期症状を発見して早期発見を心がけることが大切です。

自分の健康を心配するあまり神経質になる必要はありませんが、今回ご紹介する体からのメッセージを知ることで、注意を払うべき事柄を理解できます。

不調を伝える体からの7つのメッセージ

1. 体重の変化

体重の変化

ダイエットやエクササイズを実践して体重を減らすことはありますが、特別なことはしていないのにもかかわらず、急激に体重が減ったり増える場合は、体内で何かが起こっている兆候です。

ホルモンの乱れなどをはじめとする病気の初期症状である可能性があるため、医師の診察を受けてください。

2. 尿の変化

私たちの体は尿を通じて老廃物や毒素を体外に排出します。

尿に変化が現れているときは、体内機能に何か不調や変化が生じている可能性があります。尿のニオイや色が変化した場合は、後回しにせずすぐに医師の診察を受けてください。

通常私たちの尿は薄い黄色をしており、ややニオイがあり、排尿時に痛みを感じることはありません。つまり尿のニオイや色が異なり、排尿時に痛みを感じるときは体からのサインです。

腎臓の働きを正常に保つためには、十分な水分補給を行いながら、健康的な食生活を維持することが大切です。ちょっとした問題が、腎結石などの深刻な問題へと繋がることもあります。

3. 便の変化

便の変化

便意は毎日起こるべきであり、その色や形、そして便意の頻度を観察することが大切です。

便通や便の変化は体内機能に不調が生じている兆候であるため、絶対に無視してはいけません。私たちの健康全般は便の症状にかかっていると言っても過言ではありません。

4. 外見の変化

肌状態の変化など、外見上の変化は目につきやすく早期に発見することができます。特に皮膚は私たちの体内を保護する働きがあるため、皮膚に変化が生じたら不調のサインである可能性があります。

肌の乾燥、シミ、蕁麻疹、かゆみ、アレルギー、そしてアトピーなど突然の皮膚状態の変化だけではなく、爪、髪、そして唇の状態にも注意が必要です。

ビタミンやミネラルをはじめとする栄養素の不足や過剰摂取が髪、皮膚、そして爪の状態に変化をもたらします。またホルモンの乱れの可能性もあります。

5. 継続的な不快感や痛み

痛み

痛み、頭痛、下痢や吐き気などの消化器系の不調など、理由もなく不快感や不調を感じているときは、すぐに医師に連絡をして診察を受けるべきかを相談してください。

例えば、めまいやひどい頭痛が継続的に起こるときは神経系の病気である可能性が考えられます。

6.疲労感や不眠

疲労感や体が弱っているように感じるとき、または不眠に悩まされていたり朝起きても疲れが取れないときは、医師の診察を受けてください。

うつ病、慢性疲労、貧血などの病気は、一般的な疲労と間違えられて見逃されがちです。

ご存知ですか?:疲労感の7つの理由

7. 傷が治らない傷跡

私たちの皮膚には強力な自己治癒作用があります。

怪我をしたり切り傷ができたときにもすぐに治りますが、怪我をしたときになかなかその傷が治らないときは、免疫系に何か問題が起きているか、その他の病気である可能性が考えられます。

自分の体を理解して、通常はどのような状態か常に知ることが大切です。そして何かいつもと違う症状などが現れたら、迅速に対応して医師の診察を受けてください。

早期発見が早期治療につながります。

あなたへおすすめ