体内に溜まった塩分の排出方法

11月 5, 2015
塩の取りすぎは様々な健康問題を引き起こすと言われています。今回は体内に溜まった塩分の排出方法についてご紹介します。

腎臓は、血流に溜まった塩分を排出する役割を担っています。

水をたくさん飲むことに加え、パセリが腎臓の浄化を助けると言われているのをご存知でしたか?

世界中の台所で最も一般的な調味料といえばではないでしょうか。しかしここ数年の研究では、塩が体に悪影響を及ぼすかもしれないと言われています。体が機能するために塩を必要としていることは事実ですが、心配しなければいけないのは塩分の取りすぎです。

長きに渡って塩を取りすぎると、心臓病や脳梗塞といった深刻な病気の原因となります。塩の取りすぎは、体液貯留とむくみの原因でもあります。しかし幸い、塩を取りすぎる悪い習慣を断ち、体に蓄積された塩を排出する方法があるのです。

こちらもご覧ください:
塩分が腎臓に及ぼす影響と/その洗浄法

体内に溜まった塩分の排出方法

塩

  • 水をもっと飲む:専門家は1日に6-8杯の水を飲むことを勧めています。を飲むことで体内に貯留した体液を減らし、尿を通じて余分な塩を取り除きます。この単純な習慣が体の浄化を助け、水分補給をし、むくみを予防します。
  • 食事から塩を取り除く:たいていの人にとって塩は料理に欠かせない調味料でしょう。しかし、できるだけ、塩と似た味付けで、その代わりになるものを見つけましょう。家庭で料理すれば、塩の消費量を少なくすることはできますが、お店で売られている加工肉や缶詰、スープや冷凍食品には多くの食塩が含まれいるものがあります。このような食品を選択する代わりに、余分な塩分の排出を助ける果物や野菜を取り入れましょう。
  • 塩の代わりにスパイスを使う:にんにくやブラックペッパー、カレーパウダーやパセリ、オレガノ、ローズマリーといった、塩に代わった味付けを使うようにしましょう。
  • 運動をする:毎日なにかしら汗をかく運動をしましょう。歩いたり、ダンスをしたり、ジョギングやサイクリング、あるいはサウナに行くことでも、汗をかくことで不純物を体外へ排出します。水を飲むことも忘れないようにしましょう。

 

パセリを使って体から余分な塩分を排出する

塩分の排出方法

パセリは腎臓を浄化し、尿から毒素を排出する効果があるハーブとして知られています。ご存知の通り、腎臓は体の解毒をする大事な器官で、余分な塩分を血液中から取り出し、他の毒素と一緒に体外へ出す役割があります。

パセリを使うには

パセリ茶が腎臓浄化に効果があると言われています。1リットルの熱湯に一握りの刻んだパセリを入れ、10分煮ます。出来上がったら空腹時に飲んでください。残ったら容器に入れ、冷蔵庫で保管し1日数回に分けて飲みましょう。

ご存知でしたか?:

パセリの健康・美容効果

最後に:

  • このお茶の効果を最大限に得るには、頻繁に飲むこと、そして先に述べた方法と組み合わせて行うことです。
  • パセリ茶は、体の浄化に加えて余分な塩分を省き、高血圧の予防やダイエットにも効果があると考えられています。もちろんパセリ茶を飲む以外にも、健康的なライフスタイルを心がけるようにしましょう。
あなたへおすすめ