塩分が腎臓に及ぼす影響と/その洗浄法

4月 5, 2016
余分な塩分を体から取り除くには、水分をしっかり摂ることが大切です。1日あたりコップ6〜8杯の水を飲みましょう。

塩を使わないレシピはないのではないかという程、塩はよく使われている調味料です。塩を使うと、料理に深みが出て美味しくなりますが、塩分の摂りすぎは長期的に見ると健康に良くない影響を与えます。したがって、食生活からできるだけ塩を取り除くことが必要だと言えます。

塩分の摂りすぎで最もダメージを受ける内臓は腎臓です。毎日、腎臓は5ℓもの血液を浄化し、ガンや死亡の原因となる毒素や老廃物を取り除く働きをしています。

それでは、塩分の摂りすぎによる結果を詳しく見ていきましょう。

塩分が腎臓の健康に与える影響

塩分1

塩分を減らす良い方法があります。料理をする際、塩を他のものに代用しましょう。

  • マスタード
  • ニンニク、ガーリックパウダー
  • オニオンパウダー
  • 醤油(減塩)
  • レモン汁
  • 胡椒
  • オレガノ
  • パセリ
  • ショウガ
  • クミン
  • バジル
  • ターメリック
塩分.ターメリック

ターメリックは塩の代用として様々な料理に使えるスパイスです。

上に挙げた代用品は、特定の料理に使うだけのものと思っている方もおられるかもしれません。しかし、様々な料理に試してみればきっと気にいることでしょう。塩分をただ「減らす」のではなく、最終的には完全に取り除くことをお勧めします。

私たちが日々口にする食べ物の多くには、塩分が含まれています。ところが腎臓が毎日浄化できるのは3〜5gのみなのです。

それでは、塩分が腎臓の健康に与える影響を見ていきましょう。

1.塩分は体のpH値を変える

1日に5g以上の塩分を摂っていると、臓器や血液、組織に蓄積され、やがては体全体の酸性化につながります。体のアルカリ性pHをより維持する必要があります。体が酸性化した結果として、以下の様なことが起こり得ます。

  • 病気
  • ガンのリスク
  • 心臓や腎臓のトラブル
  • 体液貯留
  • 慢性的な倦怠感
  • 疲れや寒気を感じる
  • 集中しづらい
  • イライラ
  •  爪が欠ける
  • 関節の痛み
  • 感染
  • アレルギー

2.塩分は血流を妨げる

塩分の高い食生活による影響は40歳ごろから現れます。この年代から、高血圧、高コレステロール、高脂肪、新陳代謝の変化などに苦しむ人が多く出てきます。これらは塩分を摂りすぎていること、そして水を十分に飲んでいないことから起きる腎臓のトラブルなのです。

  • 体の60パーセントは水からできています。体に塩分が入りすぎると、体内の組織や内臓に蓄積され、血液を浄化しようと腎臓が働き続けることになります。
  • 体液貯留が現れるでしょう。そして、毒素によって組織が炎症を起こします。腎臓や血液中の毒素による目に見えるサインは以下のようなものです。

・足のむくみ

・慢性的な疲れ

・寒気を感じる

下腹部の膨満感や張り

3.塩分の摂り過ぎは腎臓を老化させる

塩分を摂れば摂るほど腎臓は体をデトックスさせなくてはいけません。また、それに加えて水分の摂取が少なければ、腎臓の老化が進みます。これは健康に対して良くありません。

4.覚えておくべき!塩分が体に及ぼす影響

  • 静脈、動脈の病気;動脈硬化
  • リウマチ、関節炎
  • コリック
  • 抜け毛
  • 肌のトラブル
  • 消化トラブル
  • 便秘
  • 体重の増加、体液貯留

余分な塩分を体から排出するには

塩分.水

余分な塩分を体から排出する方法の一つに、水をたくさん飲むというものがあります。1日にコップ4〜8杯の水を飲むこと大切です。たくさんの水と聞くと、飲めないと思うかもしれませんが、500㎖のボトルなどに入れて少しずつ飲むとそれ程大変ではありません。また、毎日1時間はエクササイズを行いましょう。

また、体から余分な塩分を排出するにはパセリを使った方法もあります。大変効果がありますよ!

パセリ療法

塩分.パセリジュース

材料

  • 新鮮な生のパセリ 50g
  • 水 1ℓ
  • レモン汁 レモン1個分

作り方

水を沸騰させてパセリを加えます。30分程弱火で煮た後、30分蒸らします。レモン汁を加えて、液を漉します。1杯目は朝の空腹時に、また、毎食20分後には必ず飲みましょう。その他はボトルなどに入れて、1日を通していつでも好きな時に飲んでください。

毎月、3日間連続でこのパセリ療法を続けると良いでしょう。

あなたへおすすめ