バナナを毎日食べるべき6つの素晴らしい理由

· 6月 7, 2017
バナナはカロリーが低く、健康上のメリットに加えて、体重を減らすのを助ける素晴らしいフルーツです。この記事で、バナナについてもっと詳しく学んでください!

バナナが好きな人はたくさんいるでしょう。美味しいですし、ハチミツ、シナモン、オーツ麦やナッツなど様々な食品と組み合わせて食べることができます。

バナナは、アスリートたちに好まれるフルーツでもあります。バナナを食べるだけで、簡単に疲労回復でき、必要なエネルギーと栄養素を取ることができるからです。

しかし、このフルーツを毎日食べると太ってしまうと誤解している人もいます。

これは、大きな間違いです。

もっと客観的なデータを見る必要があります。特に朝にバナナを食べることは、身体にとって良いメリットがあり、正しく食べれば太るなんてことはありません。

もちろん重要な鍵は、バランスの取れた食生活とバナナの組み合わせです。「よく生きることは、よく食べること」という言葉を覚えておいてください。

バナナは、あなたの健康に、たくさんの素晴らしいメリットをもたらしてくれます。この記事では、週7日間、毎日バナナを食べるべきだと納得するような6つの理由をご紹介します。

1.バナナは最も栄養価の高いフルーツの一つ

バナナは信じられないほど栄養価が高いです。元気に一日を始めるのに大切な朝の時間帯に食べるのがお勧めです。

一本のバナナに含まれる全ての栄養素は下記の通り。

  • たっぷりの食物繊維
  • 抗酸化物質
  • ミネラルカリウム、マグネシウム、銅、マンガン)
  • ビタミン(B6とC)
  • 炭水化物
  • タンパク質

バナナには、たくさんの水分が含まれますが、脂肪はほとんど含まれていないことも覚えておいてください。

 

2.バナナは血糖値を調節します

血糖値

バナナには、食後の血糖値を調節するのに役立つ可溶性繊維であるペクチンが豊富に含まれます。

これは、食欲をコントロールし、満腹感を長続きさせます。

あまり熟していないバナナは(しかし、完全に緑色ではないもの)血糖指数を調整するのに役立ちます。

バナナは、他のフルーツを食べた時に起こる血糖値の急激な上昇を避けてくれます。

しかし、糖尿病の方は熟したバナナを食べない方が賢明です。

 

3.バナナは消化器系を改善します

バナナ一本には、ペクチンとデンプンの二種類の食物繊維が含まれます。

これらの食物繊維はあなたの消化器系を改善してくれます。

デンプンは、消化管から抜け出して大腸に直接届きます。そして、そこで健康な腸内細菌のための食糧となります。

強くて健康的な腸内細菌は、あなたの身体全体の健康に役立ちます。栄養をより良く吸収し、便秘を予防します。

ペクチンは、結腸の健康を保護し、ケアしてくれます。

こちらもお読みください:クローブで消化をよくする自然療法

 

4.バナナは心臓の健康も守ります

バナナ

カリウムは、血圧を調節しバランスをとるために必要不可欠なミネラルです。

バナナを一日一本食べることを習慣づければ、心臓の健康を守るために必須なカリウムを十分に心臓血管に届けられます。

 

5.ダイエットを成功させたいですか? 朝食にバナナを食べましょう!

バナナには、色々な特徴があり、ダイエット中の方にとって大きな味方になってくれます。

その理由は以下の通り。

  • まず、バナナに含まれるカロリーはごくわずかです。
  • 満足感を与え、栄養価が高いです。朝食にバナナと少量のタンパク質、ナッツ類、コーヒーや紅茶を取ってみてください。『満腹感』を感じ、これだけの朝食でも午前中、とても元気に過ごせるということを体感してください。
  • 食物繊維たっぷり。食物繊維は、消化器系の健康を守り、ダイエット中に起こりがちな便秘とさよならできます。

ダイエットに効果的なのは、熟していない緑色のバナナであるということも覚えておいてください。

まずは、10日間バナナを食べてみて、どんな効果があるのか実際に感じてみてください。

 

6.ジムに行く時は、常にバッグにバナナを入れておきましょう

ジムとアスリート

バナナはアスリートに大変人気のあるフルーツです。なぜでしょう?それは、消化しやすいミネラルや炭水化物が豊富に含まれているからです。

バナナを定期的に食べると、バナナのカリウムが、運動時に起こる筋肉の痙攣を予防してくれます。

アスリートではなくても、カリウム不足で筋肉の痙攣に悩む人は多くいます。夕食にバナナ(あまり熟していないもの)を追加してみてください。筋肉の痙攣が起こりにくくなるはずです。

さらに、バナナを食べると運動前、運動中、運動後に多くの栄養素を身体に取り入れることができます。筋力トレーニングをしている場合は、特に必要となります。

ランニングやジムに行く時、常にバナナをバッグの中に入れておきましょう!

こちらもお読みください:ジム入会後1ヶ月が経過しても続けるための11のアドバイス

 

バナナは、あまりヘルシーではないと思っていた人も多いのではないでしょうか?

毎日バナナを食べるのは大変だ、と感じる人は、少なくとも週に3回、朝食時にバナナを取り入れてみてください。

きっとあなたも身体が喜ぶのを体感するはずです!