白内障の症状と自然療法

· 9月 5, 2018
もしすでに白内障になってしまったという人は、今日の記事を読んで症状の悪化を予防しましょう。

あなたは視力が良い方ですか? 白内障は60代以上の人の約40%が抱える目の病気です。今日は、そんな白内障の症状についてみていきましょう。

時間が経つにつれ、問題は悪化します。したがって、自分の目に何が起こっているのか、早期発見することが大切です。何かおかしいと感じたら、すぐに眼科医を受診しましょう。

もし、すでに白内障になってしまったという人は、ぜひ今日の記事を読んで悪化を防ぎましょう。

白内障とは?

白内障とは目の水晶体に起こる小さな濁りです。白内障になると、レンズに霧がかかり、その霧は徐々に大きくなっていくでしょう。

白内障の症状は40代以降に出始めることが一般的ですが、症状がひどくなるのは60代です。

白内障の症状

白内障の目

白内障が出始めると、目の小さな部分にちょっとした変化が起こります。時が経つにつれ、視力喪失や目の中に何かがあるという感覚を感じるようになります。

白内障のよくある症状は以下のようなものです。

  • 視界のかすみ
  • 光に敏感になる
  • 夜、ものが見えにくい
  • 光の周りに影や光輪が見える
  • 黄色が見えなくなる
  • 二重に見える
  • メガネやコンタクトのレンズの度がすぐに変わる
  • 白い所に書かれた字が読みにくい

こちらも読みましょう『白内障の2つの症状と自然な治療方法』

白内障に効く自然療法

遺伝などの影響も考慮すべき要因ではありますが、上述したように、普段から正しく目のケアを行うこと、正しい生活習慣を送ることで白内障は予防することが可能です。

白内障に効く自然療法を以下にご紹介しましょう。

1. 体に良くないものを控える

お酒を飲む女性

目はとても敏感な臓器です。また、人体に害のある物質に簡単に接触してしまう部分です。白内障は老廃物が蓄積した結果ですので、以下のようなものとの接触は極力避けるようにしましょう。

  • アルコール:飲酒は肝臓にダメージを与えるだけではありません。血流によって老廃物が目に届いてしまい、時が経つに連れて目が悪くなってしまう原因ともなるのです。
  • タバコ:喫煙者の方はすぐにタバコをやめましょう。お酒と同じく、目に老廃物が届く原因となります。

タバコの煙を通して、直接目に毒素が入り込む可能性を考えてみてください。タバコの煙と接触するのは控えることが大切です。

  • 化学物質:あなたは処方箋なしで購入できる目薬を使っていますか?問題ないように思えるかもしれませんが、目にトラブルを引き起こす恐れのある原料が使われている目薬もあります。

目の乾燥や炎症に気がついたら、すぐに眼科医を受診しましょう。

2. 新鮮なフルーツや野菜を毎日食べる

あなたは普段、冷凍食品や加工食品を食べることが多いですか?その食習慣を止め、できるだけ新鮮なフルーツや野菜に変えてみませんか?

フルーツや野菜には、ファイトニュートリエントと呼ばれる天然の物質が豊富に含まれています。これらは目の健康を維持し、白内障などの目の病気を発症するリスクを下げてくれるのです。

  • 生野菜が好きではない人は、スパイスで味付けをしたサラダを試してみてください。
  • フルーツは食べ過ぎないようにしましょう。血糖値を急上昇させてしまう危険があります。

3. ビタミンAを食事から取り入れる

ビタミン

ビタミンAは目の健康に関連しています。ビタミンAを十分に摂取していないと、目はだんだんと変性疾患にかかり始め、白内障の発症や網膜のダメージ、黄斑変性症となる場合があります。

ビタミンAが豊富な食べ物は以下です。

  • にんじん
  • 緑の葉物野菜
  • さつまいも

4. ビタミンCが豊富な食べ物

白内障発症のリスクを下げるもう一つのビタミンはビタミンCです。ビタミンCはビタミンAと同じく重要です。ビタミンCはできるだけ新鮮な状態で取り入れましょう。

深刻なビタミンC欠乏状態の人は、サプリメントで補いましょう。サプリが嫌だという場合は、以下のリストから2〜3種類選び、毎日食べるようにしましょう。

  • 生のピーマンやパプリカを刻んだもの 1/2カップ(75g)
  • オレンジ1個、またはみかん2個
  • パイナップル 1/2カップ
  • グレープフルーツ 1個
  • いちご 6個
  • トマト 1個
  • 生のブロッコリー 1カップ(150g)
  • ぶどう 12粒

こちらも参照『ビタミンC欠乏症の症状』

5. 特別なビタミンサプリを摂取する

メガネ

今日、薬局や大型スーパーなどでは様々なビタミン剤を購入することができます。目に良いビタミンをサプリで摂取することをお勧めします。

目に良い、視力アップなどと書かれているはずですが、そうでない場合はルテインを含むものを選びましょう。白内障だけでなく、様々な目のトラブル予防にも使えるでしょう。

どれがいいのかわからないという人は、眼科医に相談しましょう。

6. オメガ3脂肪酸を含む食べ物

魚などオメガ3脂肪酸が豊富な食べ物を定期的に食べることで白内障になるリスクを減らすことができるでしょう。毎日1食、以下のような食べ物を食べましょう。