タンポポが肝臓に良い理由

· 7月 22, 2018

タンポポは、その解毒効果がよく知られています。タンポポの使用に関しては、通院中の方は、医師に相談して有害な作用がないことを確認してください。

タンポポは雑草であるとされていますが、実は私たちの健康に素晴らしい効果があります。タンポポは、利尿作用もあり、様々な消化器および肝臓の病気の治療に使われています。そんな自然の薬としての役割だけではなく、食材としてもサラダなどに使われます。

タンポポの薬としての効能

タンポポとお茶

・その特別な成分のために、タンポポは私たちに多くの栄養を与えてくれます。また、天然の解毒剤としても効果的で、水分貯留を改善してくれます。

タンポポは胆汁の分泌を刺激し、消化器系の問題を改善します。その下剤としての作用のため、便秘改善にも効果的です。

・またタンポポは興奮剤としても優れていることから、肝臓系の働きも改善してくれます。また、過剰な尿酸および痛風によって引き起こされる問題の改善もしてくれます。

・タンポポは鉄分も豊富です。

・さらに、タンポポは私たちの血液をきれいにし、毒素を排除するなど、私たちの身体の機能を改善してくれます。

タンポポが肝臓に良い理由

タンポポはとても苦いですが、それが私たちの肝臓を刺激し、解毒してくれます。そのため、肝炎または肝硬変を患っている方に有効な植物です。その浄化作用は私たちの血液をきれいにし、化学物質や食事などが与える肝臓への悪影響から守ってくれます。

医学的には、タンポポは肝硬変を患う方の治療に使われてきました。肝臓に問題を抱える多くの人は、多量の飲酒が原因です。そして、タンポポのお茶を飲むと肝臓の状態が改善することがわかりました。1日に2〜3回、タンポポのお茶を飲むことが推奨されています。

人体の写真

タンポポは他の治療法と併用して、肝臓の問題を治療するのに効果的であるとされています。しかし、喫煙や飲酒をやめないと効果はありません。

一般的には、ホルモンに問題がある方、肥満の方が抗炎症の治療を受けた後に、補完の治療としてタンポポが使われます。タンポポはお茶にして飲むのが一番です。沸騰したお湯がタンポポの良い成分を抽出してくれます。

副作用

タンポポの薬用を4ヶ月以上続けると、お肌に悪影響を及ぼす可能性があるため注意してください。

・過度の使用は、アレルギー反応または日光に敏感になる可能性があることが報告されています。

・また少数ですが、他の副作用として、下痢や腹痛もあります。

最後に

タンポポティー

タンポポはサラダに入れて食べると肝臓に良く、お茶にすると効果的なデトックスティーになります。それは、消化を助け、肝臓の特定の問題を改善してくれます。しかし、タンポポの服用期間や量をしっかりと自分で管理し、過度の使用を避けることが大切です。

このようにタンポポは、庭に生えてくる雑草としては悩みの種かもしれませんが、実は私たちの健康にとても良い効果があります。

タンポポを服用して、もし何らかの問題が生じた場合はすぐに医師に相談してください。また、健康問題に対して、第一の治療法としては使用せず、医師が処方した治療の補足として使ってください。

運動をする、歩くなど日常の健康的な生活も心がけてください。汗をかくことは、脂肪を燃焼するだけではなく、毒素も排出してくれます。ぜひ、お茶にするタンポポを摘みながら、きれいな空気を楽しみ、健康的な生活を送ってください。

あなたへおすすめ