肝臓に毒素が蓄積されている8つの兆候

3月 18, 2018
肝臓が過負荷となり毒素が蓄積されていることを警告するサインは、皮膚に現れることをご存知ですか? 皮膚に刺激を感じたり、吹き出物などが何度も発生するときは、肝臓の健康状態を確認する必要があります。

肝臓は私たちの体内で最も重要な器官であり、質の高い生活を維持するためにも肝臓が正常に機能することが不可欠です。そのため、肝臓に過剰に毒素が蓄積されて過負荷状態になるのを防ぐように、常に肝臓の健康に注意を払う必要があります。

肝臓は体内の老廃物や毒素を取り除くために、血液をろ過する働きがあります。それと同時に、ホルモン代謝とその分泌をサポートします。

また、健康維持にに不可欠な多くのビタミンの貯蔵に加えて、炭水化物と脂質の合成にも重要な役割を果たしますが、他の臓器と同様に、肝臓の機能を低下させるさまざまな要因にさらされているのも事実です。

毒素や老廃物の過負荷により肝臓がオーバーワーク気味になると、肝臓が最善の働きをするのを妨げるリスクが高まります。

今回は肝臓の健康状態が低下していることいち早く気づき、対処するための8つの兆候をご紹介します。

1. 尿の変化

尿の変色

尿や便の色の変化は、肝臓の機能不全を警告するシグナルです。

消化器系や泌尿器系の状態が尿や便の変色の原因と言われていますが、肝臓機能の低下や肝疾患が原因で変色する症例も、かなりの数が報告されています。

健康な人の尿は薄い黄色ですが、黄疸患者の尿は濃い黄色です。同じように、暗すぎる便の色や淡い色の便は、体内、特に肝臓機能の何かが正常に機能していないことを示すものです。

2. 異常なむくみ

腹部の膨らみはさまざまな健康問題が原因で起こりますが、その中には肝臓の機能が低下していたり健康状態が悪くなっていることが原因のケースもあります。

また肝臓に毒素が過剰に蓄積されているときには、持続的な胃のけいれんやガス、そして胃が重く感じるなどの症状が現れます。

3. 肌トラブル

肌トラブル

肝臓に毒素が過剰に蓄積されている兆候は、皮膚の状態が悪化することで現れます。

原因不明のピリピリとした刺激や過敏症、皮膚の乾燥、そしてニキビや吹き出物などは、肝臓が過剰な老廃物や毒素の蓄積に苦しんでオーバーワーク気味になっている兆候です。

外用薬を使った皮膚の治療により、症状を一時的に緩和することはできますが、皮膚の症状の原因が肝臓にある場合は、肝臓をデトックスしない限り、症状が再発します。

4. 胃酸過多や逆流性食道炎

食べ過ぎや飲み過ぎにより、胃酸過多や逆流性食道炎を発症するのは一般的なことですが、これらの疾患が肝臓に毒素が蓄積されている兆候である可能性もあります。

肝臓に毒素が蓄積されている場合は、デトックスを行う必要があります。

こちらの記事もご覧ください:呑酸の不快な症状10

5. 心身の疲労感

疲労感

身体的および精神的疲労は、運動のしすぎや不健康な生活習慣が原因であることがほとんどです。

しかし原因不明の疲労感がいつまでも続く場合や再発する場合は、肝機能障害を警告するシグナルかもしれません。

倦怠感、集中力の低下および身体の衰弱は、血液中の毒素によって引き起こされる可能性があります。

6. 体液貯留

体内組織の炎症が悪化すると、肝臓系の機能不全によって引き起こされる体液貯留を引き起こします。この症状は、腎臓病の患者には一般的ですが、肝臓に過度の毒素が蓄積されていたり、機能が低下している場合にも現れることがあります。

また体液貯留を発症すると、足や腹部に浮腫が見られるようになります。

7. 黄疸

黄疸

黄疸として知られている皮膚の障害はビリルビンの蓄積によって起こります。

この色素は消化過程の重要な役割を果たす胆汁によって生成され、肝臓が血液の老廃物をろ過することが困難になる場合に、血流中に蓄積されます。

最後にこちらをご覧ください:気をつけるべき目の5つのサイン

8.食欲不振

食欲不振は、多くの病気や精神的疾患を発症したときに現れる症状です。そして食欲不振が肝疾患を示唆することもあるため、注意が必要です。

食欲不振は栄養不足にもつながり、他の疾患などを引き起こす可能性があります。

今回ご紹介した症状を発症していませんか?

もし発症している時は、水や体内を浄化するドリンクで十分な水分補給を行いながら、体内をデトックスしてください。

症状が改善されない場合は、必ず医師の診察を受けてください。

 

あなたへおすすめ