便の色や形からわかる健康状態

便の色や形の変化には注意が必要です。便のわずかな変化が体内の不調を示す兆候である可能性があります。

便の色は薄すぎず濃すぎない茶色が「通常」の色とされており、硬さはバナナ程度で、硬すぎないものが理想です。

まずは消化の過程についてご説明します:

摂取:食べ物が体内に入る

消化:食べ物が小さな分子に変換される

吸収:分子が消化器官を通じて血液に到達して体内器官に分配される

排出:消化されなかった食べ物のカスを体外に排出する

便の75%は水分でできており、残りは消化されなかった食べ物からの細菌や、腸や肝臓で濾過された後の残りカスや毒素です。

便の色の違い

緑がかった便

便通

 

大腸で胆汁がうまく吸収できない状態になると、胆汁が酸化して便が緑色になることがあり、大腸を含む腸内を通常よりも早く通過します。

また野菜、鉄分サプリメント、染料などに含まれるクロロフィルを大量に摂取した時も、便が緑色になる傾向があります。

 

黄色がかった便

便が黄色になるのにはいくつかの原因が考えられます:

  • ジルベール症候群:血中のビリルビン濃度が上昇する疾患
  • ジアルジア症
  • 肝炎や肝障害
  • 栄養素の吸収に乱れが生じている時(稀なケース)

黒っぽい赤色の便

便器に腰かけている人

この色の便は、胃潰瘍、静脈瘤、または胃炎が原因で、食道、胃または小腸などで出血していることを示しています。

ただし、トマトやビーツ、そしてブルーベリーなどの食品を食べた時の色素が原因で黒っぽい赤色の便になることもあります。

 

茶色の便

茶は便の通常の色で、肝臓から分泌される胆汁の影響を受けます。食べたものと胆汁の分泌量により便の色が変わりますが、茶色からやや緑の便ならば問題はありません。

黒い便

便座に座っている人

便の色が非常に濃いときや黒い時は、直ちに医師の診察を受けてください。食道、胃、小腸を含む部分の上部の消化器官で出血している可能性が考えられます。

その他の可能性は、凝固した血液の蓄積や、単に鉄剤などの薬の摂取が考えられます。

白っぽい便

白っぽい便は、どのような状況でも普通ではありません。

特に肝臓や胆のうで問題が生じている可能性があります。また肝炎や肝硬変を発症している時や、制酸剤を服用している時も通常よりも便の色が薄くなる物質が分泌されます。

自分が口にするものに気をつける

消化に最も大切な栄養素は食物繊維です。便秘の予防、コレステロール値の低下、そしてがん細胞の発生を予防するのにも食物繊維は高い効果を発揮します。

食事はゆっくりと噛んでください。

忙しい毎日の中でゆっくりと食事をする時間がない場合もありますが、しっかりと噛まないと消化機能に悪影響を及ぼし、胃の中で十分に処理されなくなります。

人工的に作られた食品、添加物や色素をはじめとする化学物質は私たちの便を変色させるだけではなく、健康にもダメージを与えます。

毎日の食事に、ヨーグルトや体に良いとされる細菌を含むプロバイオティックを積極的に取り入れると、消化を助け便を正常な状態に保つ効果があります。

便の色や形の変化の原因は様々ですが、病気や疾患の可能性やそれが深刻なものなのかどうかを自己診断せず、必ず医師の診察を受けてください。

時には食べたものや色素の影響で色が変わっているだけというケースもあります。

カテゴリ: 好奇心 タグ:
あなたへおすすめ