材料2つで簡単!/逆流性食道炎や胃炎を改善する方法

· 9月 5, 2016
ちょっとした胸焼けの兆候を感じたら、今回ご紹介する自然治療薬をコップの半分くらいの飲むのがおススメ! お腹いっぱい食べた後の胃炎予防にも効果を発揮します。

食道から胃につながる部分が燃えるような不快な症状を感じたことがある方は多いのではないでしょうか?

この不快感は、食物アレルギー反応の一種であることが多いのですが、治療が難しいと言われる慢性胃炎の可能性も考えられます。

胃炎とは、胃酸と呼ばれる非常に強い酸性の強い消化液が、胃の内膜の胃壁に触れて炎症を起こす疾患です。

胃の内膜である胃壁が弱ると、潰瘍や、痛み、炎症、逆流性食道炎などの消化器系の病気にかかりやすくなります。

そのため、胃炎と診断されたら生活習慣や食生活の改善が必要になります。

胃炎の症状の多くを緩和する医薬品はたくさんありますが、医薬品には副作用の危険性もあります。まずは自然な治療法をお試しください。

自然治療に最適な、胃炎からの回復を早める効果がある天然の食材はたくさんあります。

その中でも、体内を健康に保つ効果のあるアロエとハチミツを合わせた自然治療薬は、胃の不快感を瞬時に和らげる効果があります。

胃炎を改善するアロエとハチミツの自然治療薬

胃炎の症状を抑えるには、アロエとハチミツの自然治療薬が効果的です。

今回は、健康を保つ効果があると言われるアロエとハチミツが持つ効能についてお話しします。

こちらもご覧ください 自宅で出来るコツで胃炎をコントロール

 

アロエの効能

アロエベラ

アロエの茎のゼリー状の部分には、炎症を抑えて消化を正常に保つ効能があり、何世紀にもわたって重宝されてきました。

アロエに含まれる「アロイン」という成分には、胃の活動を活発にし便通を促進する働きがあり、腸内に貯留している便などの老廃物を排出を促進して便秘を解消します。

アロエの活性化合物である粘液は、胃の粘膜を覆い保護することで、潰瘍や炎症を和らげます。

アロエには、一般的に知られている肌への効果だけではなく、ダメージを負った粘膜を正常な状態へと回復させる治癒効果もあります。

胃酸や逆流性食道炎、そして燃えるような不快感を和らげて、胃のpH値を正常に保つ、体内のアルカリ化効果が期待できます。

ハチミツの効能

はちみつ

 

ハチミツは多くの効能を持つ天然製品で、医療における効果も認められています。ハチミツの主成分は、ブドウ糖( グルコース)と果糖(フルクトース)という2つの糖なので、消化吸収がとても良く、速やかに体に浸透してエネルギーに変わります。

ハチミツは繊維質、ビタミン、そしてミネラルを豊富に含み、むくみを抑えて消化を助けます。

現段階では、胃炎を和らげる有効成分としてハチミツの名は知られていませんが、一部の専門家は「ハチミツには、胃炎を引き起こす病原体を撃退する特性がある」と推奨しています。

こちらもご覧ください 健康改善におすすめ! ハチミツを使った5つの自然療法

 

逆流性食道炎や胃炎に打ち勝つ自然治療薬の作り方

アロエジュース

アロエとハチミツの組み合せは、従来の医薬品の代わりになる自然治療薬です。身体に害を及ぼすような副作用がないこの自然治癒薬には、胃炎の症状を和らげ炎症を抑える効果があります。

また、燃えるような不快な症状を和らげるだけではなく、胃のpH値を正常に保ち、胃液の過剰な分泌によるダメージを予防します。

材料

  • 水 1と1/2カップ
  • アロエ(ゼリー状の部分) 大さじ3
  • ハチミツ 大さじ1

作り方

  • アロエを水で洗ったら切って開きます。
  • スプーンを使って中からゼリー状の部分を取り出します。
  • 準備ができたら、アロエ、ハチミツ、そして水をブレンダーに入れて混ぜます。
  • こちらの材料は2−3回分です。

飲み方

  • 胃炎の症状を感じ始めたら、まずはコップ半量を一日に2回飲むことから始めてください。
  • 予防には食後にコップ半量を飲みましょう。
  • こちらで推奨しているよりも多くの量を摂取してはいけません。お通じを良くする効果があるため、過剰摂取が望んでいない症状を引き起こす可能性もあります。過剰摂取をしないことが大切です。

アロエとハチミツを混ぜた自然治療薬と、バランスのとれた食事を組み合わせることで、数週間のうちに体内が改善され、ご自分でもその違いに気づくでしょう。
健康的な習慣を続けて、病気の再発を未然に防ぎましょう。