副作用の心配なし!お通じを良くする6つの自然療法

3月 23, 2018
お通じの悩みの中でも、便秘にお悩みの方は今回ご紹介する自然療法で不快な症状がすっきりと解消されます! ぜひお試しください。

便秘に悩む人の数は年々増えています。その治療法としては下剤などの薬を使う方法があり、これは結腸に蓄積する老廃物や毒素を体外に排出するのに役立ち、腹部の膨らみ、ガス、そして便秘による腹痛などの症状を緩和します。

ただし、これらの下剤や薬には多くの刺激物が含まれているため、過度にまたは長期間服用する場合は、様々な副作用をもたらす可能性があります。

便秘が始まってすぐにはこれらの下剤や薬が効果を発揮しますが、これらの薬は腸の粘膜の状態を変えて、その機能に悪影響を及ぼします。

そこで今回は、副作用が起こるリスクを負うことなく便通を促進する、頻繁に使用可能な自然療法についてご紹介します。

作り方も紹介していますので、これまで使っていた市販薬や下剤などの代わりにご使用ください。

1.レモンウォーター

レモン水

レモンウォーターが、慢性的な便秘や炎症を解消するために消化機能を改善しますレモンウォーターに含まれる食物繊維が腸の活動を正常に保ちながら老廃物の排出を促進します。

材料

  • レモン果汁
  • 水 200 ml

使用方法

  • レモン果汁を水で薄めます。
  • 毎日空腹時に飲んでください。

2. フラックスシードウォーター

フラックスシードに含まれる食物繊維と必須脂肪酸の働きで、便通を促進して便秘を解消します。

水にフラックスシードを加えて混ぜたら、ゼラチン状になるまで待ちましょう。腸内の活動と老廃物を排出を促進します。

材料

  • フラックスシード 大さじ2 (30 g)
  • 水 200 ml

使用方法

  • フラックスシードを熱い湯の中に入れて一晩おきます。
  • 翌朝、フラックスシードを取り除いてください。
  • 毎日、空腹時にこの水を飲んでください。

3. キウイジュース

キウイジュース

抗酸化物質、ビタミンC、そして食物繊維が豊富に含まれているキウイジュースは、便秘の解消に高い効果を発揮します。

腸内の機能を正常に保ちながら、老廃物の腸管への蓄積を予防します。

材料

  • 完熟キウイ 2個
  • 水 100 ml

使用方法

  • キウイの皮をむいたら、水と一緒にブレンダーに入れて混ぜます。
  • 空腹時に飲んでください。
  • 週に3回以上飲んでください。
  • 便秘が慢性化している時は、1日に2回飲みましょう。

4. アロエベラとハチミツ

アロエベラ植物の葉に含まれるゲルは、水分と食物繊維を豊富に含んでいるため、消化器系の問題を解消する最良の方法の一つとして多くの人に認識されています。

様々な食品を分解して、消化器系器官の機能を促進するアロエベラは、ハチミツと組み合わせることで、腸の機能を改善する穏やかな下剤のような作用があります。

材料

  • アロエベラ 大さじ2 (45 g)
  • ハチミツ 大さじ1 (25 g)
  • 水 100 ml

使用方法

  • すべての材料をブレンダーの中に入れたらなめらかになるまで混ぜます。
  • 毎晩就寝前に飲んでください。
  • 翌朝その効果を実感できるでしょう。

5. オーツ麦ミルク

オートミール

植物性のミルクであるオーツ麦のミルクは健康改善に最適です。オーツ麦に含まれる食物繊維が腸の機能を正常に保ちながら、炎症やガスを引き起こす老廃物の排除に役立ちます。

消化器系にとって、非常に「優しい食品」であるこのミルクは、結腸内に生息する腸内フローラのpH値を正常に保ちます。

材料

  • オーツ麦(フレーク状) 大さじ3  (30 g)
  • 水 200 ml

使用方法

  • 材料をブレンダーに入れたらなめらかになるまでしっかりと混ぜ合わせます。
  • 朝の空腹時に飲んでください。必要ならば午後にも一度飲んでください。

6. アップルサイダービネガー

このオーガニック食品には、リンゴ酸、ペクチン、そして消化プロセスを改善することで腸内輸送が遅くなる症状を緩和する天然酵素が含まれています。

腸管を浄化するのに役立つ軽い下剤としての効果があるため、慢性の腸の問題を発症するリスクを低下させます。

材料

  • アップルサイダービネガー 大さじ2 (30 ml)
  • 水 200 ml

使用方法

  • アップルサイダービネガーをぬるま湯で薄めます。
  • 空腹時に毎日飲んでください。

お通じにお悩みですか?

特に便秘にお悩みの方は、即効性のある今回の自然療法をぜひお試しください。

あなたへおすすめ