生姜とアロエのお茶の健康効果

6月 4, 2017
生姜とアロエのお茶は、高コレステロールの改善、老廃物の排出などに効果的です。ただし、生姜とアロエどちらも摂りすぎには注意しましょう。特に、妊娠中の方・授乳中の方はアロエの摂取を避けてください。

生姜は、料理の風味付けに使われるだけでなく、優れた薬効でも知られており、痛みを緩和するための自然療法によく使われています。

またアロエも、美容や傷の治療などさまざまな目的に利用されており、自然療法に最も多く用いられる植物の一つです。

この記事では、二つの材料を組み合わせた、おいしいだけでなく健康効果もあるお茶をご紹介します。

早速見てみましょう!

生姜とアロエのお茶の効果

生姜とアロエのお茶は、過剰摂取には注意する必要がありますが、健康維持の心強い味方です。

冷えの改善

更年期の女性のホットフラッシュや、手足の冷えの改善に効果があります。

胃炎の予防

ご存知のように胃は粘膜で覆われており、粘膜から分泌される粘液は、胃酸から胃を守っています。しかし粘膜は、さまざまな原因から炎症を起こすことがあります。

アロエベラには強い抗炎症作用があり、生姜には、胃炎の原因となる細菌の増殖を抑える働きがあります。

このため生姜とアロエのお茶は、細菌と関連した胃炎の予防や、痛みの軽減、吐き気や不快感の軽減などに効果があります。

痛みを和らげる

生姜には鎮痛作用がありますし、アロエベラには抗炎症作用があるため、これらを組み合わせることで、次のような症状や、これらの症状と関連した不快感の緩和に効果的です。

  • 骨関節炎
  • 筋肉痛
  • 頭痛
  • 生理痛
  • 静脈瘤の痛み

ダイエットをサポート

生姜とアロエのお茶にはデトックス作用があり、老廃物の排出に効果的ですし、天然の緩下剤としての作用もあるため、便秘の解消にも効果が期待できます。

代謝を促進し、脂肪の燃焼をサポートする効果もありますし、生姜によって満腹感が得られやすくなるため、ダイエット中の食べすぎ防止にもなります。

コレステロールを下げる

生姜とアロエのお茶を毎日飲むことで、中性脂肪値やコレステロール値を下げる効果があります。

また、アロエは心臓の健康維持にも効果的です。

生姜とアロエのお茶のレシピ

はじめに気を付けたいこと

  • 生姜とアロエ、どちらも大量に摂らないように注意してください
  • すりおろした生姜の場合は、1日に小さじ1杯程度までが適量です。
  • このお茶を一日に飲む量は、カップ1杯を目安にしましょう。

材料

  • 生の新鮮な生姜をすりおろしたもの 小さじ1/2
  • アロエベラジェル 大さじ1
  • 水 1カップ
  • 蜂蜜 小さじ1

作り方

  • はじめに、鍋に水1カップを入れ、火にかけます。
  • 沸騰したら、すりおろした生姜とアロエベラジェル(アロエの茎から取り出したもの)を加えます。
  • 弱火にし、15分経ったら火を止めて、10分間そのまま置いておきます
  • これを漉し、蜂蜜で甘みをつけて、朝食の際に飲みましょう。

注意!

妊娠中・授乳中の方は、このお茶は飲まないでください(アロエの摂取を避けてください)

また、胃腸の弱い方や、体調に不安のある方も、このお茶を飲むことは控えるか、飲む前に医師に相談してください。

あなたへおすすめ