デトックスに効果的なハーブティー5種

· 1月 20, 2018
体の中に蓄積され、体の働きに悪影響を及ぼす老廃物は、しっかり排出することが大切です。

ハーブティーの中には、免疫力の向上や、消化の促進などに役立つものがあります。

腸は、体が健康でいるために最も重要な器官の一つですが、この記事では、体のデトックスを促進するとともに、腸の健康維持にも役立つ5種類のハーブティーをご紹介します。ただし妊娠中・授乳中の方は飲まないでください

1. オレガノ茶

オレガノ

オレガノのお茶には、消化を促進し、便秘やそれに伴う症状を改善する効果があるため、食後に飲むことは良いアイディアです。

抗酸化成分も豊富に含まれているほか、抗菌作用もありますし、がんの予防にも役立ちます。

材料

  • 水 500ml
  • オレガノの葉(フレッシュハーブ・ドライハーブどちらでも可) 大さじ3(約30g)
  • 蜂蜜 25g

作り方

  • 水を沸騰させます。
  • オレガノの葉を加え、1分間煮出したら火を止め、数分間そのままにしておきましょう。
  • その後これを漉し、風味付けのために蜂蜜を加えてください。

こちらも参考に:消化不良と精神的不調

2. コリアンダー茶

コリアンダーのお茶には、下痢、便秘、消化に伴う痛み、消化器系の不調などの改善に役立つ、消化促進効果があります。

腸内に溜まったガスの排出にも効果的ですし、神経系を刺激するため、集中力のアップなどにも効果があります。

材料

  • コリアンダーシード 大さじ2~3(約15g)
  • 水 500ml

作り方

  • 水を沸騰させます。
  • コリアンダーシードを加え、5分間煮出します。
  • 火を止め、少し冷めるまで3~4分待ってから、漉して飲みましょう。

3. アリタソウ(エパソーテ)茶

ハーブティー

アリタソウは、寄生虫や鼻水の除去、咳止めなどの民間療法として一部地域で伝統的に使用されている、緑の葉のハーブです。漢方薬として胃腸の症状の治療に使われることもあります。

寄生虫を原因とする感染症への対策、脂肪を減らす、コレステロールを下げる、甲状腺の健康維持、正常な血糖値の維持、骨の健康の改善などに効果があると言われます。

材料

  • アリタソウの葉 大さじ5
  • 水 1リットル

作り方

  • お湯を沸かし、アリタソウの葉を加えます。
  • 5分間煮出したら火を止めて漉します。

食事から1時間後に、カップ1杯飲んでみてください。

4. タンポポとローズマリーのお茶

タンポポのお茶は鉄分が豊富で、貧血の改善に効果的です。その他にもさまざまな健康効果があり、肥満の人や、コレステロールが高い人にもおすすめのお茶です

肝臓の健康維持や、胆汁の分泌の促進、腎臓の症状や胆石の改善にも役立ちます。

材料

  • 水 1リットル
  • タンポポの根 大さじ2(約20g)
  • サルサパリラの根 大さじ2(約20g)
  • ローズマリー 大さじ2(約20g)

作り方

  • まずお湯を沸かします。
  • 全ての材料を加えたら火を止め、10分間ほどそのままにします。

このお茶を15日間、食後に飲んでみてください。

5. タイムのお茶

タイムティー

タイムは、寄生虫の除去や、お腹のガスの解消、膀胱炎などの炎症の改善に役立つハーブです。

材料

  • 乾燥タイムの花 大さじ1(10g)
  • 乾燥タイムの葉 5枚
  • 水 1リットル
  • 蜂蜜 25g

作り方

  • お湯を沸かし、タイムの花と葉を加えて5分間煮出します。
  • 火を止め、そのまま5分間待ちます。
  • これを漉し、蜂蜜を加えて飲みましょう。

一日に3杯飲んでください。

注意

妊娠中・授乳中の方は、この記事で紹介したハーブティーの飲用を避けてください。